JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14312
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

50歳の男です。 6年前に右の肺の自然気胸で手術をしました。現在は普通に生活をしておりますが、入院した当時、左の肺

解決済みの質問:

50歳の男です。
6年前に右の肺の自然気胸で手術をしました。現在は普通に生活をしておりますが、入院した当時、左の肺にも嚢胞があると言われました。右の肺に嚢胞がある人は左に嚢胞があっても普通のことなので今は様子を見るしかないと言われました。また、その時に、今後はスキューバダイビングをしたり、気圧の変化が大きい所には行かない方がいいとも言われました。その際、私が「山に登るのは大丈夫でしょうか?」と聞きましたところ、「普通に人間が登れる山だったら大丈夫ですよ」との答えでした。
今回、海外に行きまして3050メールの山の頂上に車で登る予定です。
一般論で結構ですので、その位の標高の山へ登ることへの意見をいただきたいと思います。
ただ、絶対に登るのをやめたほうがいいと思う場合、その旨のアドバイスもいただきたいです。
宜しくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

おはようございます。猫山と申します。

こちらのサイトがご参考になるかと存じます。
複数の医療機関からなる「気胸・肺のう胞スタディグループ」のQ&Aです。
http://www.lungcare.jp/question.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

相談者様の左の肺の嚢胞はブラ、ブレブのことだと思われます(Q4参照)。

登山ということですが、まず海外に行くために飛行機に乗ることに一定のリスクがあることを心にお留め置き下さい(Q22)。

Q&Aにはありませんが、「3050メールの山の頂上に車で登る予定」とのことですから、気圧変化はそれなりに大きいものでしょう。何%とは言えませんが、リスクはあると思います。

「絶対に登るのをやめたほうがいい」とは思いませんが、気胸の元になる嚢胞がある状態での航空機搭乗、登山ですから、ハイリスクだとは思います。

既に、実際に相談者様を診察・検査している医師が「普通に人間が登れる山だったら大丈夫ですよ」と答えているわけですから、文字情報のやりとりしかできないインターネット相談ではそれを覆すような回答を申し上げることは色々な意味で望ましくないでしょう。

「大丈夫」である可能性が高いとは考えますが、海外での保険など、大丈夫ではなかった場合のセーフティネットは準備されていかれるべきかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問