JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

13歳女子の親です。クラシックバレエとバスケをやっています。昨年10月にバスケの部活中に左足首骨折をし、1ヵ月ギプス

解決済みの質問:

13歳女子の親です。クラシックバレエとバスケをやっています。昨年10月にバスケの部活中に左足首骨折をし、1ヵ月ギプス固定をしました。年明けから元通りスポーツをしても良いと言われ、アンクルクロスを付けて部活に復帰しました。その後、度々捻挫をしてしまいその度に冷していたのですが、最近は毎日のように捻挫をするので整形受診したら靭帯不全で不安定、ストレスレントゲンでは亜脱臼のレベルとのことで、スポーツを続けるなら手術をと勧められたのですが、保存的には無力でしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんばんは。猫山と申します。
各種スポーツイベントで大会ドクターを務めています。

靭帯不全と診断されたということは、足首の関節を繋ぐ靱帯の一本、もしくは複数本が切れていることを意味(示唆)しています。
切れた靱帯は自然には繋がりませんし、「亜脱臼のレベル」ということであれば足首関節の安定性は低くなっており、それ故に捻挫を繰り返し、その結果としてさらに足首関節が不安定になるという悪循環が生じていると考えられます。

足首関節の場合は骨と骨が靱帯で繋がっていますので、膝や肩の場合のように断裂した靱帯の機能を筋肉を鍛えて補うということができません。

保存的治療でクラシックバレエやバスケットボールが行えるようになることは無いと思います。
手術を勧めた主治医の判断に私も賛成です。

手術は関節鏡手術になると思いますので通常は2~3cm程度の傷が3ヶ所できることになると思います。ただし、その場所や大きさ、個数は、断裂している靱帯の場所や本数によって変わってきますので、主治医とよく相談されて下さい。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

早速の返信ありがとうございます。やはり手術が必要なのですね。靭帯はエコーでも診てもらったのですが、一部分は繋がっているが、少しずらして見ると真っ黒い隙間があり、ここは繋がってませんねと言われました。踵を椅子に乗せ、すねを押すと正常な右足首と比べ、スライドするというより、すねの骨が上に浮く感じです。ストレスレントゲンは足首を内側に捻って撮ると、右足に比べズレて写っていました。踵を前に引いて撮ると引き出しという状態だと言われました。再建術という手術を勧められたのですが、その主治医は手の専門医で私にはできない、関節鏡の事も聞いたのですが関節鏡で手術をする病院も分からないとのことで、どうしたら良いか悩んでいます。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

足外科の専門医の手術を受けられるべきであると考えます。

足は骨の数も多く、神経や筋も入り組んでいるので、整形外科の中でも専門性が高い領域です。
下記のサイトから、日本足の外科学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。
現主治医に紹介状を書いてもらい、受診されて下さい。

【日本足の外科学会認定 専門医一覧】
http://www.jssf.jp/general/hospital/index.html

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問