JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
nou-no-moribitoに今すぐ質問する
nou-no-moribito
nou-no-moribito, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 370
経験:  脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
70641304
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
nou-no-moribitoがオンラインで質問受付中

22歳の息子ですが、9月の健康診断で視神経乳頭陥没疑い できれば精密検査をとの通知がきました。15歳からコンタクト使

解決済みの質問:

22歳の息子ですが、9月の健康診断で視神経乳頭陥没疑い できれば精密検査をとの通知がきました。15歳からコンタクト使用してます。実は、昨年12月に車停車中、2tトラックにノンブレーキで時速50キロ追突され、はずみで前の車に追突。ハンドルで頭部・顔面強打し、まるでボクシングで殴られた様に右目が腫れあがりました。見にくさも感じましたので眼科受診しました。右眼底・眼圧・屈折・スリット・角膜曲率検査し前眼部・中間透明率・眼底に特記する異常はなく経過観察と言われ事がありました。視神経陥没とはどうなっているのか?治療はできるのか?今後どうなるのか?事故との因果関係が疑われるのか?教えて下さい。お願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  nou-no-moribito 返答済み 1 年 前.
視神経乳頭陥没ではなく、視神経乳頭「陥凹」であろうと思います。
といたしますと、通常、陥凹をきたす疾患としては「緑内障」であり、眼圧が高くなります。もちろん正常圧の緑内障もございますが、眼科で精密な検査をされた上で正常だと診断されたのであれば、緑内障ではなかったということだといえます。
健康診断では、一見「陥凹」のように見えたが、そうではなかったのかもしれません。健康診断では瞳孔を散瞳(薬を点眼して瞳孔を広げる)しないこともありますので、画像が鮮明ではなかったのかもしれません。
何れにしても、現状では治療の必要はないとお考えください。
事故との因果関係はまずないと思われますが、視神経乳頭陥凹は、打撲された右眼だけなのでしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
検診の結果をよく見直したら、左目とありました。検査は去年の12月。検診は今年9月。半年以上経過してますが、再検査は必要ですか?
専門家:  nou-no-moribito 返答済み 1 年 前.
大変失礼いたしました。
右眼の事故後に右眼を検査されたのは、昨年の12月で、その後の今年に視神経乳頭陥凹を左眼で指摘されたとのことですね。
それでしたら、再検査をされることをお勧め申し上げます。
まずは、本当に緑内障があるかどうかを診断するのが先決だと存じます。治療方法はございますので、心配なさらずに受診下さい。
質問者: 返答済み 1 年 前.
はい。有難うございました。
専門家:  nou-no-moribito 返答済み 1 年 前.
頑張ってください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
散瞳して、眼底検査。眼底カメラ、視野検査が出来る近医でも良いですか?
それとも、CT設備のある大病院を受診した方が良いですか?
専門家:  nou-no-moribito 返答済み 1 年 前.
近くの眼科でいいと思います。
nou-no-moribitoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問