JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

母(75)が心筋梗塞で倒れ6日目 ICUで治療中 冠動脈に血液がつまり心肺停止 すぐに 血液が流れ カテ-テル治

解決済みの質問:

母(75)が心筋梗塞で倒れ6日目
ICUで治療中 冠動脈に血液がつまり心肺停止
すぐに 血液が流れ カテ-テル治療していません
ですが 右心房停止 左心房は血液が細部まで流れ動いています
酸素呼吸器装着 話すと呼吸乱れる状況です
自然治癒を待つほか手だてがないと言われていて困惑しています
アドバイスをいただけたら助かります
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

阻血時間は短かったのだと思いますが、それでも右心房を構成する部位の心筋は壊死してしまったのだと考えられます。
全身を循環していた静脈血を受け取り、右心室に送る役割を果たす部位です。

壊死した心筋は再生しませんので「自然治癒」は期待できません。
壊死した心筋が瘢痕組織に置き換わるだけです。
http://eshinzo.com/html/02cardiacinfarction.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

心臓リハビリテーションを行い、残存心筋を鍛えることで壊死した部分を補う試みが必要です。
http://plaza.umin.ac.jp/~utok-card/consultation/diseases/cardiac-rehabilitation

ただ、ご記載を拝読する限り、現時点でのリハビリテーション導入は難しいでしょうし、導入できたとしても改善は限定的でしょう。

発症前のレベルの生活強度で暮らしていくことは難しくなるだろうと思われます。

これで回答になっておりますでしょうか?

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.

バルーン機能を治療として取り入れることはできませんか

質問者: 返答済み 1 年 前.

バルーン機能を治療として取り入れることはできませんか

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
IABP(大動脈内バルーンパンピング)のことでしょうか?
http://www.eonet.ne.jp/~hidarite/pondering/iabp01.html
質問者: 返答済み 1 年 前.

はい そうです

もしも可能であれば 第二オピリオン(動揺していて...語彙が違っていたらすみません)の病院を探してみようかと考えています

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
IABPの他、

経皮的心肺補助法(PCPS)
https://www.kinshukai.or.jp/kinshukai/hanwakinen/departments/vascular/syugi/pcps.html

補助人工心臓(VAS)
http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/treatment/vas.html

といった、低下した心機能を補助する装置はいくつかあります。
しかしどれも使用できる期間は限られていますので、これらの装置は急場をしのぐものというニュアンスが強い補助治療です。

検査所見のコピーと紹介状をいただいて、設備の整った循環器科のある医療機関でセカンドオピニオンを受けられることには、治療選択肢が増えるかもしれないという意味で意義があるかもしれません。

以上、ご参考になれば幸いです。
どうかお大事になさって下さい。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問