JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

54歳 男性です。 一連の事情があるのですが、必要と思われる一部を書かせて頂きます。 一昨年の7月、購入したばかりのストレッチの本を見ながら、下腹部をストレッチさせました。

解決済みの質問:

54歳 男性です。
一連の事情があるのですが、必要と思われる一部を書かせて頂きます。
一昨年の7月、購入したばかりのストレッチの本を見ながら、下腹部をストレッチさせました。仕方を誤ってしまい、上半身をベッドの上に仰向けにし、腰から下をベッドから出して、脚を真っ直ぐに伸ばし、足先を床に付けました。その時腰椎5番と仙椎1番を反らせる限界を超えて反らせてしまいました。
その日までの52年間、毎日極めて快便で、起床後暫くすると強い便意があって、トイレに駆け込み、直ぐに用を足して出ていました。便もバナナ状の硬くも軟らかくもないものです。
腰を限界を超えて反らせた翌日から便が出にくくなり、出ても小指程度の太さで、時々親指程度の太さになります。便の状態も硬いものから水下痢と変わります。便意は余りはっきりしなくなり、直腸に溜まっている事があります。便は経験がない程臭くなりました。
腰を限界を超えて反らせた3日後に大腸に異常にガスが溜まる様で、お腹が異常に膨れる様になり、運悪く、その時にうつ伏せをしていたら、胃が圧迫されて胃酸が常時逆流する様になりました。経験のない腹痛、腹の膨満、便通の異常、常時の胃酸逆流、頻繁に異常に臭いガスが出る事が現在も続いています。腹痛や苦しさの為、寝込む事もあり、日常生活がまともに送れないどころか、仕事もできず、非常に困っております。
大腸カメラで検査しましたが、大腸には癌も腫瘍も何もなく、異常はありません。脊髄脊椎外科、消化器内科・外科、神経内科等を受診しましたが、原因は分からず、異常が続いています。胃酸逆流にはネキシウムカプセル、セルベックス、ガスモチン、六君子湯等の薬を服用していますが、全く効果はありません。
私は腰を限界を超えて反らせてしまった時に、何らかの神経を傷めたのではないかとも考えています。
何か対処法がありましたらご教示下さい。何卒宜しくお願い致します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。 発症機転からは、仙髄損傷による排便障害の可能性を考えます。http://karadanote.jp/19584http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Renge/9800/medical3.htm ①脊髄脊椎外科、神経内科を受診されていますが、その可能性は指摘されなかったでしょうか? ②腰椎・仙椎部位のMRI検査は行われていますか? まず以上、確認させていただけますと幸いです。※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。 【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
先生、ご回答、有難うございます。
脊髄脊椎指導医、専門医の先生方6人の内、お一人が交感神経幹・神経節、交通枝を傷めたかもしれないと言われました。(消化器外科の先生お一人もその様に言われました。)もう一人の方が、その位反らせた位で、脊髄の損傷はないと言われました。他の方は分からないとの事でした。神経医療研究センターの神経内科でも分からないとの事でした。胸椎、腰椎のMRIは受けました。胸椎は呼吸の為画像がぶれてはっきりしない様です。L5/S1辺りの交感神経幹・神経節、交通枝を損傷すると、私の様な症状が出るのでしょうか。神経根は伸縮性がほとんどないとも聞いています。1人の整形外科の先生に、「おそらく直腸へ行く迷走神経が不調だと推測します。直腸への迷走神経は脊椎を通って仙骨から出てきます。ただし、迷走神経の損傷とは言っても、迷走神経が頸椎・胸椎で損傷している場合もあり、腰椎が原因であると思い込まない方がいいと思います。胃腸へ行く迷走神経は脊椎を通りません。よって胃腸の調子の悪さは交感神経が関係していることも想定します。」とご回答頂きました。仙髄損傷の可能性の場合、何らかのブロック注射を受ける事で、症状が多少なりとも改善される事はありますでしょうか。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。
大腸の運動に関しては、仙髄から伸びる神経が司っています。
仙髄は中枢神経ですので、いちど壊れると再生することがありません。
しかしそこから伸びる神経は末梢神経ですから、再生の可能性があります。
「その位反らせた位で、脊髄の損傷はない」という意見には私も同意です。
また、仙髄が損傷していれば、MRIで所見が得られるはずです。
消去法的に、相談者様は、下位腰椎~仙椎を痛められ、仙髄から腸に伸びる神経の根元が傷害されて、大腸の運動に支障が生じている可能性が高いと考えます。
これは、数ヶ月の単位で回復は期待できます。
ブロック注射は、その神経の機能を止める処置ですから、逆効果だと考えます。
以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
猫山先生、ご回答、有難うございました。
頂いたメールからサイトが表示できず、遅くなってしまいました。前記しましたコメントは、独自のブロック注射法で打った箇所の血流を改善させる事で、損傷した組織を修復させる目的で、ブロック注射を得意とする整形外科医の先生のコメントです。ALS、パーキンソン症候群、脊髄小脳変性症他の難病も、交感神経節ブロックによって改善させているとホームページに記述されています。一昨年の7月にL5/S1を過剰に伸展させてから大腸の異常が続いていて、去年の今頃からは経験のない酷い腹痛が出るなど悪化してしまい、溺れる者は藁をも掴むの心境で、受診をしようかとも思いましたが、ブロックとは遮断の意味ですから、猫山先生の「ブロック注射は、その神経の機能を止める処置ですから、逆効果だと考えます。」というご意見の通り、慎重に考えた方が良いと思いました。
先生に「数ヶ月の単位で回復は期待できます。」というご意見を頂きましたが、2年3ヵ月近く経ちますが、前述の通り、大腸の状態の改善はありません。このままずっと自然治癒を期待するのは、辛いですし、不安です。リスクの少ない方法で症状が軽減する方法は何かありますでしょうか。
是非ご教示頂けたらと思います。宜しくお願い致します。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。
既に、神経が不可逆的な(=元に戻らない)損傷を被っていると考えるならば、仙髄損傷に準じた、先のリンク先(「脊髄損傷者の便秘と下痢」)にある対処をとるしか対処法は無いように思います。
神経ブロック注射の中で、交感神経節ブロックに関しては、腸の動きを改善することが期待されます。自律神経のうち、交感神経がブレーキ、副交感神経がアクセルの役割を果たしていますので、ブレーキをブロックすることによって相対的に腸の動きは良くなる方向に傾きます。
仙椎領域の交感神経節ブロックは技術的にかなり高度ですが、それを行える医師がおられるのであれば、受診されてみる価値はあると考えます。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
猫山先生
早速のご返事、有難うございました。
先生のご意見を元に、危険の少ない方法を試してみたいと思います。
またご相談させて頂く事があると思いますので、その際は宜しくお願い致します。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。どうかお大事になさって下さい。

医療 についての関連する質問