JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

妻が、癌で(縦隔腫瘍、多発骨転移)入院中です。早く病院を変えたいのですが、セカンドピニオンで病院を、変えることは、可能でしょうか?

解決済みの質問:

妻が、癌で(縦隔腫瘍、多発骨転移)入院中です。早く病院を変えたいのですが、セカンドピニオンで病院を、変えることは、可能でしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんばんは。猫山と申します。 「セカンドオピニオンと医師を変えることを同義に考えていらっしゃる方も多いですが、そうではありません」。「患者さんにとって最善だと思える治療を患者と主治医との間で判断するために別の医師の意見を聴くこと、それがセカンドオピニオンです」。http://www.2og.jp/kiso.html より引用↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑「そもそもセカンドオピニオンとは、主治医が示した一つのオピニオンについて、別の視点から意見を聞くことで す。情報が増えることで、選択肢が増えたり、その選択肢を判断するための材料が集まります。その上で、患者さんが考える納得のいく治療に近い治療法は何か を検討します。 セカンドオピニオンを主治医にフィードバックすることで、ファーストオピニオンを出した主治医がセカンドオピニオンのメリットとデメリットを述べてくれます」http://www.2og.jp/qa.html#qa3 より引用 ①「セカンドピニオンで病院を、変えることは、可能でしょうか? とのご質問ですが、入院⇒入院の形でセカンドオピニオンを受けることは普通ありません。「早く病院を変えたい」とも仰っていますが、セカンドオピニオンではなく、転院をお望みなのでしょうか? ②転院先の病院は決まっていますか? まず以上、確認させていただけますと幸いです。※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。 【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
①「転院をお望みなのでしょうか? 」  転院を希望してます。
②転院先の病院は決まっていますか? 決まってます。まだ連絡は、とっていません。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
おはようございます。ご返信ありがとうございます。 それでは、その転院先の病院を、ここでは「A院」と呼称することにしましょう。 実のところ、今回と同じようなご相談はこのサイトではしばしば受けることがあります。結論から申し上げると、入院⇒入院の形での転院は一般的にはかなり難しいとお考え下さい。 ご記載を拝読する限り、奥様をA院に移送するだけでもお身体に負担がかかる可能性があります。 最大の壁はA院の受け入れの可否です。 1. 相談者様や奥様がA院と特別なコネクションがあって入院⇒入院の形での転院を受け入れてくれるという確約が得られておいる。 2. 現在の主治医が、奥様の治療について自分の手には負えないと考えていて、A院を含む、より高度な治療を行える医療機関に転院を打診してくれる。 この2つの場合を除いては、入院⇒入院の形での転院は成立しません。 どうしても、ということであれば、現主治医に、これまでの検査所見のコピーと紹介状を作成してもらい、いちど現在の病院を退院されて、A院を外来受診することになるでしょう。 A院病院の診察医が、奥様がA院での治療が必要であると判断し、かつA院に空きベッドがあれば(多くの場合は待機が必要です)、A院に入院し、治療を受けることができます。 以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
もう一つですが、既に放射線治療を、5日間5回受けてます。これからトモセラピーでの治療は、無理でしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
実際に奥様を診察・検査できないインターネット相談ではそれに関しましては何とも……。
奥様がそもそもトモテラピーの適応患者様であったとしても、一般の放射線療法を5回行った後で、正常組織のダメージを減らし腫瘍組織を正確に分離した放射線治療であるトモテラピーを受ける意義があると判断される可能性は高く無いのではないかと思います。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問