JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

レンドルミン0.25㎎を毎晩服用しています あまりのみ続けたら癖になると思い中止してマイスリーに変更したところ、焦

解決済みの質問:

レンドルミン0.25㎎を毎晩服用しています
あまりのみ続けたら癖になると思い中止してマイスリーに変更したところ、焦燥感、不安感、発汗などが出現しました。離脱症状でしょうか?
レンドルミンは長期に服用しても大丈夫でしょうか?
また離脱症状なしに辞める方法はありますか?
今、服用3ヶ月くらいです。
また、マイスリーが合わないのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

レンドルミンやマイスリーを含む大多数の睡眠薬は化学的には「ベンゾジアゼピン化合物」に分類されます。

ベンゾジアゼピンは、耐性と依存性、長期的(4~8週間以上)服用時の副作用のために、国際的には処方が厳しく制限されているお薬です。
ベンゾジアゼピンをこのように無原則に使用できる国は先進国では日本だけです。このベンゾジアゼピン依存の問題は昨今では一般マスコミにも取り上げられ、社会問題化しつつあります。

【抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-43.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

【向精神薬依存 8割、投薬治療中に発症 「医師の処方、不適切」】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

3ヶ月連用されていたのであれば、レンドルミンに対する依存性が生じている可能性は高いでしょう。
従いまして力価が低い(弱い)マイスリーに切り替えたことで離脱症状が起きた可能性も高いと思います。

依存症の生じやすさには個人差がありますが、レンドルミンを3ヶ月服用しただけで、しかも中止したのではなくマイスリーに置換しただけで典型的な離脱症状が現れていますから、相談者様はベンゾジアゼピン依存を呈しやすい体質の方なのだと思われます。

離脱症状を最小限に留めて睡眠薬を中止する方法は、ごくごく少量ずつ睡眠薬を減らしていく「漸減法」がほぼ唯一の方法です。
主治医とよく相談されて、レンドルミンの減量を図られることをお勧めいたします(もっとも、日本では、「睡眠薬の離脱症状など無い」と言い出す精神科医も珍しくないのですが)。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問