JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14382
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

妻(53歳、団体職員パート勤務)が、隣家に対して長年にわたり、家を双眼鏡で覗く、わざわざ遠回りして隣家の前を車で通過

解決済みの質問:

妻(53歳、団体職員パート勤務)が、隣家に対して長年にわたり、家を双眼鏡で覗く、わざわざ遠回りして隣家の前を車で通過する、家の周囲を徘徊する、家人の後を追跡するなどのストーカー行為を繰り返し、何回もトラブルをおこしました。(家宅侵入、窃盗、器物破損はしていません)。隣家に近づかないと誓約書をかかせ、再びトラブルを発生させたら離婚すると約束させ、隣家にも自分で二度としないと詫びたにもかかわらず、深夜に徘徊したり、従前と同じ行動を繰り返したため、強い苦情の申し出となりました。隣家以外のところでは、同じような行動はせず、隣家に対し恨みつらみがあるわけではなく、特別にうらやむような家でもありません。妻になぜこんなことするのかと聞くと、わからないと意味不明な回答しか返りません。自分のやっていることをおかしいと思わないかと聞くと、思わないと開きなおる始末。道理を尽し、情に訴え、子どもがかわいそうではないかと説得しても妻の行動は変わりません。自分のしたことについて、あまり反省している様子も見えません。昔から他人のことを詮索するのが過剰な傾向はあり、これ以前にも隣家に無断侵入してトラブルとなり2回転居をした実績があります。家庭内や職場では全く正常な行動をしており変だと言われたことはありません。自己の衝動の抑制がきかず、なぜ判断能力がなくなるのか理解できません。通常の思考では理解不能であり、これは性格であるのか、心の病なのか教えていただきたいのです。人格障害の一種なのでしょうか。ただし子供時代はごく普通の家庭に円満に育ち、問題のある行動はなかったと聞いています。自分に問題があると自覚しないと、事態は改善しないはずですが、本人は病気ではないといい診断を拒否しています。病気の場合直すことができるのでしょうか。どのような治療になるのでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

実際に奥様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えません。
診断あっての治療ですので、「直すことができるのでしょうか」「どのような治療になるのでしょうか」というご質問にも回答することは困難です。

少し補足情報を下さい。

①「これ以前にも隣家に無断侵入してトラブルとなり2回転居をした実績があります」とのことですが、これは、現在のトラブルも含めると計3回、隣家に対してだけ異様な執着を示すということでしょうか?

②そして、一貫して「家庭内や職場では全く正常な行動をしており変だと言われたことは」無いのですか?

③「他人のことを詮索するのが過剰な傾向」で、隣家以外とのトラブルを起こしたことも無いのでしょうか?

④「子供時代はごく普通の家庭に円満に育ち、問題のある行動はなかったと聞いています」とのことですが、奥様方のご親族と本件についてご相談されたことはありますか?

⑤「自分のやっていることをおかしいと思わないかと聞くと、思わないと開きなおる始末」とのことですが、それは、本当は異常だとわかっているけれども開き直っているということですか? 奥様なりにご自分の行為を正当化する理屈があるのでしょうか。それとも、本当はご自分でも異常だとわかっているのに止められないのでしょうか。

⑥「隣家に近づかないと誓約書をかかせ、再びトラブルを発生させたら離婚すると約束させ、隣家にも自分で二度としないと詫びたにもかかわらず」、離婚はされないのですか?

⑦これまで精神科医療機関を受診されたことはないのでしょうか? 奥様を受診させ、かつ定期的に通院、必要ならば服薬させる、カウンセリングを受けさせることはできそうですか?

⑧具体的に、なぜ隣家に対してストーカー行為を行うかはおわかりですか(金銭、恋愛、その他被害妄想など)?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

①隣家ばかりです。最初は隣部屋、2回目は、通路を挟んだ真向い、今回は30メートル離れている一軒家です。

②ありません。

③ありません。

④前回、今回2回話し合いました。

⑤自分の行為を正当化する理屈はありません。全く論理的な理由を聞いたことがありません。追及すると会話を打ち切ろうとします。自分の異常に気がついているのか判然としません。自制が聞かないようです。

⑥現在、検討中です。

⑦2つ受診、1件は神経症かもしれないといわれ、もう1件は病気ではない性格だといわれました。病気であるならば何としても通院させたいと思います。

⑧わかりません。金銭面は不自由していないはずです。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
おはようございます。
ご返信ありがとうございます。

