JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4036
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

H8、1に子宮全摘出手術をうけました。その際右卵巣癒着の為同時に摘出。 5年前に父が肺がんの為他界。同時期、姉が大

質問者の質問

H8、1に子宮全摘出手術をうけました。その際右卵巣癒着の為同時に摘出。
5年前に父が肺がんの為他界。同時期、姉が大腸がんにより抗がん剤、摘出手術を受け、予防の為私も4年前に大腸内視鏡カメラ(麻酔あり)で検査を受けたところ、腸の癒着があり検査はかなり困難と言う説明。平坦ポリープも見つけて頂き同時に摘出。取り残しがあるといけないので、翌年も検査を受けました。(麻酔あり)異常も見つかる事もなく2年空けて検査でも良いと思います。と言われ、今年新たに検査の申し込みに伺ったところ、拒否されました。腸の癒着で検査は困難で、医療事故を招きかねない。私は自身の身を守りたい。正直やりたくないです。と言われました。カプセルの話も相談しましたが、平坦ポリープはカプセルでは見つけにくいですし、費用もかかるので、あまり勧めないと言われました。
確かに腸の癒着で麻酔なしでは行えない、腸に穴をあけてしまうリスクを伴うと言う説明も納得がいきますが、私のように検査困難者は、精密である内視鏡検査を受ける事は出来ないのでしょうか。
使われる点滴麻酔ドルミカム、ラボナール、オスピタン麻酔薬注射ですが、必ず目が覚めるとおう吐、めまい、激しい頭痛で3日間起き上がれません。ドクターに相談してみても、そのような話は聞いた事がないし、たまたまあなたの体調が良くなっただけじゃないですか?と言われました。2回目の検査時には、麻酔の量を少し減らしてみますね。と言って頂けたのですが、同じ症状が出てとても辛いです。体質なのでしょうか。 合わせてご相談に乗って頂けると幸いです。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
どこにお住まいですか。
質問者: 返答済み 1 年 前.
山梨県中巨摩郡昭和町です。ちなみに現在、山梨医大に婦人科半年1度経過観察、整形外科半年に一度経過観察、口腔外科に月1度経過観察にて通院中です。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
大腸CT検査を受けてはどうかと思います。それは大腸を炭酸ガスによって拡張させ、新型のマルチスライスCT装置を用いて撮影することで大腸3次元画像を簡単に得ることができます。マルチスライスCTコロノグラフィ検査、仮想大腸内視鏡検査(ヴァーチャル大腸内視鏡検査)、大腸3D-CTとも呼ばれいます。内視鏡検査と比較して苦痛が少ないと言われ、短時間で検査することが可能です。
もし、それで異常が見つかった場合は内視鏡の検査をしてはどうかと思います。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
大腸CT検査・・・マルチスライスCTコロノグラフィ検査、仮想大腸内視鏡検査(ヴァーチャル大腸内視鏡検査)、大腸3D-CTとも呼ばれいます。は、大学病院など大きい病院なら検査を受ける事は可能なのでしょうか?撮影は、平坦ポリープも見つける事は可能なのでしょうか?
やはり撮影前には、2リットルの下剤も当日飲むのでしょうか。ポカリスエットのようなスポーツドリンクが元々苦手で、検査の当日2リットル飲むまでに行かず、おう吐しながら飲んでいました。これぐらいは我慢でしょうか?CTなので麻酔は必要ないのですよね。すいません、いくつもの質問で、最後に山梨県に住んでおりますが県内、近県でどこか先生が「ここの医療機関はどうだ」と言うところがあればご案内下さると助かります。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
東京国際クリニックを受診してみてください。http://www.tic.or.jp/medicalinfo/3dct_1.html
下剤は150ml飲むだけです。次のサイトを参考にしてください。http://www.tic.or.jp/medicalinfo/3dct_4.html
麻酔は必要ありません。表面型病変や5ミリ以下のポリープを見つける能力は大腸内視鏡検査に比べて劣っています。しかしながら、一般的に内視鏡治療が必要な6ミリ以上の隆起性病変の多くは診断可能です。
質問者: 返答済み 1 年 前.
有難う御座いました。安心しました。私のような人でも安心して受けられるようですね。東京国際クリニックに伺ってみようと思います。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
どういたしまして。
ではお大事に。

医療 についての関連する質問