JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

少年期より陸上競技の短距離走をしていましたが腰痛が激しく60歳を契機に競歩競技に転向し現在に至っています。腰部頚椎せ

解決済みの質問:

少年期より陸上競技の短距離走をしていましたが腰痛が激しく60歳を契機に競歩競技に転向し現在に至っています。腰部頚椎せん索症と診断されています。週に2回ブロック注射を受けていますが、最近 大腿筋に力が入りません。競技中前のめりになります。筋肉低下のリスクがあるのでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんばんは。猫山と申します。
各種スポーツイベントで大会ドクターを務めています。

少し補足情報を下さい。

①相談者様の診断名は「腰部脊柱管狭窄症」ではありませんか?
http://kanja.ds-pharma.jp/health/koshimage/qanda_01.html
https://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/lumbar_spinal_stenosis.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

②相談者様が受診されているのはどれくらいの規模の医療機関ですか? MRI検査は受けられたでしょうか。

③相談者様の主治医は脊椎の専門医ですか?

④「最近 大腿筋肉に力が入らず、前のめりになります。注射のせいでは無いでしょうか」という質問を主治医にされましたか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.

①診断名はその通りです。さらに変形性腰椎症・坐骨神経痛。

②医師一人・レントゲン一人。看護師二人。MRI検査は受信しました。

③不明です

④質問しましたが、的確な答えはありませんでした。

付記 *内服薬 リマプロストアルフアデクス・カロナール錠・アジルバ錠

8月2日の 試合中、尿意を催しました。

*ブロック注射にリスクがあれば中止しますが、どのような治療をする病

院が良いでしょうか。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。

脊柱管狭窄症は、加齢に伴う背骨の変形やずれ軟部組織にの骨化によって背骨の中の脊髄の通り道が狭くなって圧迫され、そのため下半身の痺れや痛みが現れる病気です。

脊柱管狭窄症は単一の疾患ではなく、椎間板ヘルニアや腰椎変性すべり症、黄色靭帯骨化症といった複数の理由によって起こる狭窄の総称です。
相談者様の場合は「変形性腰椎症による脊柱管狭窄症」ということになるでしょう(坐骨神経痛は病名ではなく症状名です)。

いずれの疾患も加齢に伴う背骨の変形、もしくは、背骨のずれ、軟部組織の骨化によって生じますので、進行することはあっても、非手術的治療で治ることはありません。

相談者様の場合も、「大腿筋肉に力が入らず、前のめりに」なるのは、脊柱管狭窄症が進行して運動障害が起きている可能性が高いと考えます。
ブロック注射の合併症である可能性は否定はできませんが、その場合は起きたとしても一過性で済みます。

ブロック注射を続けても中止しても症状は進行する可能性が高いでしょう。
むしろ痛みが抑えられなくなる分、中止した場合もデメリットが大きいと言えます。

率直に申し上げて、脊柱管狭窄症としては、進行例・重症例である可能性が高いと考えます。
手術を前提に大きな病院の受診を勧められたことはないのでしょうか?

重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.

ご指導ありがとうございました。病状の進行は、実感しています。走友で手術をした結果、思わしくなく、試合には出場しなくなりました。年齢のこともあり手術は、考えていません。ペインクリニックを週1回とし、マッサージができる病院を考えています。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。

私もそれがよいのではないかと考えます。

既に病歴が20年以上になろうかという脊柱管狭窄症ですので、手術をしても症状の大きな改善は見込めません(進行が緩やかになるだけです)。

どうかお大事になさって下さい。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
マイナス評価を賜りまして意外かつ残念です。

ご質問に対しては、インターネット相談で可能な範囲で過不足なく回答したつもりでいたのですが。

どうぞお大事になさって下さい。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
再投稿:回答が不完全.
藁をもつかむの心境です。病状の内容などは、先刻承知です。要は、主治医にどのような質問すべきか。筋力の低下をどのようにすべきか。など、具体的な治療法を知りたかったのです。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
具体的な治療法は手術以外にはありません。

医療 についての関連する質問