JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

帯状疱疹を発病してから1カ月半になります。夜、昼ともに痛みに襲われ睡眠不足をはじめ日常生活に支障がでています。これま

解決済みの質問:

帯状疱疹を発病してから1カ月半になります。夜、昼ともに痛みに襲われ睡眠不足をはじめ日常生活に支障がでています。これまで皮膚科から出してもらった薬はノイロトロピン、ファムビル、ロキソプロフェン、リリカカプセル、ボルタレン、塗り薬のキシロカインゼリー、ゲンタマイシンですが、いずれもほとんど痛み止めの効果はないようです。痛みを止めるなんらかのご示唆を頂ければ幸いです。
横浜市在住  古郷 新児 男 68歳 持病として糖尿病、血液疾患(血小板が2万ー3万程度)があります。 shinji―kogo@nexyzbb.ne.jp
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。
発症後1ヶ月半ということですと、既に帯状疱疹ではなく、帯状疱疹後神経痛に移行してしまっているのではないかと考えます。
①皮膚科主治医からは痛みの原因をどのように説明されていますか?
②リリカは1日何カプセル(mg)服用されていたでしょうか。
③まだ疱疹は残っていますか?
まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
①皮膚科の主治医からは、帯状疱疹の患者の中では数カ月、あるいは1年以上痛みを訴える人もいる。事実、そうした患者は現在も診ている。(帯状疱疹後神経痛に移行していることを指しているのかは不明)。ただし、ひどい便秘を中心とした副作用を伴う薬の投与も考えられるが、いろいろ手を打ったうえで、この薬のことを考えた方がいいのでは、と言われた。
②リリカカプセル75mgはあさ1錠 、夕2錠。
③打ち身みたいな跡は残っています。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 帯状疱疹は、水疱瘡のウイルス(ヘルペスウイルス)が、水疱瘡が治った後も神経の深い部分に潜伏していて、加齢などにより宿主の免疫力が落ちた際に活性化して神経をむしばむことで起こる疾患です。 帯状疱疹の痛みは帯状疱疹のヘルペスウイルス によって、神経が傷つけられることで生じる痛みです。帯状疱疹は1~2週間で治りますので、この痛みも通常はそこで終わります。従いまして、相談者様が主治医が仰った「帯状疱疹の患者の中では数カ月、あるいは1年以上痛みを訴える人もいる」というのは、帯状疱疹後神経痛に移行した患者様のことを指していると考えられます。帯状疱疹がある間の痛みが強く現れる方は、後遺症としての帯状疱疹後神経痛を発症する可能性が高いと言われています。帯状疱疹後神経痛に至ってしまうと残念ながら完全な除痛は困難ですので、近年では、帯状疱疹の間に神経ブロック注射を含めた積極的な除痛治療が必要であると考えられるようになってきています。そうした治療が行われていなかったのであれば、相談者様のご年齢とも考え合わせて、相談者様が呈されているのは「帯状疱疹後神経痛」である可能性が高いと思われます。 【帯状疱疹後神経痛】 http://matome.naver.jp/odai/2142879521505161901↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑帯状疱疹後神経痛にまで発展してしまうと残念ながら完全な除痛は困難ですが、最近ではこの神経痛に効くお薬がいくつか開発されています。具体的には、リリカ(ただし、有効用量は1日300~600mgです)、サインバルタ、三環系抗うつ薬や抗てんかん薬の一部が帯状疱疹後神経痛の治療に用いられます。こうした特殊な痛みの治療は、麻酔科医がペインクリニックで行っていますので、受診されてみることをお勧めいたします。http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-125.html以下のサイトから、ペインクリニックを検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられ る可能性が高いと考えます(ペインクリニックであれば、このリストに載っていなくとも診てもらえます)。皮膚科の主治医に紹介状を作成してもらって受診された方が診察はスムーズだと思います。その時に「帯状疱疹後神経痛でしょうか?」と確認されてみるとよいでしょう。帯状疱疹後神経痛ならばスムーズに紹介状を書いていただけるでしょうし、帯状疱疹後神経痛という後遺症の存在を知らずに「帯状疱疹の患者の中では数カ月、あるいは1年以上痛みを訴える人もいる」と言っていたのであれば、そのように不勉強な皮膚科医のもとを受診し続ける意義はありません(実際、帯状疱疹後神経痛であれば、現在の処方では良くなりません)。【全国|ペインクリニック≪痛みの治療専門医≫検索|PAIN.NE.JP(ペインクリニックジャパン)】http://www.pain.ne.jp/以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問