JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

10/25 5時頃から38.5度の発熱、悪寒、頭痛、関節痛、咽頭痛がありました。翌日の仕事の関係もあったので、その日

質問者の質問

10/25 5時頃から38.5度の発熱、悪寒、頭痛、関節痛、咽頭痛がありました。翌日の仕事の関係もあったので、その日のうちに受診したくて、せめて12時間空けてからと17時に病院へ行き、インフルエンザは陰性でした。医師からは、来るのが早すぎると言われたので、今日もう一度受診しようかと思っていましたが、今の時点で熱は37度まで下がりました。風邪で昨日のような症状が起こることもあるのでしょうか?実際、熱が翌日には下がっているので風邪かとも思っています。仕事のこともあるので、インフルエンザではない、とはっきり確信できれば安心なのですが、症状が症状だったので不安です。もう一度インフルエンザの検査をした方がいいでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんにちは。猫山と申します。 インフルエンザも風邪の一種です。よって、臨床症状で「風邪」と「インフルエンザ」を鑑別することはできません。 インフルエンザの検査(鼻腔の拭い液を用いた簡易検査)自体は、発症から24時間以降であれば8割の確率で陽性になります。むしろ、それよりも遅いタイミング、48時間以降の方が感度は高くなります。しかし、タミフルに代表される抗インフルエンザウイルス薬は、発症後48時間以内に服用しなければ効果が得られません。 検査の感度が十分に高く、かつ、検査をする意味があるタイミングが「発熱してから24時間〜48時間後」ということになります。http://www.asahi-net.or.jp/~zr8h-kk/sakusya/influenza2.htmlhttp://tashlouise.info/病気/インフルエンザ/201.html#i-2 インフルエンザならば治療はできるだけ早く開始した方がいいわけですから、もう一度、発熱してから24時間〜48時間の間に検査を受けられるべきでしょう。 以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。どうかお大事になさって下さい。評価をお願いいたします。

医療 についての関連する質問