JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

3か月ほど前から右腕の肘関節から腕の外側筋肉にかけて鈍痛が続いています。 モーラスパップや保冷剤などで手当てしていますが治りません。 実は鈍痛が始まる少し前に線維筋痛症の女性と

解決済みの質問:

3か月ほど前から右腕の肘関節から腕の外側筋肉にかけて鈍痛が続いています。
モーラスパップや保冷剤などで手当てしていますが治りません。
実は鈍痛が始まる少し前に線維筋痛症の女性と交わりがあったので少々気になっているんですがどうなんでしょう。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

線維筋痛症がヒト⇒ヒト感染することは知られていません。

これで回答になっているでしょうか?

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.

線維筋痛症の懸念はないのですね。

かれこれもう3か月ほどの鈍痛が続いている原因は何なんでしょう。

ただの筋肉痛や腱鞘炎にしては、湿布やアイシングの手当てをしているにも関わらず少々長すぎると思い、何か他に原因や病名があるのかと思っているんですが。

環境としてはゴルフを練習を含めクラブを振ることが多いんですが、スイングには全く影響もないことと、仕事でPCを使いマウスを頻繁に使っていることです。

普段の生活に然程支障がないのですがこのまま様子を看ていていいものか、鈍痛が長すぎる観ありなのでどうしたものかと気になっています。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。

①「肘関節から腕の外側筋肉」というのは、以下の写真AとBのどちらに近いですか?

A http://arbor.life.coocan.jp/12golf01.gif
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

B http://kotoseikeigeka.life.coocan.jp/13gaisokujouka04.gif

②首を悪くされたことはありませんか? 首を大きく回したり、後方に反らすことで腕の痛みに変化が生じることはないでしょうか。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.

症状としてはBですね。

ジッとしていれば殆ど違和感もなくなんですが、急に痛みが走ったりすることもあり、腕を曲げると鈍痛の症状がでます。

起床時に鈍痛が強く今朝も起きた時に痛かったんですが、痛くて腕を曲げられないこともなく、4~5回ほど曲げ伸ばしをすれば痛みも軽減されます。

就寝体制は腹ばいに近い状態で寝ていることが殆どなので、腕が身体の下敷きになってることもあるのかと想像せいて、起床時に痛みが強いのかとと思っていりところです。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。

雑巾を絞ったらその部位の痛みは強くなるでしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.

はい一時的に痛みが強くなることがあります。

湿布薬はモーラスパップかロキソプロフェンNaを使っていますが、皮膚に炎症が出るようになり今は控えています。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、相談者様は「上腕骨外側上顆炎」を患われている可能性が高いと考えます。
http://kotoseikeigeka.life.coocan.jp/13jouwankotugaisokujoukaen.html

ゴルフやPC作業が発症の遠因になっていたかもしれません。

実のところ、このような筋肉や腱の炎症に、貼り薬の類いはあまり効果が期待できません。
皮膚に貼って、その深さまで薬効成分が浸透することが期待できないからです(ちなみに、日本は世界に冠たる「湿布王国」で、他の先進国では鎮痛剤を主成分とする貼り薬はほとんど使用されないそうです)。

アイシングも、アイスノンのような保冷剤では十分に患部の温度が下がらないと言われています。

長引いているようですから、いちど然るべき整形外科医療機関を受診されてはと思います。
スポーツ医か、手の外科の専門医がよいでしょう。

【日本整形外科スポーツ医学会認定スポーツ医名簿】
http://www.jossm.or.jp/meibo/index.html(体のどの部位が専門なのかも表示されます)

【日本手の外科学会 専門医一覧】
http://www.jssh.or.jp/ippan/senmon/senmoni-meibo.html

「近所の整形外科医院」はあまりお勧めしません。
私見としては、背骨、肩、手、股関節、足といった領域の整形外科的問題に関して、専門性が無い個人開業医を受診することは、そのために要する時間とお金に見合わないことが大多数だと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問