JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14133
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

質問させていただきます。 母が肺炎で入院しました。当初は抗生物質を投与したようですが、その後に中断しましたが熱

解決済みの質問:

質問させていただきます。
母が肺炎で入院しました。当初は抗生物質を投与したようですが、その後に中断しましたが熱が下がらず38度前後の状態が続いていました。食事も摂ろうとしないため、このままだと体力低下してしまうため、鼻からの管による栄養摂取と中心静脈点滴のどちらかを選ぶように言われ、迷ったのですが中心静脈点滴にしました。針を1日に刺して2日に液体栄養剤エネマム?を投与したのですが、その後、本人は汗をかき、問いかけにも応じなくなって血中酸素も低下しまいました。その時から人工呼吸によって麻酔で寝かせられています。これは中心静脈点滴を投与したことによる心不全のようなものだったのでしょうか?病院側は点滴投与とは関係なく、たまたまだったと言っています。
また、人工呼吸になると最長2週間ぐらいしか現在の装置を維持できず、その後は喉に穴を開けての人工呼吸器の設置しかないと言われました。麻酔によって本人は寝ている状態なのですが、今後はどのように処置をしていくことによって、自発呼吸を増やすなどの回復につなげていくことをするのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんにちは。猫山と申します。
実際にお母様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えません。これはあらかじめご理解下さい。
①お母様のご年齢を教えて下さい。
②中心静脈栄養を行う以前の不食期間はどれくらいありましたか? 全く食べていなかったのでしょうか。
③お母様に持病や常用薬があれば教えて下さい。
④「麻酔によって本人は寝ている状態なのですが、今後はどのように処置をしていくことによって、自発呼吸を増やすなどの回復につなげていくことをするのでしょうか?」⇒これについては、主治医に確認されていないのですか?
まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
① 88才
② 約3週間ぐらいで、入院後の2週間は通常の点滴だけでした。流動食を摂るようになってから1週間ぐらいですが、2割から3割ほどしか食べようとしないようです。
③ 2年程前に肺に血栓が詰まって意識を失うことがあって以来、血が固まらない薬を服用しています。今回の入院での検査では胆石もあるようです。肺に水も少し溜まっていたようです。
④ 自発呼吸が増えるようになるといいのですが、という話だけです。人工呼吸器を装着していて、麻酔や血圧を上げる点滴ドパミン(上が92ぐらいになっている)をしている状態で自発呼吸は増える可能性はあるのでしょうか?
いしには
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。
繰り返しになりますが、ここで診断はできません。
しかし低栄養状態が続いていた中で高カロリー輸液を開始していますから、「リフィーディング症候群(Refeeding syndrome)」を起こされた可能性は否定できないものと考えられます。
http://hospi.sakura.ne.jp/wp/wp-content/themes/generalist/img/medical/jhn-cq-tsukuba-150205.pdf
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑
であるとすれば、まずは、バランスが崩れてしまった色々な電解質・ミネラルの補正を行う必要があります。
中心静脈栄養を行った直後に「たまたま」心不全が起きたのだと本当に病院側が考えておられて、リフィーディング症候群の可能性を念頭に置いて痛いのであれば、適切が治療が行われていない可能性も否定できません。
ドパミンを使って血圧が92ッmHgまでしか上がらないような状態では自発呼吸の再開を云々できる状態ではないと思います。
血圧が戻れば呼吸も自然に戻ります(脳にダメージが残らなければ)。
どのような診断に基づき、どのような方針で治療を行っているのか、リフィーディング症候群の可能性については検討がなされたのか、今一度主治医に確認されるべきであると考えます。
以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答ありがとうございます。
リフィーディング症候群の可能性があるのですね。現在、中心静脈点滴を続けて4日目になるのですが、この症候群に対する処置をすぐにでも行ってもらった方がよいでしょうか?
医師にこれからのことを聞くと、本人は高齢なので残念ながら残念ながら厳しいと言うばかりです。悲観的なことばかり言われるので非常に不安になってしまいます。私たち家族はこの病院の治療に不安を持っていて信用できないのですが、一刻も早く適切な処置をしてくれる病院に転院させたいと考えています。先生はどう思われますでしょうか? その場合、このような症状でも受け入れていただける病院があれば教えていただけたら幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
まず、「リフィーディング症候群の可能性については検討がなされたのか」を確認し、検討して除外されたのであればその根拠を、検討していないのであればしていただくべきでしょう。
症状や発症背景としては、当てはまる点が多いと、私は思います。
病院紹介のご要望は多いのですが、JustAnswerでは、大多数の専門家は特定の医療機関の紹介・推薦を行っていません。
医療カテゴリの専門家が、日本全国の全ての病院の内情を把握できているわけでもありませんし、相談者様を実際に診察しているわけでもありません。医師と相談者様の相性の問題もあります。そういう状況で、 こうしたサイトを通じた病院紹介は、病院側、相談者側の両方からクレーム を受ける可能性があるからです(実際、そういったトラブルは、他の専門家が手がけた事案も含めて過去に何回か起きています)。
JustAnswerは病院紹介サイトではありません。これに関してはご了承いただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
再度、同じことを聞いてしまうかと思います。中心静脈点滴をした後に様態が急変して、人工呼吸器を装着してから4日が経過してますが、今からでもリフィーディング症候群に対する処置をしてもらった方がよいでしょうか?① また、今から中心静脈点滴を変えて他の栄養補給方法はありますでしょうか?②
この先、人工呼吸器は装着から2週間ぐらいまでだと言われました。それまでに自発呼吸の回復ができないとそのままの状態に置かれるか、喉に穴を開けての人工呼吸に変えなければならないといわれました。喉に穴を開けて行う人工呼吸にまでなった場合には、その後の回復の見込みはあるのでしょうか?③ 時間のないので心配です。
呼吸機器の記録表を見ると、当初は酸素濃度数値が100だったのが三日前から50に下がっています。PSサポート圧が10から5に下がって(下げて?)います。血中酸素数値はほぼ100ぐらいです。素人考えなのですが、機器から送り出す酸素濃度が低くしても血中酸素が下がらないということは自発呼吸がされてきたということなのでしょうか?⑤
現在の病院の処置に不安があります。今の状態で一度退院させてから他の病院に入院させることはできるのでしょうか?④
ご丁寧な回答に感謝しています。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
①既に回答したとおりです。実際にお母様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんので、リフィーディング症候群を起こされているかどうか、ここでは確言はできません(可能性は低くないと思います)。まずその可能性について主治医に確認されて下さい。
②中心静脈栄養はそのままでかまわないのです。現在、重篤な状態ですから、薬物を投与するためのルートとして重要です。リフィーディング症候群であった場合は、水分と栄養分を低く抑えて、必要なミネラルや電解質の補正を行えばよいのです。
③気管切開した場合でも、全身状態が回復すれば、抜管・自発呼吸の再開が可能です。
④現在の状態では転院は不可能だと思います。
⑤「酸素濃度数値が100だったのが三日前から50に下がって」いるのだとすれば緊急事態です。恐らくそれは酸素飽和度(SpO2)の数字だと思いますが、それが50%ということは重篤な呼吸不全が起きていることを意味します。
肺がほとんど働いていない状態でしょう。「自発呼吸がされてきた」ということではありません。
以上、インターネット相談で可能な範囲の回答は尽くしたつもりです。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14133
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問