JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

84歳、要介護4の母、最近、性格が凶暴に成り、暴言、ものを投げつけたり、痴呆症状で、 突然、スイッチが入り、怒り、

解決済みの質問:

84歳、要介護4の母、最近、性格が凶暴に成り、暴言、ものを投げつけたり、痴呆症状で、
突然、スイッチが入り、怒り、イライラします。
何か脳に問題が有るのでしょうか?
脳神経外科で脳の断層撮影を撮ると、何か分かりますか?
専門は何科を受診すれば宜しいですか?
如何したら良いのか、アドバイスお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんばんは。猫山と申します。精神科医です。
かつては老人率が日本一の市の市立病院で神経内科兼任で3年間勤務し、ご高齢の患者様をたくさん診てきた経験があります。

実際にお母様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、84歳で、比較的急激に認知症らしき症状が現れたこと、糖尿病の持病がおありであること、心筋梗塞の希望かある(血管が詰まりやすい)ことから、血管性認知症(脳血管性認知症)を発症された可能性が高いと考えます。
http://www.e-65.net/medicine/category03_4.html
https://info.ninchisho.net/type/t30
↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑

脳神経外科を受診されて脳のMRI検査を受けられれば、微小な脳梗塞が複数出来ていることが確認できると思います。
残念ながら、脳梗塞による認知症、性格変化は治りません。
精神科で鎮静作用があるお薬を用いて全体的に鎮静をかけるほかはありません。

まず脳神経外科を受診して検査をしてもらい、血管性認知症の診断が確定したら、紹介状を作成してもらい、精神科を受診されることをお勧めいたします。

後々のことを考えれば、個人開業のクリニックではなく、他に老健や老人ホームを持っている医療法人が経営する精神科病院を受診されるべきでしょう。
介護保険の担当ケアマネージャーともよく相談して受診先の精神科病院を決められることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

とても、詳しく分かり易く情報、ご説明頂きありがとうございました。

只、精神科と言う処に少し抵抗感が有り、私の認識不足もあり、

精神科の薬は強いのでは?という不安が有ります。

的確なアドバイスを頂き、とても参考になりました。

やはり、治療は精神科処方の薬でないと、対処できないのでしょうか?

35キロまで、やせ細った母に精神科の薬はとても不安です。

これ以上無い程のご説明頂き、感謝致しております。

失礼をお詫びします。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

当然ながら、精神科のお薬にも強いものもあれば弱いものもあります。

ご高齢の患者様の場合、一般成人に比べて副作用は出やすいです。
お母様のように脳に脆弱性はある場合は尚更です。

よって、当初は弱めのお薬を少量から使用していくことになります。

最終的には、お薬を使用することのメリットとデメリットを秤にかけることにならざるをえません。

端的な事実を申し上げれば、認知症の方の精神症状(興奮など)を抑えるために精神科のお薬を用いた場合、用いなかった場合に比べて余命は短くなることが研究によって明らかになっています。

従いまして、「突然キレて暴言、 感情の起伏が激しく、イライラが治まらず、本人もつらそう」であってもご家族が介護できる、また、後々、入所した施設で介護を受けられるのであれば精神科のお薬を用いないに越したことはありません。

しかし経験上、それが出来る場合は多くはありません。
どういった価値観で判断するかは人それぞれですが、現在84歳のお母様が現在の精神症状のまま(一般的に認知症は進行しますのでもっと酷くなっていきますが)「天寿」を全うされるか、お薬によって介護しやすくなって安らかに余生を過ごされ、結果として1~2年寿命が短くなるか、そのどちらを選ぶかは、ご家族の選択の問題です。

ただし、ご家族の介護力、精神症状があっては施設で受け入れてもらえないといった現実面も考えなければなりません。

以上です。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問