JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私は5年前から下半身の痛みがあり、整形外科の診断では脊髄関係からの痛みではないので、痛みの医師に診断してもらいなさい

解決済みの質問:

私は5年前から下半身の痛みがあり、整形外科の診断では脊髄関係からの痛みではないので、痛みの医師に診断してもらいなさいということで、現在痛みの医師に治療を受けており、神経障害性疼痛との診断です。痛みは一向に改善されず苦しんでおります。どのようにしたらよいでしょうか、治療方法も含めご意見をお願いします。(私は79歳6か月の女性です)
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

「治療方法も含めご意見をお願いします」とのことですが、実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では治療の指示は行えませんので、一般論を提示させていただき、それに基づいて主治医と相談していただく形になります。

少し補足情報を下さい。

①「痛みの医師」とは、ペインクリニックの麻酔科医のことでしょうか。

②ツムラ18、リボトリソール、トレドミンのうち、リボトリソール、トレドミンについて、それぞれの1日量(mg)を教えて下さい。

③他の治療は行われたことはないのでしょうか。

④「痛みは一向に改善されず苦しんでおります。どのようにしたらよいでしょうか」というご質問を、主治医にはされましたか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

1 神経痛やリュウマチの専門医です。

2 ツムラは朝、昼、晩の食事前2.5g リボトリソールは夕食後0,2g 就寝前0,1g トレドミン朝食後0,5錠 夕食後0,5錠

3 2年位前リリカカプセル75mgを朝、夕食後服用したが痛みは改善されなかったので中止した。

4 主治医の先生には苦しみを話しており、先生も薬をいろいろ考えているようです。

この病気は不治の病なのでしょうか。先生のご意見お願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

神経障害性疼痛とは、怪我や慢性的な刺激、手術などがきっかけとなり、末梢神経が傷つくことが原因で、もしくは時には何のきっかけも無く、慢性疼痛が続くと病態のことで、近年では、末梢神経だけではなく、痛みの信号を中継する脊髄や、その信号を受け取る脳のある部位も神経障害性疼痛の原因の一端を担うことが知られてきていま す。
http://www.naoru.com/toutuu.htm
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

敢えて単純化して申し上げれば、神経の異常興奮や混線が起きてしまったような状態です。

治療としては、通常の鎮痛剤は効きません。
神経の信号の伝達を統制するようなお薬(相談者様も試されたリリカ(ただし有効用量は1日300~600mgですので、相談者様が服用された倍以上の用量を服用しなければ効果が期待できません)、一部の抗てんかん薬、抗うつ薬)の服用や、程度によっては神経ブロック注射などが必要になります。

神経の興奮・混線は神経障害性疼痛が続けば続くほどもつれていく傾向がありますので、出来るだけ初期に適切な治療を受けておくことが重要です。
神経障害性疼痛の治療はペインクリニックにて行われます(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)ので、お早目の受診をお勧めいたします。
以下のサイトから、ペインクリニックを検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。現在の主治医に紹介状を作成してもらって受診されて下さい。

全国|ペインクリニック≪痛みの治療専門医≫検索|PAIN.NE.JP(ペインクリニックジャパン)
http://www.pain.ne.jp/

以上、ご参考になれば幸いです
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答・ご指導いただきありがとうございます。

先生のご指導の最後に「現在の主治医に紹介状を書いていただき、ペンクリニック専門の医師に診断してもらう」とありましたが、私も常づね他の医師の診察を受けたいと思っておりましたが、現在の医師の感情を害し見放されるのではないかと危惧し、言い兼ておりました。先生のアドバイスに勇気づけられました。

このような紹介状は一般にあっさり書いていただけるのでしょうか。

またお願いの仕方について留意点があれば教えてください。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
とても難しい質問です。
「お願いの仕方」に秘訣はありません。
今や転院やセカンドオピニオンは患者様の当然の権利となっておりますので、「ペインクリニックを受診したいので紹介状を作成してほしい」というだけで紹介状を作成してもらえる……べきです。
しかし残念ながら、相談者様が懸念されているような反応を示す医師が、まだ少なからずいることも現実です。
へそを曲げる医者はどのように頼んでもへそを曲げますし、書いてくれる医師はどうお願いしても紹介状を書いてくれます。
相談者様の主治医が前者でありそうならば、ペインクリニックにあらかじめ電話で確認した上で紹介状なしで受診されてもよろしいかと存じます。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問