JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

春に膝を捻ってしまったのですがすぐ治るだろうと思っていました。ところが歩行中に急に痛みが走りその日はしばしば立ち止ま

解決済みの質問:

春に膝を捻ってしまったのですがすぐ治るだろうと思っていました。ところが歩行中に急に痛みが走りその日はしばしば立ち止まりながら1日を過ごしました。翌日整形外科を受診したところ加齢のせいで軟骨が変形、膝に水が溜まっているので抜きましょうということになりました。それから今日まで1、2週間に一度(間が空くのは私の都合で先生からはなるべく毎週来るように言われています)水を抜いていますが改善されません。正直、通院ごとに待ち時間も含め1〜2時間、日によってはそれ以上掛かること、一回の治療費に5から9千円掛かることが大きな負担になっています。他の治療法は無いのでしょうか?
56歳女性。販売の仕事をしているので一日中立っています。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
おはようございます。猫山と申します。
各種スポーツイベントで大会ドクターを務めています。
少し補足情報を下さい。
①痛みがあるのは、捻ってしまった脚の膝だけですか? ちなみに左右どちらでしょう。
②「加齢のせいで軟骨が変形、膝に水が溜まっている」ということは、診断名は「変形性膝関節症」ですか?
③受診されているのはどれくらいの規模の整形外科医療機関なのでしょうか。
④痛めた膝のMRI検査は受けられましたか?
⑤改善が認められないのに延々とその整形外科に通われているのは何か、他の病院には行けないような、例えば地理的な問題があるからでしょうか?
⑥「他の治療法は無いのでしょうか?」というご質問は現主治医にはされましたか?
まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
本日午前中は、追加サービス(サービス名:電話でのやり取り)の対応も可能です。ご一考下さい。
質問者: 返答済み 1 年 前.
①捻ってしまった左側が痛んでいます。
②正式な診断名は頂いていません。
③先生お一人の個人病院です。
④レントゲンのみです。
⑤家や職場近くの整形外科で私の休みの日にやっているのがその先生だけでした。また、先生を変えるほどのことなのかと、気後れしたのも確かです。
⑥していません。ちょっと鈍いのか疑問に思ったのが最近なので先にこちらに質問しました?
よろしくお願いします。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。
変形性膝関節症は、加齢に伴い膝関節が軟骨がすり減って膝関節に炎症が生じ、関節が変形をきたして疼痛が生じる病気です。
また、スポーツや事故などで膝関節に外力が加わって靱帯損傷や半月板損傷が起きた場合に、膝関節が不安定になり、膝関節の軟骨編負担が増加して摩耗し、「二次性変形性膝関節症」をおこす場合もあります。
http://www.eisinclinic.com/category/1497328.html
http://www.bbraun.jp/cps/rde/xchg/cw-bbraun-ja-jp/hs.xsl/7618.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑
診断あっての治療ですから、まずは診断を確定すべきでしょう。
人体も半月板も軟骨も、レントゲンでは映りません。従いまして、MRI検査や関節鏡検査といった検査を受けられる必要がございます。
また、「膝に水が溜まる」のは、膝関節のトラブルに対する人体の一種の防衛反応です(関節液の分泌を増やし、摩擦を減らそうとする)。
一定以上溜まると「抜く」必要はありますが、日本ほど頻繁に「膝の水を抜く」国は無いと言われています。感染リスクが高い施術だからです。
「1、2週間に一度水を抜いて」いるというのは、常軌を逸しています。
その上、この施術には、何ら治療効果、診断的意義がありません。
私見としては、背骨、肩、手、股関節、足といった領域の整形外科的問題に関して、専門性が無い個人開業医を受診することは、そのために要する時間とお金に見合わないことが大多数だと思います。
MRI検査が行える規模の医療機関の整形外科を受診されることをお勧めいたします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました。設備等を調べてもっと大きな病院に行ってみます。
ちなみに職場は立川、自宅は東大和市なのですが、お勧めの病院を具体的に教えていただくことは出来ますか?
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
病院紹介のご要望は多いのですが、JustAnswerでは、大多数の専門家は特定の医療機関の紹介・推薦を行っていません。
医療カテゴリの専門家が、日本全国の全ての病院の内情を把握できているわけでもありませんし、相談者様を実際に診察しているわけでもありません。医師と相談者様の相性の問題もあります。そういう状況で、 こうしたサイトを通じた病院紹介は、病院側、相談者側の両方からクレーム を受ける可能性があるからです(実際、そういったトラブルは、他の専門家が手がけた事案も含めて過去に何回か起きています)。
JustAnswerは病院紹介サイトではありません。これに関してはご了承いただけますと幸いです。
例えば、「東京 膝関節外来」で検索すると、以下のようなサイトは見つかります。
https://byoinnavi.jp/tokyo/i12
https://caloo.jp/hospitals/search/13/g23
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。どうかお大事になさって下さい。

医療 についての関連する質問