JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

昨日左背中と左手が痺れるような痛み、1日経っても収まらない。痛みは断続的に続いている。単なる筋肉痛とは違うような感じ

解決済みの質問:

昨日左背中と左手が痺れるような痛み、1日経っても収まらない。痛みは断続的に続いている。単なる筋肉痛とは違うような感じ。とくに血圧・心拍は変わらないようですが、左胸上部に違和感がある。心臓の異常ではないですか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんにちは。猫山と申します。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えません。
従いまして、「心臓の異常ではないですか?」というご質問にこの場で確答することは困難です。

心疾患に伴う「放散痛」と呼ばれる現象がありますが、持続時間からは否定的です。
http://tom.as76.net/health/kyousin.php

他の可能性としては、例えば、左半身に限局した痛みですので、「帯状疱疹」の可能性を考えます。

帯状疱疹は、「子供の時になった水痘と同じウイルス(水痘・帯状疱疹ウイルス)が、神経の付け根に残っていて、体調が悪いと活性化され、1本の神経支配領域に添って」痛みと皮疹が現れてくる疾患です(http://www.e-skin.net/dd_hp.htm より引用)。

痛みが現れる部位がデルマトーム(http://arbor.life.coocan.jp/10derumatomu.html)と呼ばれる脊髄神経の特定の数本の支配領域に限定されるのが特徴です。
また、しばしば誤解を受けますが、「帯状疱疹」という病名に反して、皮疹よりも先に痛みが現れる場合が少なくありません。このため、前記リンク先にも示されているように、当初は皮膚科以外の診療科を受診される患者様が少なくありません。

最後まで疱疹の出ない帯状疱疹すら存在します。「無疹性帯状疱疹」といいます。
http://makipain.web.fc2.com/sub13.html

よって 皮疹が現れるまで様子を見ていては帯状疱疹後神経痛という後遺症を残るリスクが高くなってしまいますから、早期に診断を下し、抗ウイルス薬による治療を開始することが重要です。
http://rockymuku.sakura.ne.jp/hifuka/taizyouhousinnnosinndann.pdf
http://matome.naver.jp/odai/2142879521505161901

身体の片側だけに現れる、デルマトームに沿った痛みというだけで帯状疱疹を疑うに十分ですので、明日にでも皮膚科を受診されることをお勧めいたします。
皮疹が出ていない段階の診断にはPCR法という血液検査が必要になる場合がございますので、総合病院などに入っている、規模が大きな医療機関の皮膚科が望ましいと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.

妻が先週帯状疱疹と診断され、それがうつった可能性があるのですか。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
そうでしたか……

しかし帯状疱疹は感染はしません。
正確に申し上げれば感染はしますが、帯状疱疹⇒帯状疱疹という形では感染しないのです。

帯状疱疹は、水疱瘡のウイルス(ヘルペスウイルス)が、水疱瘡が治った後も神経の深い部分に潜伏していて、加齢などにより宿主の免疫力が落ちた際に活性化して神経をむしばむことで起こる疾患です。

従いまして、帯状疱疹は、ヘルペスウイルスに対する抗体を有している他者にうつることはありません。
「帯状疱疹は他人へは感染しないと言われています。水疱瘡を発症させたことのある方はそのウイルスに感染したことによる免疫が体内にできていて、空気を介して体に入ってきたとしても、それに対抗するだけの力を持っているのです」(http://taijohoshin.com/a04kansen.htmlより引用)。

逆に申し上げれば、まだ水疱瘡にかかったことも、水疱瘡のワクチン接種を受けられていないという方に対しては感染を起こす可能性があるということです。。

帯状疱疹⇒帯状疱疹という形での感染はありませんが、同じウイルスですので、帯状疱疹の患者様と接した抗体を持たない方は、水疱瘡を発症することになります。

相談者様が帯状疱疹を呈されているとすれば、それは偶然、奥様と近い時期に発症されたということだと考えます。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問