JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

Nyarlathotepに今すぐ質問する

Nyarlathotep
Nyarlathotep, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 420
65535416
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Nyarlathotepがオンラインで質問受付中

父親のことで相談させていただきます。 父親84歳、摂食障害と診断され入院して1か月がすぎました。入院した時の体重は

解決済みの質問:

父親のことで相談させていただきます。
父親84歳、摂食障害と診断され入院して1か月がすぎました。入院した時の体重は38㌔です。
食べると嘔吐する為今は点滴だけです。痰が出ているので食べることが出来ないようです。
検査しても悪い所は無いと言われ気力が無いと…医師からの話でした。
日に日にやせ細る父の姿を見ていると…何か他に治療できることは無いのか考える日々です。
アドバイスよろしくお願い致します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Nyarlathotep 返答済み 1 年 前.
こんにちは。Nと申します。精神科医です。
「摂食障害」という医師は何科の医師ですか?
実際、お母さんの死後、お父さんは元気が無かったのでしょうか。そのせいで食欲が無くて食べられず、体重が落ちていったのですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
病院は内科です。
父は元々小柄で体重も48k位でした。食も細かったので…実は家族もそんなに体重が減ってることに気が付きませんでした。
最近出かけるのが億劫だとは言っていましたが…元気でした。
専門家:  Nyarlathotep 返答済み 1 年 前.
実際に診察ができませんのでこのような方法になってしまいますが、下記のサイトで質問に答え、最後に表示される点数を教えていただけないでしょうか(お父さんに聞いて点数を付けて下さい)?https://www.cbtjp.net/qidsj/question/01/
質問者: 返答済み 1 年 前.
父は病院なので聞くことはできないです。
最近はしゃべることが苦しいようでいつも寝てばかりです。
専門家:  Nyarlathotep 返答済み 1 年 前.
では、「何か他に治療できることは無いのか考える日々です。 アドバイスよろしくお願い致します」ということでしたが、既にお書きになられている数行の情報だけに基づいて回答せねばならないということですね…… 普通の点滴ではいいところ1日200~400kcalしか体内に入れられませんから体重減少は当然ですし、痩せれば痩せるほど食べられなくなります(上腸間膜動脈症候群)。 http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/2011-08-10http://www.ooasa.org/custom9.html 1. 上腸間膜動脈症候群の検査は行われていますか?2. 中心静脈栄養など、もっと高カロリーの輸液を行うつもりは主治医にはないのでしょうか? このままだと殺人ですが。3. 「摂食障害」ならば精神科に転院、という話にはならないのですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
先日点滴が足からの高カロリーに変わりました。
検査は入院した時だけでその後検査はしてないです。
医師からは転院の話は無いです。田舎の病院なので対応に不満はあります。
精神科ではどのような治療になるんでしょうか?
元の生活に戻れるんでしょうか?
専門家:  Nyarlathotep 返答済み 1 年 前.
質問をどんどん増やすのはお止め下さい。「何か他に治療できることは無いのか考える日々です。 アドバイスよろしくお願い致します」というご質問にだけお答えします。追加の質問がある場合は別に新しい質問として投稿して下さい。 4 前述のリンク先の「上腸間膜動脈症候群」は、お父さんの病状に当てはまっていそうですか? この病気の可能性について主治医から説明はあったでしょうか。 5. お父さんご自身は、ご家族からみて、うつ病や摂食障害「っぽい」でしょうか。
質問者: 返答済み 1 年 前.
わかりました。
上腸間膜動脈症候群には当てはまらないです。医師からは説明はないです。
うつ病はなかったと思います。
食事は食べたり食べなかったりしてたようです。
専門家:  Nyarlathotep 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 上腸間膜動脈症候群その他の身体疾患が存在しないという前提で「回答するならば、精神科病院への転院が必要でしょう。しかしお父さんのような低栄養状態の患者さんを精神科病院で診ることは出来ませんから、今の病院で元の体重に戻るまでは高カロリーの点滴をしてもらうべきです。 摂食障害ということならば精神科での治療はカウンセリングが中心になります。 老年期の精神疾患(うつ病、認知症、その他)は、「老化」を抜きに考えることはできません。第一に、脳の器質的な変化による心身の機能低下は、ストレスに対する耐性の低下につながり、小さな変化や刺激でバランスを崩しやすくなります。第二に、社会生活の面では「喪失」を余儀なくされる年代にあたり、退職、重要なポスト(役職)からの引退、収入減少、配偶者や友人の死など、失うもの の多さ、大きさに愕然となることが多くなります。一方、治療する側からみれば、老化の程度は人によってさまざまだということが診断や治療を難しくしています。こうした患者様では、症状の現れ方も多様なものとなり、薬物療法、精神療法も個々のケースごとに異なる対応が求められます。身体機能の低下に伴う副作用の現れやすさも、高齢者の治療を難しくする要素の一つです。 こうした側面があるために、一般の精神科・心療内科では、一定以上の年齢の患者様には十分な対処ができない場合が少なくありません。体重回復後、老年精神医学の専門医療機関を受診されることをお勧めいたします。下記のサイトから、日本老年精神医学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。 【日本老年精神医学会認定 こころと認知症を診断できる病院&施設】http://184.73.219.23/rounen/H_sisetsu/r-H.htm 以上、ご参考になれば幸いです。
Nyarlathotep, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 420
経験: 
Nyarlathotepをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問