JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

10ヶ月程前に脊柱管狭窄症、腰椎ヘルニアと診断されました。 仰向けに寝られず、歩行も困難な状態がずっと続いていまし

解決済みの質問:

10ヶ月程前に脊柱管狭窄症、腰椎ヘルニアと診断されました。
仰向けに寝られず、歩行も困難な状態がずっと続いていました、リハビリを行い少しづつ歩けるようになり今では杖を使わずに数メートルなら歩けますが、両足の親指特に左足の親指の感覚がありません、どのような治療を受ければ良いでしょうか?
病院に行くなら何処の何科へ行けばよいかお教え下さい。
よろしくお願いたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。
①「脊柱管狭窄症、腰椎ヘルニア」という診断は、どれくらいの規模の医療機関の何科で、どのような診察と検査の結果として告げられたのでしょうか。
②その診断をした医師は、「どのような治療を受ければ良いのか、病院に行くなら何処の何科へ行けばよいか」を指導してくれないのですか?
まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
1、街の整形外科医院でMRIの設備は無く MRIは専門医院で受けました。
2、指示は受けていません そこの医院で電気治療とマッサージを受けました。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 脊柱管狭窄症は、加齢に伴う背骨の変形やずれ軟部組織にの骨化によって背骨の中の脊髄の通り道が狭くなって圧迫され、そのため下半身の痺れや痛みが現れる病気です。脊柱管狭窄症は単一の疾患ではなく、椎間板ヘルニアや腰椎変性すべり症、黄色靭帯骨化症といった複数の理由によって起こる狭窄の総称です。よって、相談者様の場合は「椎間板ヘルニアによる脊柱管狭窄症」ということになるでしょう。 その重症度がわかりませんので、治療法をここでお答えすることは困難です。大きくは、保存的治療(リハビリテーション)か手術ということになるでしょう。 骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域です。現主治医に紹介状とMRIのコピーを作成していただき、それを持参して脊椎・脊髄専門医を受診されることをお勧めいたします。下記のサイトから、日本整形外科学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を行ってもらえる可能性が高いと考えます。 【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑ 神奈川県であれば以下の病院になります。http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/show_spine.asp?NAME=%90_%93%DE%90%EC 以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問