JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

8/31にウエイトトレーニングした後に、両手の酷い痺れが発生。 今だ痺れて、シャツのボタンが出来ないほどです。

解決済みの質問:

8/31にウエイトトレーニングした後に、両手の酷い痺れが発生。
今だ痺れて、シャツのボタンが出来ないほどです。
整形外科で握力が右手8キロ左手10キロです。
若干痺れが良くなっているのか?ですが、今の具体的痺れは
右手側は、親指、人差し指、中指の三本が痺れ、
左手側は、小指、薬指と小指側から肘にかけての痺れが酷いです。
昨日、頸椎MRIを撮り診断は明らかには異常は見られない。
若干頸椎4.5の骨が白い?炎症?
以前、交通事故にあった時、同じ医師に掛かっていて、
頸椎&腰椎椎間板ヘルニアの疑い有りとの診断を受けています。
頸椎から来る右肩の痺れ痛みで、7月に症状固定でクローズしてます。
その後、右肩の痺れが治まり、左足の親指に痺れがあらわれ、
親指の痺れから両手の痺れになる。
医者は、原因はウエイトトレーニングで暫く投薬とリハビリで様子をみましょうと
言われましたが、不安なのですが、大丈夫でしょうか?
御意見をお聞かせ願います。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

「右手側は、親指、人差し指、中指の三本が痺れ、左手側は、小指、薬指と小指側から肘にかけての痺れが酷い」ということであれば、頚椎の問題だとしたらC6~C8のトラブルのはずです。
http://blog-imgs-67.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/20140516223626581.jpg
↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑

「頸椎4.5」のトラブルなら肩が痛くなるはずですし、MRI上で頚椎=骨の変色が認められるというのは大変なことです。

①受診されたのはどれくらいの規模の整形外科医療機関でしょうか?

②診察医は脊椎・脊髄の専門医ですか?

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html


まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
青梅市新町の個人の整形外科で、千葉医院です。
MRIは、東京西徳洲会病院です。
千葉医院の医師の見解では、徳洲会病院の医師の見解がまだ無いが、
7月に症状固定の診断した時のMRI画像と比較しても
あまり変わらないと、言う様な診断でした。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。

相談者様の主治医を個人的に攻撃する意図はありませんが、多くの整形外科個人開業医は整形「内」科医であり、「薬を処方できる放射線技師」の域を出ない場合が少なくありません。
「温熱療法、電気療法、牽引療法」の3つのどれかが出てきたら「ヤ○」のフラグが立っていると考えられてよいでしょう。
http://seikeigekai.org/tag/頚椎牽引

私見としては、背骨、肩、手、股関節、足といった領域の整形外科的問題に関して、専門性が無い個人開業医を受診することは、そのために要する時間とお金に見合わないことが大多数だと思います。

MRIを取りに行かれた病院にしても、常勤医は一人で脊椎の専門医ではなく、他の非常勤医師も専門は肘や膝のようです。
http://www.tokyonishi-hp.or.jp/department/orthopedics/

前掲のリストにある脊椎・脊髄の専門医を受診されて診断を受けられるべきです。
診断あっての治療ですから、「暫く投薬とリハビリで様子を」見てもよいかどうかは、その診断の後に決められるべきだと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
マイナス評価を賜りまして意外かつ残念です。

ご質問に対しては、インターネット相談で可能な範囲で過不足なく回答したつもりでいたのですが。

どうぞお大事になさって下さい。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問