JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

施設に入居してる方が圧迫骨折になったのですが、日に日に足に力が入らず今はまったく足に力が入らず立てないのですが、他に

解決済みの質問:

施設に入居してる方が圧迫骨折になったのですが、日に日に足に力が入らず今はまったく足に力が入らず立てないのですが、他に考えられるのとは、何かありますか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

①圧迫骨折に対してどのような治療が行われていますか? 硬性コルセットは装用しているでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
固定せず、痛み止めの座薬のみです。トイレ頻回の為毎回1時間に5、6回ポータブルトイレ介助してます。
初日は膝に力を入れるよう伝えるとなんとか立てたのですが、現在は膝にも力入らずぶら下がり状態ですが、なんせトイレ、トイレと言い続ける為
座らせる状態です。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。

脊椎の圧迫骨折の場合、神経症状(脚の痺れや脱力など)が無ければ、保存的治療が行われます。
数週間は絶対臥床、トイレなどのために起き上がらなければならない場合はコルセットを装用し、骨が癒合して安定性が増すとともにコルセットを使用する時間を短くして最終的に離脱し、リハビリテーションに導入されます。

その入居者様の場合、圧迫骨折後もコルセットを使用せずに生活していたために骨折した椎骨の圧壊が進み、脊髄やそこから下肢に伸びる神経の根元を圧迫するようになってしまった可能性があります。

その場合、手術が必要となることが大半です。

最初に受診された整形外科は、どれくらいの規模の医療機関でしたか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
個人経営者の内科医の診断で、座薬のみの対応です。手術しない場合どのようになってしまうのでしょうか?時間とともに痛みはなくなるのでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。

手術するか、少なくとも現時点ですぐにコルセットの使用を開始しなければ椎体の圧壊が進み、最悪の場合脊髄損傷をきたします。

痛みは無くならず、損傷部位から下は麻痺、尿便は垂れ流しもしくは尿閉・排便障害をきたすリスクがあるということです。

これで回答になっておりますでしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
分かりやすい説明有難うございました。大変勉強になりました。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

手術が可能な規模の整形外科医療機関の受診をお勧めいたします。

回答の評価をお願いいたします(システム上で行う評価です)。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問