JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4088
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

私は現在アメリカに留学中の、20歳の男性です。 先にお願いしたいのですが、医療関係者の方や、専門的に腎臓や膵臓

質問者の質問

私は現在アメリカに留学中の、20歳の男性です。
先にお願いしたいのですが、医療関係者の方や、専門的に腎臓や膵臓の働きについて理解している方に答えていただきたいです。
ご相談したいことは、血尿に関してです。
今年の7月頃から無痛の血尿が出ています。
色はハッキリとわかる赤の場合もあれば、「少し赤っぽい/茶色っぽいかな?」程度のこともあります。
血尿が出る頻度は週に2~3回程度です。
病院には5回ほど通い、血尿検査やCTスキャンを行いましたが、9月初旬の時点では、血尿の反応は出たものの、CTでは特に何も写りませんでした。
留学から帰るのが2016年の6月なので、そのタイミングで腎生検を行うことになっています。
10月末から左脇腹がたまに痛むようになり、それと同時期にひどい腰痛を持つようになりました。
インターネットの情報が信ぴょう性に欠けることは十分理解しているのですが、血尿との関連でこれらの症状が発生することもあると知り、不安になりました。
ただ、腰痛に関しては現在、毎日6時間~8時間程度イスに座る生活をしているので、これが腎臓・膵臓の不調によるものなのか、それとも生活習慣によるものなのかわかりません。
以上を踏まえ、医療関係者の方や腎臓・膵臓の機能や病気について専門的な知識をお持ちの方に、
①私の症状からして、どのような病気の可能性が高いのか?その病気は早急に対処しなければならないものなのか?
②2016年6月に腎生検を行うのは時期的に遅すぎないか?
③今後、アメリカでの生活を続けるべきか、日本に戻るべきか?アメリカでの生活を続ける場合、気をつけるべきことややるべきことはあるか?
以上3点について、ご意見を伺いたいです。
自分の健康に関わることで非常に不安ですので、何卒宜しくお願い申し上げます。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
家族の方に腎臓の病気または他の病気の方がいますか。
質問者: 返答済み 1 年 前.

ご連絡ありがとうございます。

家族には腎臓の病気の人はいません。

参考までに父は大腸がん肝臓がんですでに亡くなりました。

母は卵巣チョコレート膿腫が過去にありましたが手術をして治っています。母方祖父が肝臓がん、父方祖母は脳梗塞でした。

どうぞよろしくお願いいたします。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
おそらくIgA腎症ではないかと思います。とてもゆっくり進行します。そのうちの50%までは末期腎不全になりますがそれまでに20年から25年かかります。急がなくても大丈夫です。
質問者: 返答済み 1 年 前.

回答ありがとうございました。

もう少し教えてください。

(1)急いで検査を受けなくても良い(急いで検査したから治るわけでもない)ということでしょうか?

(2)進行を遅らせるためにできることはありますか?

(3)生活するうえで気を付けたほうが良いことは?

末期腎不全になると死亡するということですよね、それが20年後になるとまだわたしは40歳ということで、それは避けたいですが、

(4)どのような治療がありますか?

以上、4点、よろしくお願いします。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
(1)進行がとても遅いので急いで検査を受けなくても良い。
(2)(4)蛋白尿のない血尿だけのIgA腎症が進行する危険性はとても少ないです。高血圧、1日に1グラムを超える蛋白尿、血中のクレアチニンの上昇は進行の危険があります。蛋白尿のない血尿だけのIgA腎症は6ヶ月か12ヶ月ごとに検査をするだけでいいです。高血圧を生じたらアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害剤またはアンギオテンシンII受容体遮断薬(ARB)、魚油を使用します。炎症がある場合はステロイドを使用します。コレステロールを下げるスタチン、ミコフェノール酸モフェチルという免疫抑制薬を使用することもあります。
(3)現在のところ特にありません。魚油のカプセルを毎日飲むことがいいかもしれません。自宅で血圧を定期的に調べてください。タンパクをとりすぎないようにすることもいいかもしれません。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

追加の質問にも丁寧にお答えいただきありがとうございました。

では、帰国後に腎生検をしたいと思います。

また新たに聞きたいことができたときには追加サービスのほうからさせていただきます。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
どういたしまして。
ではお大事に。

医療 についての関連する質問