JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

尾骶骨の痛みと足の痺れ』来月で60歳になる男性です。サラリーマン生活から同様の仕事を個人でやっています。1年程前か

解決済みの質問:

『尾骶骨の痛みと足の痺れ』来月で60歳になる男性です。サラリーマン生活から同様の仕事を個人でやっています。1年程前から足の痺れを感じ、その後、尾骶骨に痛みを感じるようになりました。長時間の運転や椅子に着席が困難になってきました。昨年の時点で、整形外科へ行き、検査等も行いましたが、明確には診断が出ず、坐骨神経痛では?という事で、メコバラミン500(ビタミン)を毎日医者の処方でのんでいます。特に痛む時はロキソニンをのむように言われています。両足先がずーっと痺れたままですが大丈夫でしょうか?運動不足解消の為今年1月から毎朝小一時間ウォ―キングをしています。167㎝で75㎏で痩せるようには言われています。飲酒、喫煙の習慣はなく、甘党です。血圧は常に正常で、高脂血症と痛風の薬をのんでいます。痛風は数値安定したので、2ヶ月前から薬を毎日から1日おきになりました。今まで腰痛はありませんでしたが、腰は気をつけるように言われ、意識して無理はしていません。宜しくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

①「整形外科へ行き、検査等も行いました」とのことですが、どれくらいの規模の整形外科医療機関を受診されて、どのような検査を受けられた上で「坐骨神経痛」という結論に至ったのでしょうか。

②坐骨神経痛では、臀部、太ももの裏、ふくらはぎ、足の裏などに痛み・痺れが生じます。相談者様の症状もそれらの部位に一致して現れているのでしょうか。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

①横浜旭総合病院の整形外科です。レントゲンです。書きましたように「坐骨神経痛」とは診断されていません。可能性として・・・という表現です。

②臀部の痛みと足(太ももでもふくらはぎでもありません。両足全体で、痛みではなく痺れです。)

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

受診されているのは、各分野の専門家が揃った、優れた整形外科であるように思われます。
各科専門化が進んでおりますので、整形外科におきましても、背骨、肩、手、股関節、足といった領域問題に関して高いレベルの診療を受けようと思えば、それぞれの専門医にかかる必要がございます。

③相談者様の主治医は、日本整形外科学会認定背椎脊髄病医・背椎脊髄外科指導医の視覚をお持ちのS崎医師でしょうか?
http://www.ims-yokohama-asahi.jp/med-dept/seikei-geka.html

④坐骨神経痛は病名ではなく症状名です(よって、坐骨神経痛と「診断」されることはありません。「腹痛」という診断名がありえないのと同じです)。
坐骨神経痛は坐骨神経が背骨を出るところから足を下り始めるところまでのどこかで圧迫されると臀部や、太腿の裏側、下肢の裏面・足の裏のだるさやしびれ、痛みなどが現れます。
http://www.oleg-oasis.com/zakotutuu/ZAK1.JPG

最も多い原因は腰椎のヘルニアやすべり症、次にお尻の筋肉によって坐骨神経が挟まれる梨状筋症候群です。
相談者様の症状は、坐骨神経痛としては典型的ではない部分もあるようです。「臀部の痛み」はともかく、両足全体の痺れは、少なくとも坐骨神経の圧迫だけでは説明がつきません。
診断確定のために、MRI検査を行うという方向では話は進んでいないのでしょうか?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

③その方ではなく、若い方で正直何もわかっていないような応答しかいただけませんでした。従って、総合病院ゆえ時間もかかるので、開業医の方に薬処方をしていただいているので現在は通院していません。

④病名でない事は承知しております。

MRI検査が必要ですか?病院も診ていただく先生によって相当違うので、S崎先生を指定(診察前にコンピュータで希望医師を指定できるので)して再診してもらった方が良いでしょうか?それから典型的ではないという事は考えられる事としてどんなケースがありますか?直接診察していただいているわけではありませんのであくまで想定で構いません。こんな事が考えられるという先生の知識だけでもお聞かせ下さい。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

そもそもの主訴が『尾骶骨の痛みと足の痺れ』ですから、腰椎・仙椎のトラブルが原疾患である可能性は高いと考えます。
ただ、坐骨神経の場合は4番目と5番目の腰椎のトラブルで起こりますが、相談者様の場合、もっと多くの椎骨やそれを繋ぐ靱帯、椎間板などにトラブルが起きている可能性が高いと考えます(「多椎間に渡るトラブル」という言い方をします)。
http://blog-imgs-67.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/20140516223624414.jpg
結果として、坐骨神経痛よりも広い範囲に感覚障害(痛み・痺れ)が現れているのではないかというのが私の仮説です。
例えば、腰椎の靱帯骨化症などが考えられると思います。
http://koshiitai.com/byouki_sekichuuzintai2.html

MRI検査は必須だと考えますね。
レントゲンでは骨しか映りませんから、靱帯や腱、椎間板、神経といった軟部組織に何が起きているかは描出できません。
診断のためには、MRI検査が必要です。
その診断に基づいて治療方針が定められることになるでしょう。

前述したように、診察医は脊椎・脊髄専門医であるべきです(そして専門医ならば頼まなく得てもMRI検査をオーダーすると思います)。
S崎先生を指定して再診でもよいでしょうし(カルテが残っている分、他院を受診するよりは話が早いかもしれません)、他の病院の専門医でもよいでしょう。幸い、神奈川県にお住まいのようですから、受診先の選択肢は豊富だと思います。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医簿名】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問