JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

60歳の妻の乳がんについてお聞きしたいのです。 妻は病院嫌いで各種定期健診も受診しておりません。 7/28(火)

解決済みの質問:

60歳の妻の乳がんについてお聞きしたいのです。
妻は病院嫌いで各種定期健診も受診しておりません。
7/28(火)に自分から突然左乳房にしこりがあり、癌ではないかと
言い出し、病院に言って検査するようにいいました。予約なしで近くの
クリニックで超音波及びマンモグラフィーの検査を受け結果が8/10に
出る予定です。
所見では左のしこりは直径4㎝程度あり癌診断のカテゴリー5(癌の疑い)
で乳首も少し凹んでいるようなのです。妻にいつごろからか聞いても詳細
不明です。
本来なら検査結果を待つべきとは重々承知しております。
また検査を受けたクリニックを決して信頼していない訳ではなく、心配で
ならないのです。
つきましては一般的な内容でいいのですが、ステージ毎による乳癌治療概要、
治癒率・生存率(期間)また現在の乳癌の医療技術の進歩の水準について
ご教示願いたいのです。
非常に回答し難い質問と思いますが乳癌の現況を知っておきたいのです。
タイミング悪く8/21に広島に引っ越します。本格的治療は広島となるのですが
病状によっては東京の病院で治療して、フォローは広島でということも考えております。
この点についてのご推奨の病院等がありましたらアドバイスをお願いしたいのですが。
心配ゆえの先走りな質問と察して頂き宜しくお願いします。
以上
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.

おはようございます。猫山と申します。

「ステージ毎による乳癌治療概要、治癒率・生存率(期間)」については以下のサイトがお役に立つかと存じます。
http://jbcsfpguideline.jp/
http://www.gan-info.com/329.8.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

生命予後が悪いがんではありません。

少し補足情報を下さい。

①「現在の乳癌の医療技術の進歩の水準」とありますが、これはどういう意味でしょうか? もう少し噛み砕いてご説明いただけますと幸いです。

病院紹介のご要望は多いのですが、JustAnswerでは、大多数の専門家は特定の医療機関の紹介・推薦を行っていません。
医療カテゴリの専門家が、日本全国の全ての病院の内情を把握できているわけでもありませんし、相談者様を実際に診察しているわけでもありません。医師と相談者様の相性の問題もあります。そういう状況で、 こうしたサイトを通じた病院紹介は、病院側、相談者側の両方からクレーム を受ける可能性があるからです(実際、そういったトラブルは、他の専門家が手がけた事案も含めて過去に何回か起きています)。
JustAnswerは病院紹介サイトではありません。これに関してはご了承いただけますと幸いです。
ただし、特定の病院ではなく、専門医療機関や専門医のリスト、医療機関の探し方はお示しできる場合がございます。

それでもよろしいですか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答にあります。生命予後が悪い癌ではないとは

どう理解すれば良いのですか?

医療水準については近年の完治率の向上の状況及びそれに

寄与している先端技術・薬剤の情報が一部でも欲しいのです。

以上

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.

ご返信ありがとうございます。

「生命予後が悪い癌ではない」とは、このがんによって死ぬ可能性は低いがんであるということです(上記リンク先に記載がある通りです)。
ステージⅠとⅡであれば5年生存率≒完治率が90%以上、Ⅲでも半数、Ⅳで3分の1の患者様が治癒します。
これには、近年の「ピンクリボン」活動などの啓発活動が貢献していると思われます。
http://www.tbs.co.jp/pink-ribbon/data/

「近年の完治率」は向上しています。これは主に健康診断(乳がん検診)でそれまでの視触診単独法が廃止され、マンモグラフィを併用することになったことで早期発見が可能となったことがもっとも大きく寄与していると考えます。
進行した乳がんに対しても、ホルモン治療への反応性や遺伝子型によって薬剤を使い分けることができるようになってきたことが治療反応性≒効果の向上に寄与しています。
http://www.sendai.miyagi.med.or.jp/update/2011/05/545.html
http://www.saishin-igaku.co.jp/backnum/2010/y6506E.htm

こちらのサイトが良くまとまっていると思います。
https://www.nyugan.jp/confront/

以下、乳がん専門医のリストです。
http://www.jbcs.gr.jp/AboutJBCS/senmonitiran.html

以上、ご参考になれば幸いです。
どうかお大事になさって下さい。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問