JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

こんにちは。よろしくお願い致します。 認知症の母で高齢者です。穏やかではあるのですが、認知症にも波があり時に変なこ

解決済みの質問:

こんにちは。よろしくお願い致します。
認知症の母で高齢者です。穏やかではあるのですが、認知症にも波があり時に変なことを言い、家でもデイサービスでも困らせるときがあります。
興奮があるときはリスぺりドン0.5を服用しています。
頓服としての服用より、普段からずっと飲み続けていたほうが血中濃度が保たれて落ち着くのでしょうか?
抗精神薬なので飲み続けることには少々抵抗があります。
施設に入居されておられる方は周りの方々に迷惑をかけてはいけないし、本人も落ち着いていた方が楽なので毎日服用しているように聞きます。
ご意見お願いできましたら有難く思います。よろしくお願い致します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
猫山と申します。精神科医です。かつては老人率が日本一の市の市立病院で神経内科兼任で3年間勤務し、ご高齢の患者様をたくさん診てきた経験があります。
頓服使用に留めるべきであると考えます。
定時服用すれば確かに血中濃度も効果も安定しますが、高齢者では次第にお薬が体内に蓄積して副作用が現れるようになります。
リスパダールのような抗精神病薬の場合、もっとも問題となるのはパーキンソン症状で、誤嚥(による肺炎)と転倒(による骨折)は致命的な事態を引き起こしかねません。
以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。わかりました。いくら少量でもやはり飲み続けるのはよくないということですね?
頓服として0.5mlの量はどうでしょうか?人によってちがいますか?
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。
仰るように個人差はありますが、0.5mlは臨床では認知症の患者様の周辺症状の治療においてもっとも頻繁に使用される用量だと思います。
ちなみに、ではありますが、リスパダールは統合失調症のお薬であって、認知症の患者に投与することを前提に開発されたお薬ではありません(つまり、厳密には、お母様に対するリスパダールの使用は保険適応外の処方ということになります)。
「認知症関連の精神症状に対する適応外使用例において、死亡率が1.6~1.7倍高かったという研究報告」もあり、厚生労働省から注意喚起がなされたお薬でもあります。
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1179038.html
慎重にも慎重を重ねて使用されるべきであると言えるでしょう。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
何度もありがとうございました。大変参考になりました。お礼申し上げます。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。どうかお大事になさって下さい。評価をお願いします。

医療 についての関連する質問