JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

ほかに、たとえば腎臓や肝臓は悪くないのに、血糖コントロールが急にわるくなりました。どんな病気が考えられますか?

解決済みの質問:

ほかに、たとえば腎臓や肝臓は悪くないのに、血糖コントロールが急にわるくなりました。どんな病気が考えられますか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
おはようございます。猫山と申します。 少し補足情報を下さい。 ①「閉経を早める注射」の薬剤名と、開始時期を教えて下さい。 ②糖尿病はⅠ型ですか? Ⅱ型でしょうか。発症年齢を教えて下さい。 ③「6、7月くらい」に食事療法や運動療法に大きな変更は無かったと理解してよろしいですね? ④「糖尿病の薬」の名前と1日量を教えて下さい。 ⑤もともとどれくらいの値にコントロールされていた血糖値が、「6、7月くらい」からどれくらいの値になったのでしょうか。 以上、確認させていただけますと幸いです。※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。 【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
①薬剤名はすぐにはわかりません。開始は4月からで保険のことやホルモン治療のため、半年しかできないと聞いています。②おそらくⅡ型でしょうか?わたしの父親のほうに糖尿病の人がいます。糖尿病と診断されたのは平成19年11月20日です。最初はベイスンを8か月飲みました。私の都合でなんどか医者がかわってしまい、今は、ネシーナを飲んでいます。ほか高血圧、胆石症です。③家庭の事情が大変でした。5月に義父の葬式、6月には夫が腎臓の初期のがんの腫瘍の切除の手術があり家が農家のため畑を一人でやったり疲労困ぱいでした。生理の時、糖が出やすかった。④ネシーナを朝食後1回⑤いまは7から8くらいでしたが、 6月25日 9.2 7月14日 9.4 ※3年くらい前に不妊治療でソフィアを飲んだ時 9.2に上がったことがあります。ホルモン治療をやめると 7.0におちつきました。 自分でも気づかないいちに食べ過ぎています。
今、身長が160㎝、体重が83㎏です。 血糖値が9.4になる前は84~85㎏ありました。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 「どんな病気が考えられますか?」というご質問でしたが、何らかの病気で血糖値が悪化した可能性は低いのではないかと考えます。ご懸念の通り、「閉経を早める注射」が悪さをしたと思われます。子宮筋腫はエストロゲンという女性ホルモンに反応して大きくなる性質があります。エストロゲンは閉経するとほとんど分泌されなくなるので、子宮筋腫の治療として、閉経と同じホルモン環境を作る「偽閉経療法」が行われていたのだと思われます。エストロゲンにはインシュリンの効きを良くし、血糖値を下げる働きもあります。つまり、エストロゲンを抑える偽閉経療法によって血糖値が高くなりやすくなるということです。ホルモン療法開始後に血糖値のコントロールが悪くなり、中止後に改善していますから、その時間的前後関係からも、「ホルモン治療」の影響は明らかでしょう。 ただし、もともとの血糖値のコントロールも理想的なものではありません。ご提示いただいた数字はHbA1cの値だと思いますが、これは7.0未満にコントロールすることが推奨されています。http://www.dm-net.co.jp/calendar/2013/020036.php↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑ ホルモン治療を行っていない時のHbA1cの値でもコントロールは十分ではありません。腎症や網膜症、心血管障害、神経障害といった合併症の続発が懸念される数値です。病気があるから血糖値が上がるのではなく、血糖値が上がることで様々な病気が起こってくる危険性が高いということです。 失礼ながら体重もオーバー気味のようですし、「自分でも気づかないいちに食べ過ぎて」しまう習慣も改められるべきでしょう。これらの要因を自己コントロールできないのであれば、薬物療法を強化してもらうべきだと思います。 子宮筋腫に対するホルモン治療については、まず平素の糖尿病治療がうまくいくようになってから、糖尿病の主治医とよく相談されて再開を検討されるべきでしょう。 以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました。参考になりました。

医療 についての関連する質問