JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14313
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして、福岡県に住んでおります。現在の持病は中枢生尿症と糖尿病です。糖尿病になって約10年になります。現在、ア

質問者の質問

はじめまして、福岡県に住んでおります。現在の持病は中枢生尿症と糖尿病です。糖尿病になって約10年になります。現在、アクトス15を服用し、中枢生尿崩症の方はミニリンメルトを服用しています。中枢生尿症と診断されてから1年6ヶ月ですが、私が悩んでいるのは両下腿の痺れと疼きです。糖尿病になって2年位後に脚が疼き毛布を足にかけたらピリピリする程でしたが、現在は疼きと痺れです。糖尿病専門医等あちこちの病院にみてもらいましたが、糖尿病からくる神経障害ではないとのことです。九大病院の診療内科では身体性表現障害と言われましたが、全くの見当違いだと思います。この疼きと痺れは安静時のみです。これは、中枢性疼痛ではないでしょうか?どこでみて貰えば良いでしょうか?どうぞよろしくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

①「中枢性疼痛」を疑われている理由を教えて下さい。

②睡眠専門外来を受診されていますが、例えばここでは、レストレスレッグス症候群(むずむず脚症候群)を疑って診断や治療が行われたのでしょうか。

③糖尿病のコントロールは良好ですか? 最近のHbA1cの値を教えて下さい。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.
1) 中枢性疼痛を疑っているのは、中枢性尿崩症だからです。素人の考えです。
2)睡眠外来は、ムズムズ足症候群を疑われ薬ももらっていましたが、全ての薬は効きませんでした。
3) 現在のHba1cは、6.8です。3環系の抗うつ剤も効きませんでした。
大学病院の神経内科を受診しましたが、気のせいですませられました。
以上、よろしくお願いします。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

④中枢性疼痛は、一般的には中枢神経(脳と脊髄)の傷害(出血や梗塞)などに続発する難治性の疼痛です。「疼きと痺れは安静時のみ」という特徴も一般的ではありません。
中枢性尿崩症も、6割の方は脳梗塞などに続発して起こりますが、相談者様の場合も、脳卒中の既往があり、それに続発して尿崩症が起きたのでしょうか?

⑤ペインクリニックを受診されたことはないでしょうか?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.
ご回答有難う御座います。
私の中枢性尿崩症は、特発性で原因不明で難病指定されています。
脳梗塞などは患っておりません。
また、ペインクリニックは行ったことはありませんが、これは考えられるとしたら何の病気なのでしょうか?
今でも、ベッドに横になっていますが、両足だけがズキズキします。
これが酷くなったら膝の下まで疼いて痛いです。
以上、よろしくお願いします。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えません。
また、ここまでいただいた情報から、見当が付く、可能性が高いと思われる疾患も頭には浮かびません。

現実世界で糖尿病専門医、睡眠専門外来、診療内科、精神科、整形外科、そして神経内科を受診されて診断が付かなかった病態を、ここで具体的に示唆することは難しいと思います。
ただ、あくまで印象として、「身体性表現障害」ではないように、私にも思われます。

ペインクリニックは、

1. 原因不明の痛み

2. 原因はわかっているがその原因を取り除けない痛み

の治療に有用な診療科です。

相談者様の場合は1.としての受診をお勧めすることになります。
ペインクリニックで行われることが考えられる治療方法としては(既に試みられたものがあるかもしれませんが)、リリカ(神経障害性痛治療薬)、ノイトロピン(神経障害性痛治療薬)、メチクール(ビタミンB12)、オパルモン(血流改善剤)、抗てんかん薬、抗うつ薬(トリプタノール以外にも選択肢はあります)といった薬物療法やブロック注射が想定されます。

ここまで色々な病院、それも決してレベルが低くない病院の複数の診療科を受診されて診断が付いていませんから、いったん診断は後回しにされて対症療法をお求めになることも一つの選択だとかんがえます。

以下のサイトから、ペインクリニックを検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【全国|ペインクリニック≪痛みの治療専門医≫検索|PAIN.NE.JP(ペインクリニックジャパン)】
http://www.pin.ne.jp/

以上、ご参考になれば幸いです。

医療 についての関連する質問