考えられるのは、大きく人格障害(パーソナリティ障害)、発達障害、何らかの精神疾患です。
前2者は生まれつきの障害ですから、治る・治らないというものではありません。その障害を持ったまま、現実に適応するための訓練が治療ということになります。
精神「疾患」であれば治りますが、これには、薬物療法やカウンセリングなどが必要です(もちろん、他の疾患領域のあらゆる疾患と同様、100%治るわけではありませんが)。

これらの仕分けのために、もう少し詳しい情報が必要です。

⑨奥様方のご親族と「前回、今回2回話し合いました」とのことですが、その内容は? 奥様のお若い頃の言動についての情報は無いのでしょうか。つまり、何でもなかった方がある時期を境に疾患を「発症」したのか、十代・二十代の頃から認められていた傾向が年齢を経るにつれて極端に現れるようになってきたのか、という情報が必要です。

⑩「全く論理的な理由を聞いたことがありません。追及すると会話を打ち切ろうとします。自分の異常に気がついているのか判然としません。自制が聞かないようです」とのことですが、それでは診断の見当が付きません。客観的な診断指標が無い精神科領域の診断においては、患者様の談話内容がもっとも重要な情報源になります。ご自分の行為について奥様が断片的にでも口にした内容を、思い出せる限りご記載下さい。例えば2回の精神科受診歴があるわけですし、それなりの診断は付いているわけですから、診察室の中ではなにがしか説明はしているわけですよね?

憚りながら、質問内容の難易度に比して、情報リクエストに対する相談者様の返信は簡素に過ぎます。実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談ですから、相談者様から詳しい情報をいただけなければ当方としてもヒントを掴むことができません。この点、ご理解いただけますと幸いです。

もう一つ、条件が満たされた時に離婚を実行に移さないのであれば(その覚悟が無いのであれば)、今後は「隣家に近づかないと誓約書をかかせ、再びトラブルを発生させたら離婚すると約束させ」るようなことはなさるべきではないでしょう。
約束を守れなくとも離婚はされないことを奥様が学習してしまえば、相談者様との約束は今後どんどん軽んじられていくことになりかねません。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答ありがとうございます。

⑨話し合いの内容は、前回(20年前)は、引き起こした事件の概要説明と家族からの本人へ二度としないように話をしてもらいました。私への不満が理由というわけでもなく原因は曖昧のままでした。先方の申し入れにより転居をして、私は単身赴任しました。今回は、事態の説明と転居を求められ実家に帰ってもらうことにしました。いずれも妻の若い時には何も不審な言動はなくなぜそんなことをするのかわからないとのことでした。結婚後23歳のときにアパートの他人の玄関ドアを妻が覗きこんでいるとの指摘を大家から受けたのが妻の不審な行動を知った最初です。24歳で他人の部屋に入り込んだ事件がありました。

⑩2回の病院受診は20年前ですが、二人で行き私が医者に説明して本人はあまりしゃべらなかった記憶です。なぜするのと質問しても、はっきりと自分で理由が見つからないのか黙り込んでしまうばかりです。自分のしていることおかしいと思わないかと言っても「思わない」と昨日は発言しました。

本人が意識して反省し努力すればこうした行為は止めることができると思うのですが、本人が自覚できているのかが分かりません。普段の行動は正常な人と変わらないが、損得勘定や失うものの大きさを考えれば、絶対やらない行動をしてしまうのは心に問題があるとしか思えません。本人がこうした事件を起こしても、あまり悩まない苦しまないのは障害があるとしか思えません。

本人に自分に問題があることを自覚させる方法はありますか。

質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答ありがとうございます。

⑨話し合いの内容は、前回(20年前)は、引き起こした事件の概要説明と家族からの本人へ二度としないように話をしてもらいました。私への不満が理由というわけでもなく原因は曖昧のままでした。先方の申し入れにより転居をして、私は単身赴任しました。今回は、事態の説明と転居を求められ実家に帰ってもらうことにしました。いずれも妻の若い時には何も不審な言動はなくなぜそんなことをするのかわからないとのことでした。結婚後23歳のときにアパートの他人の玄関ドアを妻が覗きこんでいるとの指摘を大家から受けたのが妻の不審な行動を知った最初です。24歳で他人の部屋に入り込んだ事件がありました。

⑩2回の病院受診は20年前ですが、二人で行き私が医者に説明して本人はあまりしゃべらなかった記憶です。なぜするのと質問しても、はっきりと自分で理由が見つからないのか黙り込んでしまうばかりです。自分のしていることおかしいと思わないかと言っても「思わない」と昨日は発言しました。

