JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

9歳息子、3週間断続的に胃痛が続いています。

解決済みの質問:

9歳息子、3週間断続的に胃痛が続いています。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
おはようございます。猫山と申します。

今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

なかなかよくならないため不安です。

胃炎と言われていますが、他の病気の可能性はないのか、

今後どのように対処すればいいのか、たとえば食事をどのタイミングでどのよう通常にもどしていけばいいのかを知りたいです。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

①ご子息が受診されたのはどれくらいの規模の医療機関で、どのような検査を受け、どのような診断のもとに、どのような治療を受けられているのでしょうか?

診断あっての治療・対処ですので、上記の情報無しでは「今後どのように対処すればいいのか、たとえば食事をどのタイミングでどのよう通常にもどしていけばいいのか」をお示しすることは難しいと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.
9月4日胃痛 休息だけで軽快したため受診せず
9月9日腹痛、下痢 総合病院くらいの規模の病院受診(当方インドネシア在住です)
便からバクテリアが出て、抗生物質と整腸剤処方
1,2日で軽快
9月12〜17日 食欲不振、断続的な軽い胃痛
9月18日  胃痛がひどくなったので受診、便検査異常なし 胃炎と診断され、胃酸を中和する薬を処方される 食事はおかゆ、うどんなどにする
痛みは19日昼軽快
少しずつ、味噌汁、豆腐など足しながら様子をみていたところ、21日再び胃痛
再度同じ病院受診 血液検査異常なし
胃酸を抑える薬を追加で処方
食事に気をつけながら様子を見る
痛みは21日中に軽快
再び食事を少しずつ戻していたところ24日に再び胃痛
別のクリニック(日系)受診超音波検査をするも異常なし これまでの薬をやめるよう指示、新たに胃の粘膜を保護する薬、胃酸を押さえる薬を処方される
痛みはすぐ軽快、
食事はおかゆなど、これまでは食べたあと痛みを訴えることが多い(とくに朝食後)
親,学校側とも特にストレスを感じやすい環境ではないと思っている
こんなところですがいかがでしょうか。
質問者: 返答済み 2 年 前.
9月4日胃痛 休息だけで軽快したため受診せず
9月9日腹痛、下痢 総合病院くらいの規模の病院受診(当方インドネシア在住です)
便からバクテリアが出て、抗生物質と整腸剤処方
1,2日で軽快
9月12〜17日 食欲不振、断続的な軽い胃痛
9月18日  胃痛がひどくなったので受診、便検査異常なし 胃炎と診断され、胃酸を中和する薬を処方される 食事はおかゆ、うどんなどにする
痛みは19日昼軽快
少しずつ、味噌汁、豆腐など足しながら様子をみていたところ、21日再び胃痛
再度同じ病院受診 血液検査異常なし
胃酸を抑える薬を追加で処方
食事に気をつけながら様子を見る
痛みは21日中に軽快
再び食事を少しずつ戻していたところ24日に再び胃痛
別のクリニック(日系)受診超音波検査をするも異常なし これまでの薬をやめるよう指示、新たに胃の粘膜を保護する薬、胃酸を押さえる薬を処方される
痛みはすぐ軽快、
食事はおかゆなど、これまでは食べたあと痛みを訴えることが多い(とくに朝食後)
親,学校側とも特にストレスを感じやすい環境ではないと思っている
こんなところですがいかがでしょうか。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
胃や腸のような管腔臓器に関しては、超音波検査は直接的な診断的な意義はありません(中身が空洞なので超音波が伝達されないからです)。
日系の病院での超音波検査の結果は、従いまして、胃腸以外の臓器の異常はなかった、ということを確認する結果であったと言えるでしょう。
年齢的なものもあって胃内視鏡検査が行われていないのだと思いますが、食後の腹痛は胃の疾患に特徴的な所見です(十二指腸潰瘍などでは空腹時に腹痛が起こります)。
胃炎、もしくは胃潰瘍である可能性が高いのではないかと考えられる状況です。
食事の戻し方は個人差がありますが、お粥のような、多くの胃酸分泌を要さない食べ物を小分けにして食べ、様子を見ながら1回に食べる量を増やしたり、間隔を狭めていく他に特別な方法は無いと思います。
それでも症状が改善していかない場合は、胃内視鏡検査、またヘリコバクター・ピロリ菌の検出のための検査を行い、さらなる診断と治療の選択肢を模索する必要があるでしょう。
以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

胃炎もしくは胃潰瘍の可能性が高いとして、この治療(薬の処方)は適切なものでしょうか。

また胃酸分泌を要さない食べものとはほかにどのようなものがありますか。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
お薬の名前が不詳ですが、内容は適切だと考えます。ただし、胃炎よりも胃潰瘍寄りであった場合は(それは胃内視鏡検査を行わなければ鑑別できませんが)、最初の病院で処方されたような胃酸分泌作用を有するお薬の方が好適です。
胃液は食べ物の機械的な破壊に関与しますから、成分よりも、硬さと量が重要です。柔らかくて分解が進んだお粥は好適です。量を少な目に、よく噛んで食べることも重要です。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問