JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

海外で生活していますが、悩みや不安感が激しく、ベッドにはいってもあれこれ嫌なことばかり考えて眠れません。辛いので、友

解決済みの質問:

海外で生活していますが、悩みや不安感が激しく、ベッドにはいってもあれこれ嫌なことばかり考えて眠れません。辛いので、友人からロヒプノール、ベンザリン、ヒルナミンをもらいました。ロヒプノールは、なかなか寝付けず、眠くはなるものの半覚醒状態です。ベンザリンは途中で起きてしまい、ヒルナミンはまだ試していません。何か感がてしまう前に眠りについてしまいたいのですが、この3つの薬をどのように服用したらよいでしょうか。ちなみに今、まったく寝付けず困っています。明日は休みなので、1日寝ていられますが、今の状態が辛いので、アドバイス頂けませんか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。
ご指名ありがとうございます。

まず、いかに相談者様が海外にお住まいの方であるといっても、日本の医師法の定めるところによって、ご友人から譲渡されたお薬の使用方法に関する助言はできないことをご理解下さい。

少し補足情報を下さい。

①現地で医療機関にかかることは出来ないのでしょうか?

②夜眠れない以外は、日中の意欲や集中力、活動性などに変化は無いのでしょうか。「悩みや不安感が激しく」ということですが……

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

====================
医師法第20条(抜粋)「医師は、自ら診察しないで治療をし、若しくは診断書若しくは処方箋を交付してはならない」

【無診察治療の禁止(医師の職業倫理指針 - 日本医師会より)】

「患者を直接診察することなく治療・措置を講ずることは、危険性も高く、患者の身体・生命に思わぬ被害を及ぼすことから、医師は、直接患者を診察せずに臨床診断を下し、投薬などの措置をしてはならない。これは、医師法にも定められている。(無診察診療の禁止)
 電話・ラジオ・テレビ・インターネット・手紙・新聞・雑誌などを介して相談を受けた場合に、具体的な診断を下し、さらに治療方法まで指示するようなことはしてはならない。相談内容から必要性があると判断したときは、医師の診察を受けることを勧めるべきである」
http://www.med.or.jp/nichikara/syokurin.pdf(13ページ参照)

【川崎医科大学附属病院 リウマチ・膠原病科ウェブサイトより抜粋】

「インターネットは非常に便利であり、私たちの科では、インターネットや、また時にはメールを、『情報』や『安心』を患者さんに提供するために用いたいと考えています。
しかしながら、医師法20条には『無診察診療の禁止』が記載されており、メールでの医療相談は、これに抵触する可能性があることをご承知下さい。
医療上の具体的な判断や決定は、診療行為となります。
例えば、『血圧の薬を中止してから、頭が重く、血圧を測ったらとても高くなっていました。血圧の薬を再開してもいいでしょうか?』というメールを患者さんから頂いたとします。
これに対し、『血圧の薬を再開して下さい』とメールで返事をすれば、これは医師法違反の可能性があるということなのです」
http://www.kawasaki-m.ac.jp/rheumatology/message14.html
====================

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.
現地で病院にかかることはできますが、かなり高額になってしまうため、行くことができません。仕事が夜なので、日中はやる気もなく、家で横になっています。仕事を終えて帰宅が3時頃すが、そこから眠ることができない状態です。だからと言って日中眠くなることもなく、1日中考え事をして、仕事に行く感じです。日本になかなか帰る事もできず、以前日本で買ってきた市販の導入剤を飲んでいましたが効きません。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.

ご返信ありがとうございます。

③実際に診察ができませんのでこのような方法になってしまいますが、下記のサイトで質問に答え、最後に表示される点数を教えていただけないでしょうか?
https://www.cbtjp.net/qidsj/question/01/

質問者: 返答済み 2 年 前.
21点で、極めて重度とのことでした。ただ、自分ではそこまで自覚はありません。辛いのは、辛いことばかりで考えるのをやめられないことと、それによって眠れない事です。
以前に、心療内科にかかったことがあります。睡眠導入剤と、抗うつ剤を処方されました。5年前くらいです。仕事は嫌なことしかなく、行くのが体調が悪くなるほど辛いですが、顧客の事や責任もあるため仕方なく行っていますが、わずかにある気力を振り絞って出勤し、仕事中は集中して人の話が頭に入らない事があります。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

行っていただいたQIDSは、うつ病の診断や重症度評価のための質問票としては信頼性が高いもので、厚生労働省の研究でも使用されています。
インターネット相談では相談者様を直接診察できませんのでこのような方法をとらせていただきましたが、 QIDSにおける21点は、一般的にはうつ病の診断基準を満たす可能性がきわめて高く、とにかく早急な治療を 要すると判断される結果です。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro/dl/02.pdf

もちろん、相談者様を直接に診察できないインターネット相談で確定診断を下せるわけではありませんが、相談者様がご記載になられている現在のご様子は、病識(自分が病気だという認識)が無いことも含めてきわめて重度のうつ病の症状によるものと考えて矛盾しません。
過去に抗うつ薬を処方された既往もあるのであれば、相談者様が現時点でうつ病を再発している可能性は高いでしょう。

率直に申し上げて生命の危険もある状態です。
市販薬でどうこうなる水準ではありません。
現地で医療機関にかかるなり日本に帰国するなりして、精神科=心療内科を受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問