JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4033
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

59歳、男性 昨年7月に右脚頸骨と腓骨を骨折してプレート及びねじ固定手術を受けました。 今年6月19日に抜釘術を

解決済みの質問:

59歳、男性  昨年7月に右脚頸骨と腓骨を骨折してプレート及びねじ固定手術を受けました。
今年6月19日に抜釘術を行いましたが、傷口の一部(下部くるぶしあたり約2㎝)の治りが遅く、毎週通院を余儀なくされてます。 8月デブリードマン術、フィブラストスプレーとアクトシン軟膏を処方していただいてますが9月22日現在、入浴もできまsん。
また1週間前ぐらいから外側の手術部位が腫れて進出液が出てます。毎日の処置は確実にしています。いったいいつになれば完治するのか心配です。
ドクターの見解をお聞かせください。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
手術部位が腫れて進出液が出ていることから細菌感染を起こしている可能性があります。骨髄炎にならないように抗生物質の点滴、必要なら再度デブリードマン術が必要と思います。担当医をできるだけ早く受診してMRI、血液検査をしてもらってください。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問