JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

お世話になります。10数年前より、乳腺のう胞が多数あり、毎年エコーとマンモグラフィーで経過をみてきましたが、昨年より

解決済みの質問:

お世話になります。10数年前より、乳腺のう胞が多数あり、毎年エコーとマンモグラフィーで経過をみてきましたが、昨年よりのう胞の集簇化がみられるようになり今年は初めてさらにMRIもしましたところ、両胸の集簇部にfocusが、認められ悪性の可能性があり、来月細胞診となりました。この場合、最悪両方とも悪性ということもあるのでしょうか?また運よくどちらも良性のこともありますでしょうか。(エコー、マンモグラフィーでは特に何か指摘は受けず、念のために行ったMRIでした。)
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
医学の世界に0%や100%はありませんので、可能性を論じるのであればいかなる可能性もあります。
しかし一般的に乳腺のう胞はエコー検査でほぼ100%診断が付く疾患です。中身が、のう胞では液体、乳がんでは充実性の成分ですから、両者の鑑別は難しくはありません。
ごく稀に、のう胞の中から悪性腫瘍が発生したり、のう胞が集簇化して大きくなってから悪性腫瘍にはみつかることはあります。
しかしのう胞が大きくなっていく性質がそもそもありますので、のう胞の集簇化による拡大=癌化ではありません。
今回の細胞診につきましては、念のために行ったMRI検査の結果に基づく、念のための細胞診、というニュアンスが高いのではないかと考えます。
最悪両方とも悪性、運よくどちらも良性、いずれの可能性もありえますが、一般論としては後者の可能性が高いと考えます。
もちろん最終的には細胞診の結果次第ですので軽々なことは申せませんが。
以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問