JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4035
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

細菌検査で5ヶ月間に1名が2度(黄色ブドウ球菌)、1名が1度(黄色ブドウ球菌)、1名が1度(サルモネラ)の陽性反応が

質問者の質問

細菌検査で5ヶ月間に1名が2度(黄色ブドウ球菌)、1名が1度(黄色ブドウ球菌)、1名が1度(サルモネラ)の陽性反応がでました。いずれも症状がない状態です。細菌検査センターをかえた途端に陽性が出ています。飲食店勤務です。今後の対応をお聞きしたいです。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
細菌検査のサンプルは何ですか。以前の細菌検査センターの名前、現在の細菌検査センターの名前を教えてください。あなたは経営者ですか。どのような食べ物を扱っていますか。食べ物を扱うときに手袋をしていますか。客に症状の出た方がいますか。現在どのような対応をしていますか。
質問者: 返答済み 1 年 前.
私は寮生に朝昼(月から金)食事を提供している現場での責任者です。上司は高校の事務長です。寮生に症状はサルモネラ陽性のときは、5つの部活のうち1つの部活の22名中6名が夜に下痢の症状があったということです。黄色ブドウ球菌の時は、1つの部活に1名胃腸炎、もう1つの部活に食欲不振がありました。朝と昼で食事を作る従業員が違います。手袋は盛り付け時に着用しています。生野菜をカットするときは素手です。以前は保健所で培養検査、現在は名古屋細菌衛生センターで培養検査です。対応は、陰性結果がでるまで自宅待機(サルモネラ、黄色ブドウ球菌1回目、2回目)、手袋着用で調理可(黄色ブドウ球菌3回目)黄色ブドウ球菌1回目2回目は同一人物です。
サルモネラはやはり本人や喫食者に食中毒の症状がないときでも自宅待機になりますか。調理は不可ですか。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
黄色ブドウ球菌の毒素は熱に安定で乳製品、肉、卵、サラダのような食べ物を扱う人によって準備された食べ物を食べた後に起こります。サルモネラはなま肉、鳥肉と関連していると言われていますがトマト、メロン、レタスなど新鮮な野菜や多種の食べ物と関連があると言われてます。卵も関連があります。
その予防としては食べ物を扱う前と扱った後にぬるま湯で石鹸で手を良く洗う。特にトイレを使用した場合は徹底的に手を洗う。手袋着用で調理、盛り付けをする。調理器具、まな板、料理を行うところは熱湯で殺菌し洗剤で洗う。食べ物を購入、準備、保存するときになま肉、鶏肉、魚、貝、エビ、カニは他のものから離しておく。食べ物は十分な温度で調理する。できれば調理用の温度計を使用する。牛肉のひき肉は71.1 C以上でラム、豚肉、子牛肉は62.8 C以上で魚、貝、エビ、カニは徹底的に熱で調理する。購入、準備の2時間以内に冷蔵、冷凍する。室温が32.2 C以上の場合は1時間以内に冷蔵する。解凍は冷蔵庫の中で行う。電子レンジを使用する場合は解凍後すぐに調理する。感染の疑わしい食べ物は捨てる。サルモネラは症状がないときでも検便で陰性になるまで自宅待機になります。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答ありがとうございました。黄色ブドウ球菌陰性の結果がでても調理は可能ですか。サルモネラ、O-157、赤痢、ノロウイルス陰性は自宅待機になる、両者の違いは何か教えてください。サルモネラ陰性調理師が、なぜサルモネラだけ自宅待機で、黄色ブドウ球菌は現場でよいのか、と聞かれると思います。 また、このような細菌培養検査で陰性になったときのマニュアルの指導を受けるには、どの先生を頼ればよいのかも教えていただきたいと思います。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
黄色ブドウ球菌の食中毒は黄色ブドウ球菌の毒素によって症状を起こします。その症状のある方はその毒素を人にうつすことはありません。それは食べ物に黄色ブドウ球菌が繁殖したために起こります。その食べ物自体に問題があります。サルモネラは便を介してサルモネラの細菌を他の人にうつします。便が陰性になるまでは体の中にサルモネラの細菌がいます。便が陰性になる前に手洗い、手袋で感染を防げる可能性がありますが黄色ブドウ球菌ほど簡単ではありません。そのそのために自宅待機の方がいいと思います。しかし、黄色ブドウ球菌に感染した傷や皮膚の病変がある方はそれが治癒するまで自宅待機の方がいいと思います。

医療 についての関連する質問