JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

こんにちは。2週間位前から太ももが突然痛みます。鋭い痛みで数十秒から数分でおさまるのですが耐え難い痛みです。病院でM

解決済みの質問:

こんにちは。2週間位前から太ももが突然痛みます。鋭い痛みで数十秒から数分でおさまるのですが耐え難い痛みです。病院でMRIやレントゲンの検査もしましたが異常はありませんでした。どんな病気がかんがえられますか?痛む場所は同じ所です。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えません。
従いまして、「どんな病気がかんがえられますか?」というご質問にこの場で確答することは困難です。

少し補足情報を下さい。

①相談者様をじかに診察し、検査所見も見ている診察医は「どんな病気がかんがえられ」ると言っていましたか?

②MRI検査では腰椎を撮影したのでしょうか。

③受診されたのは整形外科ですか?

④痛みがある部位を、もう少し具体的に教えていただけますか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

1 原因はわからないと言われました。

2 痛む足だけの撮影です。

3 太もも側面の真ん中あたり、しびれなどはありません。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

⑤「原因はわからないと言われ」たとのことですが、診察した医師は、現に相談者様が痛みを訴えているのに、自分が診断を付けられなかったので、対症療法を行うことも、他科・他院を紹介することもなく、相談者様を放り出したということでしょうか?

⑥どれくらいの規模の医療機関の何科を受診されたのでしょうか。

⑦痛むのは、下図のL3、L4と書かれている部位(紫の部位と緑色の部位)に含まれていますか?
http://blog-imgs-67.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/20140516223624414.jpg
↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑

⑧持病や常用薬があれば教えて下さい。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

5 また痛みがでた場合は診察を受けに来て下さいと言っていましたが特に問題がないとのことでした。

6 総合病院の整形外科で診察しました。

7 12番

8 フルティフォーム 喘息もちです。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

⑨「7 12番」⇒オレンジの部位の中に痛む部位が含まれているということでしょうか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

はい。痛む所は1か所いつも同じ場所で範囲は手のひら程度です。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

骨折のような病変や炎症が起きているのであれば痛みは常にあるはずですし、その部位のMRI検査を行っているわけですから、何らかの所見も捉えられていたはずです。

相談者様の場合、 神経性の病態、特に、腰椎のトラブル による下肢の感覚障害の可能性を第一に考えます。
脊髄から、腰椎の間を通って足に伸びてくる神経の根が圧迫されることで、足の痺れや痛みが現れている可能性が高いということです。

感覚障害が生じている場所から逆引きしますと、 第2腰髄神経(L2)に圧迫が及ぶような何らかの腰椎のトラブル(例:椎間板ヘルニア)が想定されます。

痛みが間欠的であるという所見は、腰椎による神経根の圧迫を示唆する状況証拠と言えます。
日常生活の中では体位によって腰椎や椎間板にかかる圧が変わってくるからです。

骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域です(脳神経外科でも扱われる領域です)。改めて脊椎脊髄専門医を受診され、診察を受けられることをお勧めいたします。

下記のサイトから、日本整形外科学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問