JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

右肩と腕に痛みが続き小指が麻痺しています。レントゲンとMRIの検査で頸椎の5と6番に 狭窄が見られるとの診断で、リ

解決済みの質問:

右肩と腕に痛みが続き小指が麻痺しています。レントゲンとMRIの検査で頸椎の5と6番に
狭窄が見られるとの診断で、リりカカプセル75mgを朝夕1錠服用し2週間経ちますが、痛みと
痺れが改善せず困っています。
薬量を増やす以外に何か良い治療法はありますでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。 「頸椎の5と6番に狭窄が見られる」のであれば、圧迫を受けるのは第6頸髄神経(C6)ですので、「右肩と腕に痛みが続き小指が麻痺」という相談者様の自覚症状には必ずしも合致しません。http://blog-imgs-67.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/20140516223626581.jpg↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑ さらに広い範囲に狭窄は起きているのかもしれません。 ①リリカの有効用量は1日300~600mgですので、最低でも現在の倍の用量を服用しなければ効果は現れません。リリカの服用を開始したならばまずは有効用量まで増量すべきだと考えますが「薬量を増やす以外に何か良い治療法」を探されているのはなぜでしょうか? ②相談者様の主治医は脊椎・脊髄の専門医ですか? まず以上、確認させていただけますと幸いです。※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。 【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.
8月30日夕刻バスに乗って座席に座ると、右の肩甲骨と背骨の間に痛みが走った。痛みは右腕に広がり、ベッドでは上向きに寝ると痛みが激しく、横向きで寝ています。9月2日に参宮橋外科クリニックでレントゲンの診断では、頸椎の下部に狭窄が見られるとのこと。トラムセット配合錠を朝夕1錠服用するも痛みは改善せず、小指が麻痺してきた。9月4日同院でリリカカプセル25mg(朝夕1錠)を追加服用したが改善せず。9月9日参宮橋脊椎外科でMRI検査でも頸椎下部の狭窄が痛みの原因だが、手術する程ではないとゆわれ、リリカカプセル75mg朝夕1錠に増量したが10日経っても症状は改善せず、小指の麻痺は酷くなった。このまま薬量を増やして痛みが改善するのか、また副作用はどうか心配で先生にお伺いした次第です。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
少し混乱しております。
当初、相談者様のご質問は「薬量を増やす以外に何か良い治療法はありますでしょうか」でした。
今回は「このまま薬量を増やして痛みが改善するのか、また副作用はどうか心配」と仰っています。
今回のご相談でご質問になりたい事項を整理し、具体的に教えていただけないでしょうか?
リリカを増やした場合に期待できるメリットと、予想されるデメリットをお答えすればよいですか?
質問者: 返答済み 2 年 前.
猫山先生へ
二回目の回答はリンクが悪く接続できませんでしたが、息子が来てパソコンを操作して回答を読むことができました。
先ず参宮橋整形外科はレントゲンで頸椎下部に狭窄があると診断されました。
同院は風邪などで通う近所のクリニックです。
参宮橋脊椎外科は脊椎の手術をする専門病院です。この病院のMRIの診断で頸椎の何番目かに狭窄が有ると
言われました。5、6番と言うのは私の聞き間違えのようです。
さて、先生のご返事により9月21日の夕方よりリりカカプセルを二錠朝夕服用しましたところ、一日中ぼーとした感じになり、
痛みは軽減しましたが、この量が限界かと思っています。
私の狭窄は首を真直ぐか後ろにした時に痛みが走るので、前屈みにして過ごしています。薬の服用を続けてこの痛みは
治まって、自由に首を動かせる様にのるでしょうか? 又個人差は有るでしょうが、どの位の期間がかかるでしょうか?
その間ゴルフ等運動をしても良いでしょうか?ご返事をお待ちします。                          小林敏宏
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
③診断あっての治療法、予後予測です。参宮橋脊椎外科での診断名を教えていただけますか?
④上記③がおわかりにならない場合、頚椎と頚椎の間が狭くなっているのか、頚椎の中を脊椎が通る管(脊柱管)が狭くなっているのかを教えていただけないでしょうか?
以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.
3も4も診断時には教えてもらっていません。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。 教えてもらうべきでしょうね。 症状やかかった診療科にかかわらず、診断名、それがどういう病態によって起こるのか、故にどういった治療を行うのか、治療によってどのようなメリットとデメリットが予想されるのかは、「患者」という立場として理解すべきでしょうし、その説明が診察医から無いのであれば説明を求められるべきでしょう。 それをせずして、インターネット相談で「痛みと 痺れが改善せず困っています。 薬量を増やす以外に何か良い治療法はありますでしょうか」をされることはものすごく有意義なこととは言えないと思います。 実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ここまでのご記載を拝読する限り、頚部脊柱管狭窄症か、頚椎症性脊髄症を患われている可能性が高いと考えます。http://www.hernia-bro.com/首の病気/頚部脊柱管狭窄症/http://www.sekitsui.com/9specialist/sp005-html/https://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/cervical_spondylotic_myelopathy.html これらに限らず、脊椎の疾患は加齢に伴う背骨の変形、もしくは、背骨のずれ、軟部組織の骨化によって生じますので、進行することはあっても、非手術的治療で治ることはありません。 従いまして、「薬の服用を続けてこの痛みは 治まって、自由に首を動かせる様に」はなりません。これらの治療は対症療法であって、根本的には手術が必要になる場合が多いのです。 次回受診時に、診断名と治療方針について主治医に確認されることをお勧めいたします。 以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問