JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

ここで話すと返事がくるのでしょうか? 健康診断で肺に影があると言われ、いつも行っている町医者でレントゲンを撮ったと

解決済みの質問:

ここで話すと返事がくるのでしょうか?
健康診断で肺に影があると言われ、いつも行っている町医者でレントゲンを撮ったところ問題無いといわれたのですが、最近痛みがある気がしてちょっと心配になって検索していたらここにたどり着きました。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

少し補足情報を下さい。

①今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか?

②「町医者でレントゲンを撮ったところ問題無いといわれた」とのことですが、町医者とレントゲン検査にどれくらいの信頼を置いていますか? 総合病院の呼吸器専門医にかかってCT検査、という選択肢もあったと思うのですが。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

補足の質問にお答えします。
(1)
急いで精密検査などを受けた方が良いと思われる理由はありますか?
それとも、それほど気にする必要は無いレベルのものでしょうか?

(2)
普段、喘息で通院している病院です。
風邪などの診断はいつも満足しています。
ただ、大きな病院というわけではありません。
また、呼吸器科が専門なわけでもありません。

また、再検査を依頼した時期は、痛みも何も無く、前述のように以前の胸膜炎の影響だろうと思っていたため、わざわざ大きな病院に行く必要はないと考えていました。

なお、喘息は治まっていた小児喘息が19歳ごろ再発。以降、くすりは欠かしませんが、大きな発作が起きるようなことはありません。現在シムビコートと言う吸入薬を一日二回使っています。
ごくごくまれに若干息苦しく感じることはありますが、一日最大4回と言われている吸入回数を超えることはまずない状態です。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

実際に相談者様を診察・検査できない、当然その胸部レントゲン写真も拝見できないインターネット相談では診断行為は行えません。
「それほど気にする必要は無いレベルのもの」かどうか、従いましてここで判断することはできません。

「急いで精密検査などを受けた方が良い」と私は思いますが(精密検査と申しましても、この場合はとりあえずは胸部CT検査で十分です)、それは、敢えて申し上げれば哲学の問題だと思います。

健康診断における胸部レントゲン写真は、技倆不明の一人の医師(呼吸器専門医である場合も、アルバイトの他科医師である場合もあります)が、短い時間で多くの写真を読影します。当然、精度は高くありません。しかし「何か正常ではない陰影がある」というパターン認識で「要再検査」というスタンプを押すわけです。

非専門医のもとで、やはりレントゲンという同じ精度の検査を受けるのでは、再検査の意味がないと私は思います。

自分の体を、同じ目の細かさの篩い(ふるい)で二度ふるうことに意味はないと思うからです。
同じように被爆するならば、健康診断で行ったよりも精密な検査で、専門医の目で検査所見と自身を診てもらうことを、私なら望みます。

相談者様も大きな病院の専門医を受診されることをお勧めしたく存じますが、どうされるかは相談者様ご自身の哲学、選択の問題だと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問