JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

現在、52歳の男性で、仕事はパソコンを使ったデスクワークをしています。2011年6月にうつ病と診断され、それ以来、抗

解決済みの質問:

現在、52歳の男性で、仕事はパソコンを使ったデスクワークをしています。2011年6月にうつ病と診断され、それ以来、抗うつ剤(デプロメール)及び抗不安定剤(デパス)を飲んでいます。1年前くらいから記憶力の低下(例:5分前に聞いた話を忘れる。財布やメガネなど身の回りのものを無くすようになった。昨日会った人の顔が思い出せない等々。)仕事にも多少支障が出るようになりました。これは、うつ病克服のため、受忍すべき事柄なのか、セカンドオピニオンをご教示願います。私の主治医の先生は、決して強い薬でないので、症状をみながら薬の量を調整することにしましょうとのアドバイスでした。発病以来休職したことはなく、つらい時期もありましたが、今は記憶力以外の症状は安定していると思います。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。
少し補足情報を下さい。
①デパスは、1日に何mg服用されてきたのでしょうか?
②うつ病の調子が今よりも悪かった頃にも、現在ほどの記憶力低下は自覚しておられなかったと理解してよろしいでしょうか?
まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミングによって回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.

早速の回答ありがとうございます。上記の件につきまして回答します。

①デパスは、75mg/日です。

②症状が今より悪い時でも、記憶力はよかったと思います。ただし、ある作業、例えばA4の両面程度の資料の要点を記憶する。以前は、30分程度でできていました。発症してからは、何日間かけてやっと覚え、そして忘れ、阿多覚えなおすことを繰り返していました。前日会った人の顔を忘れたりはここ1年でひどくなっているような気がします。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

デパスの用量が1日75mgということはないのではないかと思いますが……。
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1179025.html

デパスを含む大半の精神安定剤は「ベンゾジアゼピン化合物(か、その類似化合物)」に属します。

ベンゾジアゼピンは、耐性と依存性、長期的(8週間以上)服用時の副作用のために、国際的には処方が厳しく制限されているお薬です(デパスは、日本で一番依存を引き起こしているお薬です。http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-143.html)。
ベンゾジアゼピンをこのように無原則に使用できる国は先進国では日本だけです。このベンゾジアゼピン依存の問題は昨今では一般マスコミにも取り上げられ、社会問題化しつつあります。

【抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-43.html
【向精神薬依存 8割、投薬治療中に発症 「医師の処方、不適切」】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

うつ病が改善してきているのに記憶障害が現われてきているのであれば、デパスの長期慢性服用による副作用である可能性が高いと考えます。

主治医に相談し、漸減・中止されることをお勧めいたします(依存性があるため急には止められません)。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.

今服用している薬の量を訂正します。サインバルタ50mg×1回/日、フルボキサミンマレイン酸塩錠50mg×2錠/日、エチゾラム錠0.5mg×2錠×2回/日です。しかし、他に治療が見いだせない場合、投薬しかないのでは・・・診断直後に受けたカウンセラーさんのカウンセリングは全く効果ありませんでした。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。

うつ病に対して薬物療法が治療法の主体となる患者様はおられます。

しかしながら、その場合の主剤は抗うつ薬であって、デパス(エチゾラム)はその場しのぎの対症療法薬に過ぎません。
抗うつ薬を止めるべきだとは思いませんが、デパスの長期漫然服用はされるべきではありません。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問