JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 2809
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

頬 (右目と鼻の中間) から目の周りにかけて鈍痛と言うか、痙攣の様な痛みが発生しました。時々ありましたが、今日のは強いです。 ストレスであることはほぼ間違いないのですが、頻度と強

質問者の質問

頬 (右目と鼻の中間) から目の周りにかけて鈍痛と言うか、痙攣の様な痛みが発生しました。時々ありましたが、今日のは強いです。
ストレスであることはほぼ間違いないのですが、頻度と強度が増していることが心配です。
宜しくお願い申し上げます。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

①「時々ありました」とのことですが、いつ頃から、どれくらいの頻度で起きているのでしょうか。

②「ストレスであることはほぼ間違いない」とお考えになられている理由を教えて下さい。

③頭部のCT検査は行ったことはないのでしょうか。

④「精神科 対症療法」についてもう少し詳しく教えていただけますか?

⑤本件でこれまで、精神科以外に、どれくらいの規模の医療機関の何科を受診され、どのような検査を受けられてきたでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.

①2-3年前からでしょうか...。

②リラックスしているときは症状が無い為です。

私はここ2-3年海外出張を毎月繰り返していますが、日本にいると症状が酷いです。

また、子供と思いっきり遊んだ直後は、傷みやシビレが出ません。

ここ1-2ヶ月で、思い切り体を動かすと、症状が出にくいことが分かってきました。

③2-3年前までMRIやPETを受けましたが、問題無かったです。

極端な閉所恐怖症でMRIやCTが受けられないので、ここ1-2年はレントゲンで勘弁してもらっています。問題は認められませんでした。

④不安発作というもらしいのですが、デパスとカームダン、それに頓服(不安を和らげる)を時々飲みます。

医師に話を聞いてもらうと、数週間は調子が良くなります。

4-5年くらい前に、夜テレビを観ていましたら、突然「死んじゃう! 死んじゃう!」と挙動不審になり、総合病院の夜間救急室へ駆け込んだ事があります。

今、 一番怖いのは、運転(特に高速道路)中に突然ハンドルを切って 死んでしまおうという気持ちになる事です。同時に「そんなことは絶対にダメだ」と思い、汗が出て、体がかなり緊張して硬くなっているのを覚えます。かなり 頻度が高くなって来ました。遠出で車に乗るのが恐いです。人の車でも苦しくなる時があります。

⑤精神科以外 ですと、群馬県太田市の太田病院や本島医院といった総合病院で耳鼻咽頭科、脳外科などを受信しました。4年前に栃木県・足利日赤病院にて扁桃炎の手術を受 けております。

扁桃炎は完治せず、東京・神尾記念病院を受診しました。その際には「100人に1人ぐらいは完治しない人がいる」と言われましたが、術後4 年経った今では発熱はしません。但し、強いストレスを受けると直ちに喉が痛くなります。

薬を飲んでも治りません。9月にインドネシア出張しましたが、スト レスからか 出張する1週間前から顔や腕にシビレが発生し、現地に着いた瞬間に喉が大変痛くなりました。薬を飲んでもダメ゛てした。面白いことに、最後の仕事を終えた 途端にウソの様に突然痛みが消えました。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

状況は理解いたしました。

⑥もともとのご質問文に「宜しくお願い申し上げます」と、漠然としかご記載がありませんが、今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか?

⑦受診されている精神科での診断名を教えて下さい。「疼痛性障害」でしょうか?

⑧受診されている精神科で説明されている治療方針を教えて下さい。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。

質問者: 返答済み 1 年 前.

お世話になっております。

⑥ 質問したいことは、先述の傷みやシビレを失くす 又は 低減する方法についてです。

⑦ 違います。先述の傷みやシビレに対する診断名を聞いていません。不安発作の方に話が反れていってしまったのではないかと記憶しております。

⑧ 不安発作とストレスを低減させる点について、先のメールの薬を頂いただけです。あと認知療法の本を読めと...。

宜しくお願い申し上げます。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えません。
治療方法は診断ありきで決まります。
従いまして、「先述の傷みやシビレを失くす 又は 低減する方法」というご質問にこの場で確答することは困難です。

⑨主治医に、「傷みやシビレに対する診断名」と「傷みやシビレを失くす 又は 低減する方法」を相談することは難しいのでしょうか。

⑩と申しますのは、疼痛性障害だとすれば、ある種の薬物療法や精神療法が必要になりますので、主治医の協力が必要になります。受診されている精神科でお薬のリクエストをしなければならないかもしれませんし、臨床心理士がいないのであれば医療機関ごと転院する必要があるかもしれません。
相談者様がお求めの「傷みやシビレを失くす 又は 低減する方法」は、現在の精神科での治療をそのまま続けつつ、ご自宅で、独力で行うような方法のことでしょうか?

医療 についての関連する質問