JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

昨夜、仕事中、突然、空腹感を感じました。食べ物を買いに行きましたが、足に力が入らず、倒れるまではいきませんでしたが、かなり不安定な状態になってしまいました。エネルギーゼリーを食べ、

解決済みの質問:

昨夜、仕事中、突然、空腹感を感じました。食べ物を買いに行きましたが、足に力が入らず、倒れるまではいきませんでしたが、かなり不安定な状態になってしまいました。エネルギーゼリーを食べ、深呼吸を繰り返し、症状は軽くなりましたが、理由は何だったのでしょうか? ちなみに、ふくらはぎに圧着のサポーターをしていて、それも、外しました。何卒、よろしくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
おはようございます。

少し補足情報を下さい。

①「昨夜、仕事中、突然、空腹感を感じました」とことですが、具体的には何時くらいでしたか? 夕食前だったのでしょうか? それとも食後でしたか? だとすれば食後どれくらい経っていたでしょう。

②冷や汗や動悸、手指のふるえ、といった症状は伴っていませんでしたか?

③これまで、健診などで血糖値やHbA1cの値の異常を指摘されたことはないでしょうか。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.
① 19:00頃です。 昼食を取り、5時間後ぐらいでしょうか。 昼食は量が少なかったです。
② 少し呼吸が乱れましたが、それ以外の症状はありませんでした。
③ これまで、血糖値の異常を指摘された事は、ありません。
何卒、よろしくお願い致します。
あと、半年前に適応障害になってしまい、現在、1日1錠のペースでデパスを朝8:00頃服用しています。 昨日も、それ以降は、服用していません。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

④適応障害でどのような症状が現れたのかを教えていただけますか? デパスはその症状に効いているでしょうか。

⑤最近、デパスの効き目が弱くなってきた、短くなってきたような自覚は無いでしょうか。

重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

④症状は、(発症原因は、統括していたチームが会社に大きな損害を与えかねないミスをしてしまい、責任を感じて、症状が出ました)

不安を感じる、物事が悪い方向に行くのではないかという大きな心配、浅い呼吸、無気力感、脱力感 などです。今年2月から通院・服用し、転職し、環境も変えました。

新しい職場は、まだ、1ヶ月なので、はじめは、1日0.5mg を3回に分けて、症状を見ながら。今は、先述致しました1日1錠で過ごしております。(昨夜、足の脱力感が、ある程度治った後、帰路につく前に、念の為、2錠目を服用しました)効果は認められ、今や、お守りになっています。もちろん、通院しているメンタルクリニックの先生の指示の範疇で、服用をしています。

⑤確かに、服用しはじめた数ヶ月前に比べると、効果は、やさしく、丸くなった気が致します。しかし、少なからず、症状が出てしまった際、服用すれば、身体の緊張は取れますし、呼吸も、安定致します。

現在は、朝の1錠で1日を乗り切れるようになり、週末は、0.25mgを必要に応じて、服用し、全く服用しない日もございます。

長くなり、恐縮ですが、何卒、よろしくお願い致します。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

デパスを、「昨夜、足の脱力感が、ある程度治った後、帰路につく前に、念の為、2錠目を服用しました」ということですが、効果があったのであれば、昨夜のエピソードは軽度のパニック発作であった可能性が高いと考えます。

低血糖が、パニック発作の誘因になりうることは広く知られています。

パニック発作の基盤には、耐性によるデパスの効果減弱、それによる離脱症状が考えられます。

デパスは化学的にはベンゾジアゼピン化合物に属します。
ベンゾジアゼピンは、耐性と依存性、長期的(8週間以上)服用時の副作用のために、国際的には処方が厳しく制限されているお薬です。
ベンゾジアゼピンをこのように無原則に使用できる国は先進国では日本だけです。このベンゾジアゼピン依存の問題は昨今では一般マスコミにも取り上げられ、社会問題化しつつあります。

【抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-43.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

相談者様は半年間デパスを連用されていますので耐性が生じており、かつ、服薬回数を減らしたために、午後以降、離脱症状が現れやすくなっていると考えられます。

「今や、お守りになっています」とのことですから、心理的にもデパスに依存してしまっている可能性があります。

主治医と相談されて、デパスの服用法の工夫、長時間作用型の抗不安薬への置換について相談されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問