本人が意識して反省し努力すればこうした行為は止めることができると思うのですが、本人が自覚できているのかが分かりません。普段の行動は正常な人と変わらないが、損得勘定や失うものの大きさを考えれば、絶対やらない行動をしてしまうのは心に問題があるとしか思えません。本人がこうした事件を起こしても、あまり悩まない苦しまないのは障害があるとしか思えません。

本人に自分に問題があることを自覚させる方法はありますか。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

⑪奥様は、日常生活の中では善悪の判断はできるわけですよね? もしも、近所の人間がお宅を覗いたり、ご家族をつけ回したらどう思うか、訊いてみて下さいませんか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

妻となかなか直接話すことができず回答が遅れました。

⑪「怖いと思います」の回答でしたが、怖いことをする自分をどう思うのかの質問には「ダメな人だと思います」と回答がありました。自分を怖いと思わないかと問いかけても、黙り込み回答はありませんでした。

なぜそういうことをするのか再度質問しましたが、「わからない」というばかりで自分でも理由を見つけられないようです。夜中になぜ人の家に行ったのかの問いには、夜なら見つからないだろうと思ったとのことです。繰り返し忠告しているのになぜいけないことだと思わないのかと言っても、覗いたり徘徊するその時は、頭のなかから消えていて自制心が聞かないみたいです。わからなければ許されるとするずるい考え方を感じました。

怖い行為をする自分だということを自覚するよう繰り返し話ましたが、おとなしく聞いてはいましたが、どこまでわかってくたかは、わかりません。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

もうこれ以上、奥様から情報を引き出すことは難しそうですね。
「自分でも理由を見つけられない」というのは正直なところでしょう。

実際に奥様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ここまでのご記載を拝読する限り、「強迫性障害(OCD)に近い病態」なのではないかと考えます。
明確な診断名は、おそらくどこの病院に行っても付かないでしょう。

問題となっている行動以外では異常な徴候を示されていないことから、奥様は精神病性の病態を呈しているのではないと思います。

強迫観念とも言える、自分でもコントロールできない衝動性・思考に基づいて、ストーカー行為という強迫行為を行ってしまうと解釈するのがもっともしっくりくるように思います。
http://www.npsybt.jp/OCD2.html
http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1142330809095253001
↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑

奥様に治療意欲があるのであれば、SSRI(選択的再取り込み阻害薬)と呼ばれる薬物療法と、認知行動療法と呼ばれる精神療法は援用が可能でしょう。
しかし、既に症状が年余に渡っていますし、奥様ご自身の病識(自分が病気だという認識)も希薄になってしまっているようですので、予後については楽観的なことは申し上げられません。

また、日本では、SSRIをOCD治療用に適切に使える精神科医は少数派で、認知行動療法となると、行われている施設すら限られます。
私が知る限りでは、この標準療法を適切に行える医療機関は日本で2もしくは3ヶ所のみです。

1つは、佐賀県にある肥前精神医療センター。ここは今や日本における行動療法における総本山的な位置づけになっており、医師対象の研修も行っており、全国から、行動療法に興味がある精神科医が同センターを訪れています。
http://www.hizen-hosp.jp/modules/koudou/event.php?eid=1

往時ほどではありませんが、現在でも日本におけるOCD治療の最高峰ではあろうと思います。すっごく田舎にありますので、「自然の多い療養所」というご要望には当てはまります。
佐賀県にある施設ですが、それこそ往時には、遠方から入院のために患者様が紹介されてきて、退院後は飛行機で通院する、といったことが実際にあったのです。

もう1つ(もしくは2つ)は和楽会です。これは医療法人の名前で、和楽会はいくつかの系列の精神科クリニックを擁していますが、そのうちのなごやメンタルクリニックと横浜クリニックで、本格的な、世界標準のOCD治療がなされています。
彼らがホームページで自ら謳っているとおり、OCDに対して「全国でも数少ない専門的な心理療法を受けられ」る医療機関です。
http://www.fuanclinic.com/med_content/ocd.php

もちろん、他にも、OCDの治療を適切に行える医師はいるとは思いますが、組織として、系統だったOCD治療を行っているのは、私の知識の範囲内ではこれだけです。

私の見解、そして提供した情報に基づいて、相談者様がどう行動されるのかは、相談者様の選択の問題だと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問