JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして。 花粉症である息子(高2・16歳)のことでご相談です。質問者である私は母親です。 今年9月から

解決済みの質問:

はじめまして。
花粉症である息子(高2・16歳)のことでご相談です。質問者である私は母親です。
今年9月からスギ花粉舌下液「シダトレイン」による舌下免疫療法を耳鼻科で始めました。
免疫治療を始めてから、すぐに花粉症の症状が出始め、最初は少し辛そうにしておりました。耳鼻科の先生に相談したところ、しばらくすれば症状は落ち着くと言われ、確かに少しずつ慣れて行き最近は花粉の症状は落ち着いています。しかし風邪をひきやすくなり、体調を崩しやすくなってしまったように感じています。
そして10月頃から、時々頭痛に悩むようになり、頭痛がひどい時は学校も休むようになってしまいました。
息子はフィールドホッケー部に所属しており、毎日部活で忙しく、また試験中も大事な試合が控えている場合は部活は休みにならなく、とてもハードな毎日を過ごしております。時には睡眠時間を削って勉強し、睡眠不足の中ハードなトレーニングをしなくてはなりません。
ハードな生活の中、頭痛は、寝不足や疲れによるものだと思っておりました。
しかし、きちんと身体を休ませ睡眠時間をある程度確保できている時でも、時々頭痛に襲われるようになり、とにかく頭がガンガン(割れそうに)痛いと言って学校を休むようになってしまいました。
12月2日に頭痛外来を受診しました。そこでMRI検査を受け、脳に異常は見られず、副鼻腔炎もありませんでした。
頭痛外来の医師からは、頭痛が始まった時期と花粉治療が始まった時期が重なっているので、もしかしたらそれが原因かもしれないと言われました。しばらく薬を服用して様子を見ることになり、ミグシスと急な痛みに対応する頓服薬(マクサルト)を処方していただきました。
現在は、朝晩ミグシス錠を1日2回服用しております。そして、約2週間が経過しますが、以前よりは激痛に襲われる頻度は減ったようですが、やはり時々急に痛くなってしまいそうです。その度にこれまで2度、頓服薬と一般で市販されている頭痛薬(バファリン)を飲みました。
そして昨日、月に一度の耳鼻科の受診日(スギ花粉舌下液を1か月分処方していただく日)でした。一応、頭痛の事も耳鼻科の先生にご報告をし、MRI検査結果もお見せ致しました。
しかしながら、耳鼻科の先生は、頭痛の原因は副鼻腔炎だとおっしゃいます。そこで副鼻腔内の細菌検査をされ、黄色ブドウ球菌の反応が出たから、しばらく絶対に安静と言われてしまいました。2週間、抗生剤を服用して、頭痛外来の薬はもう飲まないように、2週間後にまた来てください、と言われてしまいました。
息子が部活は休みたくありません、と言いましたが、「話にならない」と全く取り合っていただけませんでした。部活が原因で過労が重なり免疫機能の低下に起因している、部活を辞めるか長期で休まなければ、頭痛や普段から風邪をひきやすい体質は治らない、その他極端な症例を挙げていろいろと言われました。
息子は、1週間後に大事な試合を控えております。また2週間後には遠征試合もあり、試合に出たいと言っております。どうしても納得することができなかったので、その足で、地元の小学生の頃から通っている耳鼻科の先生のところにご相談をしに行きました。
事情を説明し、MRI検査結果もお見せ致しました。
こちらの耳鼻科の先生の見解では、耳鼻科で頭痛の疑いがあるとすれば蓄膿症で、でもMRI検査で蓄膿症の症状は息子にはない事がわかっているので、耳鼻科でのみ頭痛を解決しようとするのではなく、頭痛外来専門の先生に従う方がいいと言われました。副鼻腔の細菌検査で出た黄色ブドウ球菌についてはあまり気にすることはないと私は思います、あまり無理しない、夜は早めに就寝するなど、体調管理に注意して生活をすれば問題はないと言われました。
息子は地元の耳鼻科の先生に従いたいと言っております。私も息子と同じ気持ちなのですが、花粉治療でお世話になっている耳鼻科の先生の「絶対安静」という言葉も無視できずにおります。こちらの先生とも、花粉治療で今後もお付き合いをして行かなくてはなりません。しかし、息子が部活を続けていることを報告をしたら激怒されると思います。
どうしたら良いのか悩んでおります。
長文になってしまい申し訳ございません。
アドバイス、どうぞよろしくお願い申し上げます。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
おはようございます。猫山と申します。
その、「花粉治療でお世話になっている耳鼻科の先生」のコメントには、医学的に見ても、また常識的見地からも、疑問符をつけざるをえない部分が多いように思います。
①「アドバイス、どうぞよろしくお願い申し上げます」とのことですが、どのようなアドバイスをご所望でしょうか。私どもは、どのようにして相談者様、ご子息のお役に立てるでしょう?
まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は夜明け以降になるかもしれません。ご了承ください。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご質問ありがとうございます。主人も私も、そして本人も、花粉治療でお世話になっている今の耳鼻科の先生に疑問を感じております。しかし舌下治療は続けたいのです。こちらの先生と縁を切り、舌下治療をしてくださる他の耳鼻科の先生を探すべきでしょうか。この先生は学会で論文も出されているようで偉い先生のようです。そしてその先生が「絶対安静」とおっしゃいました。この言葉がひっかかっております。一方地元の耳鼻科の先生は「あまり気にしなくていい」との見解でした。息子が小学生の頃からお世話になっているこちらの先生にも勿論信頼を置いております。この対極している点がよくわかりません。よろしくお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。
臨床医としての優劣と、研究者としての実績は別のものです。
シダトレンは化学合成された物質ではなく、シギ花粉の成分であるシダトレンを製剤化したものですから、それ自体は副作用はありません。
「副反応」として、花粉症そのものの症状が現われることがあり、それには注意する必要があります。
現在、ご子息は、シダトレンの使用に伴って、粘膜の腫れや痒み、くしゃみ、鼻水といったアレルギー症状、さらには、気管支の腫れによる呼吸困難などを呈しておられるのでしょうか?
以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
くしゃみ、鼻水などのアレルギー症状は普段から少しあります。以前はアレグラを服用しておりました。今は服用しておりません。呼吸困難等はありません。しかしながら、風邪などで体調を崩すと、まずは喉が腫れ咳がひどくなり、回復まで長引く傾向があります。情報が足りず申し訳ありません。
実は、昨日また息子が激しい頭痛に襲われました。とりあえず頓服薬を飲み数時間後に落ち着きました。
花粉治療の先生は、頭痛外来で処方された薬は飲むなとおっしゃいましたが、やはりそれには従えず、息子は昨晩、今朝ミグシスを飲んで登校しました。
一方で、花粉治療の先生から副鼻腔炎のために2週間分処方された抗生剤とアレグラは飲んでおりません。しかしながら、副鼻腔が炎症しているのは間違いはないと思われますので、こちらを服用した方が良いのでしょうか。
昨日、地元の耳鼻科の先生にも同じ質問を致しましたが、頭痛外来の先生の指示に基本は従うべきだと思います。私は別に飲まなくてもいいように思います。との事でした。
私は息子の副鼻腔炎が心配なので、いただいた抗生剤も飲ませたいと思っております。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。
クリアカットにイエス・ノーで回答できるようなご質問ではありませんし、複数の要素が絡み合っていますので、ご質問の方向性が定まらないのは無理からぬことかとは存じますが、チャット形式のインターネット相談ですので、文字情報のやりとりによって質問と回答のやりとりをしなければなりません。
ご質問を箇条書きにしていただけますと幸いです。
文章での整理が難しい場合は(難しい事例だと、私も思います)、電話相談の追加サービスのご利用もご検討下さい。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご返信何度もありがとうございます。感謝致します。要領を得ない質問で申し訳ございません。(よく主人にも注意されます…。)昨日からの出来事を自分の中で処理しきれずにおり、多少まだ感情的になっております。これまでやり取りをさせていただきました中で、やはり他の病院を探そうかと考えて始めております。
そして引き続き、頭痛外来で処方された薬(ミグシス)を服用させたいと考えております。そして昨日耳鼻科で処方された副鼻腔炎の薬(クラリス、アレグラ)もやはりしばらく平行して服用させて様子を見ようと思います。ご相談をさせていただき、心が少し軽くなり納得できました。
ありがとうございました。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。
ここまでのご記載を拝読する限り、相談者様のご判断に間違いはないと考えます。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問