JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

水泳中に手がしびれてきます。まずは右手の先で、その後左手もです。水温が低い時には 症状がひどくなります。水泳をやめ

解決済みの質問:

水泳中に手がしびれてきます。まずは右手の先で、その後左手もです。水温が低い時には
症状がひどくなります。水泳をやめて、プールから出て、しばらくすると、元に戻ります。
現在、水泳などしない日常でも、右手の親指あたりに軽いしびれを感じます。
一度、町の整形外科の診察を受け、X線をとりましたが、担当のお医者さんは、よくわからない
とのことでした。多分、首の頸椎に軽いヘルニアがある可能性があると思われるので、
〈首の牽引と首の後頭部の電気マッサージをしばらくしましょう〉とそ理学療法を受けましたが
あまり変化はないので、やめてしまいした。
水泳はやめた方がいいのでしょうか?
当方は、68歳男性です。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。 少し補足情報を下さい。 ①水泳では、体を水平にして顔を前に向ける――つまり頭部を後屈する姿勢になることが多いと思います。プール以外でも、首を後ろに反らした姿勢を一定時間取ると、手が痺れてくることはありませんか? ②受診された「町の整形外科」は個人開業医ですか? 脊椎の専門医でしょうか。 ③水泳の時に手が痺れるということですが、痺れるその部位をもう少し詳しく教えていただけないでしょうか? まず以上、確認させていただけますと幸いです。※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。 【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.
早速の応答、ありがとうございます。
① 首を後ろに反らすこととしびれとは関係ないかと思います。プール以外でも、最近軽い筋トレを
していますが、この時首を反らす運動もありますが、しびれは一度もありません。
水泳でのしびれは、むしろ水温が関係あるのではと思っています。
と言うのも、暑い盛りの時にはこのようなしびれは一度もなかったからです。
② 最初に行った町の整形外科は、個人開業医です。脊髄の専門ではないと思います。
③ まず、左手の親指と人差し指から橈骨に沿って20㎝ほどが特にです。長く水に
浸かっていると、次第にしびれの範囲は広くなり、状態もひどくなります。右にしびれが
あらわれてからしばらくすると右もそうなります。一旦そうなると、なかなか治らず、プールから出て、
家に帰り、手を温めてやると、割に早くしびれはとれます。★ 病歴で述べました、以前のことが後遺症として残っていて、加齢によってそれが何らかの
形で再現してきているといったことはないのでしょうか?
質問者: 返答済み 2 年 前.
猫山先生、
先ほど、右と左を反対に書いてしまったいました。最初に書いたものは間違いで、
しびれは、まず左からはじまります。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。 相談者様の主治医を個人的に攻撃する意図はありませんが、多くの整形外科個人開業医は整形「内」科医であり、「湿布を処方できる放射線技師」の域を出ない場合が少なくありません。そもそも、MRI検査を行われていないのであれば、診断からして眉唾ものです。私見としては、背骨、肩、手、股関節、足といった領域の整形外科的問題に関して、専門性が無い個人開業医を受診することは、そのために要する時間とお金に見合わないことが大多数だと思います。 しかし、両側性に症状が現れていますから、私も頚椎のトラブルである可能性は高いのではないかと考えます。感覚障害が生じている場所から逆引きしますと、第6頸髄神経(C6)に圧迫が加わるような疾患でしょう。http://blog-imgs-67.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/20140516223626581.jpg↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑ ④橈骨神経麻痺だとすれば感覚障害だけではなく、運動障害も合併します。「下垂手」の傾向はおありでしょうか?https://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/radial_nerve_palsy.html ⑤「以前のことが後遺症として残っていて、加齢によってそれが何らかの形で再現してきている」可能性は低いと思いますが、お望みならそれに沿って回答を作成いたします。それを望まれますか? 以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.
猫山先生、
早速実に詳しい情報をありがとうございました。
④ 以前の障害には確かに運動障害もありました。14歳で橈骨神経麻痺と言われた時には
下垂手の傾向はありました。現在は握力が不十分なのと、自然の状態でぶらっとさせておくと
親指が小刻みに自然に振動するという以外は運動障害というのはありません。
⑤ お願いします。追伸:先ほど応答をしてからすぐに、近くのプールに行って、しびれが現れるか試してきました。(そのために
今度のこの返事は遅れ、失礼しました。)今日は、プールの水温が比較的に高かったためか、40分ほど
水に浸かっていましたが、しびれは現れませんでした。最後の辺りで、ちょっと左腕全体が疲れて、だるく
感覚がにぶくなってきているのは感じましたが、前にあったような局所的なしびれはありませんでした。私が知りたいことは、今も時々ある左手の親指から橈骨に沿ってのしびれが続いている原因です。
日常の活動には差し支えないので、現在は特別な治療も受けていませんが、以前の病歴がありますので、
今後加齢によって、どうなるのかが心配なのです。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。 神経伝導速度を測ることによって橈骨神経の障害の有無を確認することが出来ます。http://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kensa/nou/NCV.htmhttp://naraamt.or.jp/Academic/kensyuukai/2013/kindenzu.pdf 神経内科医を受診されることをお勧めいたします。 以下のサイトから日本神経学会認定の神経内科専門医が検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。【日本神経学会認定神経内科専門医名簿】http://www.kktcs.co.jp/jsn-senmon/secure/senmon.aspx以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.
町の整形外科医の言うことには、今の状態ではMRIをしてもなにもわからないから、
やめておきましょうということでした。
もう一つ。こちらの方が重要ですが、図で見れるようにしていただいたものから判断しますと、
私の以前の症状は正にC6の部分でした。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
私は相談者様のリクエストに基づき、橈骨神経の問題として上記回答を致しました。
頚椎・頸髄の問題としての回答をご所望なのであれば、このスレッドを適切に処理(評価)された後、別のスレッドを立てて新しいご質問として投稿していただけますと幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問