JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

うつ症状と診断され休職中です。 休職後10ヶ月間は解離性健忘症(後に判明)によりストレスがない状態でしたが、うつ症

解決済みの質問:

うつ症状と診断され休職中です。
休職後10ヶ月間は解離性健忘症(後に判明)によりストレスがない状態でしたが、うつ症状は顕著にあらわれていました。
ところが、11ヶ月目に記憶を一部回復し、ストレス因が判明し現在は適応障害と診断されています。
しかし、記憶回復後4ヶ月たっても抑うつ症状など、内因性うつ病の症状は現れております。
この場合、内因性うつ病と適応障害のどちらが適切な病名なのでしょうか?
お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

併記で問題は無いと思います。
両方の病気があるわけですから。並列診断が可能、合併が認められる疾患ですので、敢えて「どちらが適切」と決める必要もありませんし、決めるのは難しい場合が少なくありません。

ご質問の背景を教えていただけますか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

質問背景は、

>>休職後10ヶ月間は解離性健忘症(後に判明)によりストレスがない状態でしたが、うつ症状は顕著にあらわれていました。

休職後10ヶ月間の病名は内因性うつ病なのか疑問に思ったからです。

ICD-10のガイドラインによれば、ストレス因排除後6ヶ月鬱状態になる

ことはないと書かれていたため、適応障害ではないと考えております。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

ご記載を完全に理解し切れていないかもしれませんが、「解離性健忘症(後に判明)によりストレスがない状態」ということはありません。

解離性健忘があっても、ストレスは感じています。

また、「ストレス因排除後6ヶ月鬱状態になることはない」ということもありません。
ストレスが無くてもうつ病を発症される方はおられます。

これで回答になっているでしょうか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

質問が不明確でした。

ストレス因は職場でのパワハラなどでしたが、休職中はパワハラによるストレスを完全に忘却しいておりました。だるさや思考障害などのうつ症状はありましたが、ストレスがないため、何故うつ症状と診断されたのかわかりませんでした。

ストレスを忘却していた時期(10ヶ月)での私の症状に対する病名は内因性うつ病または適応障害のどちらが適切な診断なのでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

症状自体は違いがありませんので、うつ病と適応障害の鑑別はしばしば困難です。
強いて申し上げれば、ストレスとなる環境から引き離されれば症状が軽減・消失するのであれば適応障害であると言えるでしょう。適応障害とは環境に対する不適応反応だからです。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080430/300406/

http://www.mental-navi.net/utsu/shindan/kanbetsu1.html
http://www.tekiou-syougai.net/003.html

「休職中はパワハラによるストレスを完全に忘却して」いたのに「うつ症状は顕著にあらわれて」いたのであれば、だからこそうつ病と診断されたのだと考えます。

わかりやすく申し上げれば、ストレスがかかり、抑うつ状態になった場合、ストレスが取り除かれれば良くなるのが適応障害です。
一方で、ストレスにより、脳の「うつ病のスイッチ」が入り、ストレスをきっかけに病気として発動し、持続する疾患がうつ病です(上述したように、ストレスが無くても、このスイッチが入る、「脳の病気としてのうつ病」の色彩が強い患者様もおられます)。

相談者様は休職によって長期間ストレス環境から距離を置いたのに抑うつ症状が続いていたわけですからうつ病を診断されることは自然だと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問