JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
P-chanDr.に今すぐ質問する
P-chanDr.
P-chanDr., 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 128
経験:  泌尿器科専門医・指導医
74522023
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
P-chanDr.がオンラインで質問受付中

75歳の母ですが、30歳から胃潰瘍を患い、32歳時に穿孔の一歩手前といわれ入院、内科的治療を受け軽快し、その後も胃痛

解決済みの質問:

75歳の母ですが、30歳から胃潰瘍を患い、32歳時に穿孔の一歩手前といわれ入院、内科的治療を受け軽快し、その後も胃痛はあったものの一度も病院を受診せず、市販の胃薬を内服していました。今年8月、胃痛に加え食欲不振、頭痛、動悸、倦怠感などの体調不良が強くなり、近所の開業消化器内科を受診し、内視鏡で3ヶ所採取したうちの胃体部の1ヶ所からグレード5の判定が出たので、総合病院を紹介され、消化器内科で、血液、X線、CT検査を受け、現段階では転移はなく、外科に紹介され、手術を前提にあらためて内視鏡をしたのですが、胃の粘膜が潰瘍の治った痕等で複雑であり、その瘢痕の下や、開業医で癌が出た箇所を採取しましたが癌は見つからす、2回目の内視鏡を行い、6ヶ所採取したうちの胃体部の1ヶ所からグレード4が出ました。外科のDrより、現段階ではグレード4であり、手術範囲も決まらない、また、癌が小さく、浅いので、急いで切らなければというものではないので、もう一度内科へ戻して相談しましょうとのことで、再度内科を受診しました。内科Drより、開業医の検体を取り寄せて当院の病理検査で検査したところ確かに、グレード5であった。しかし、その後の内視鏡では、癌を探すように採取したが見つからないので、癌がいわゆるひとかき癌のような小さいものである可能性が高く、現段階では手術範囲も決まらず、OPできないので、今は、まず、ピロリ菌が+だったので、除菌して、胃の粘膜をきれいにして、来年1月にあらためて内視鏡をしましょうと言われました。このような経過では、やはり様子をみるしかないのでしょうか?体力的にも、年齢からみても、勿論、OPしなくて済むのであれば一番ありがたいのですが、後で、手遅れになって、後悔することになるのではないかと、とても不安です。セカンドオピニオンも考えましたが、本人が、今の主治医との関係性が悪くなったり、また、これまでの通院や検査だけでもストレスを感じており、再度別の病院を受診すること自体が肉体的にも、精神的にもきつく、全くその気はありません。どうか、アドバイスをよろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  P-chanDr. 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。ご相談を拝見させていただきました。
初回の生検で、グレード5の所見がでたことから、癌が存在している可能性は高いと考えますが、内視鏡の再検で、同様の所見が確認できなかったことから、ご指摘のごとく、現段階で手術に踏み切る必要性は低く、過剰医療行為になってしまう可能性が高いと思います。ですので、
心配であれば、3-4か月ごとに主治医に診察してもらうか、それまでに、腹痛や食欲低下など
何らかの症状増悪を認めるようなら、その時点で、早めの受診をお勧めいたします。
早期がんではあると思いますが、中には、悪性度の高い病理像を呈するものもございますので、
どうしても心配であれば、別の医療機関でご相談されることも特に問題ないと考えますよ。
お大事になさってください。
P-chanDr.をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問