JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Nyarlathotepに今すぐ質問する
Nyarlathotep
Nyarlathotep, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 420
65535416
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Nyarlathotepがオンラインで質問受付中

突然のメールで恐れ入ります。当方パーキンソン病と鬱病で通院中の46歳の女性です。 6月6日に突然背中に激痛が走る様

解決済みの質問:

突然のメールで恐れ入ります。当方パーキンソン病と鬱病で通院中の46歳の女性です。
6月6日に突然背中に激痛が走る様になり、救急車で日赤病院に搬送されました。
問診も検査もしないまますぐ点滴が開始されたのですが、開始10分くらいから両足にむずむず症候群の様な症状が出始めたので医師に点滴を中止して欲しいと頼んだところ、他の先生に相談してみるという事で医師が席を外し、なかなか帰ってこないうちに点滴が終了してしまいました。
具合が悪くなったことは医師に話しましたが、「私は専門家じゃないからこれ以上の対応は出来ない」と言われ、点滴の中身を尋ねたところ辞書を取り出し、「リントンっていう薬みたいね」というお返事でした。
8日になっても症状は改善されず、仕方なく病院に電話して対応策を聞いてみましたが、「調べてからお電話します」という事で、1時間以上待たされました。
病院から電話が来たときはもう18時を過ぎていて、「今すぐ病院に来れますか?」と言われたので、仕方なく救急外来の受付に行きました。
ほどなく名前を呼ばれ、救急外来の診察室ではなく、別室に案内されました。
その後ERの医局長や看護師長さんが入って来られ、別に診察をするでもなく、話半ばで「神経内科の先生が帰ってしまって居ないけど、私が電話でび戻します」という事で、また1時間くらい待たされました。
1時間後、神経内科の医師がみえたので診察になりましたが、そこでダイレクトに「先生はこの薬が本当に合っていると思いますか?」と聞いてみたところ、「ん~・・・」と返事を濁されてしまいました。
ニュープロパッチという鍼薬を出されてその日は帰宅しましたが、そのパッチを貼っても未だにむずむず感は消えません。
もうどうしようも無くなって昨日再度病院に電話しましたが、たまたま私が「アキネトン」を飲んでいたので、「その薬を飲む量を2倍にして様子を見て下さい」と精神科の医師に言われました。
ですがアキネトンは他の病院から処方された薬なので、主治医の先生の許可が無いとむやみに飲めないと思い主治医に電話しましたが、「出張で来週の月曜日まで連絡は取れない」と言われてしまい、もう仕方なく倍にしてみましたが、症状は改善されません。
今まで色々な薬を飲んで副作用が出た事は多々ありましたが、そういう時に出された薬を調べてみると、決まって「抗ドーパミン薬」とか「ドーパミン遮断薬」という効能のある薬でした。
もちろんその事はお薬手帳にも書いてあります。
私が知りたいのは、何故皮膚科の医師の判断でその薬が投与されたのか、リントンという薬をパーキンソン患者に投与しても安全だと確認した上での投与だったのか、どうやったら足のむずむず感が無くなるのかです。
他に飲んでいる薬は
・レンドルミン/1・マイスリー/2・パキシルCR/1・ジアゼパム(頓服)です。
一分一秒でも早くこの症状が無くなる方法がありましたら教えて下さい。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Nyarlathotep 返答済み 2 年 前.
こんにちは。Nと申します。精神科医です。 リントン(一般名ハロペリドール)は抗精神病薬、つまり強力な「抗ドーパミン薬」=「ドーパミン遮断薬」です。 パーキンソン病の症状、うつ病の症状、両方を悪化させる恐れが高いでしょう。 パーキンソン病と鬱病で通院中の患者さんにハロペリドールを、しかも点滴で投与するというのは驚愕の医療ミスだと思います。 > 何故皮膚科の医師の判断でその薬が投与されたのか→全く理解しかねます。 > リントンという薬をパーキンソン患者に投与しても安全だと確認した上での投与だったのか→たぶんよくわかっていなかったか間違えたかしたと思います。リントンはパーキンソン病には危険なので、安全性を確認しようがありません。というか禁忌です。http://www.okusuri110.com/kinki/shipeikin/shipeikin_18.html > どうやったら足のむずむず感が無くなるのか→これはアカシジアという副作用です。もっとも一般的なのはアキネトンの注射です。それでも効果が無い場合はβ遮断薬やクロナゼパムなどが試みられます。いずれにせよ、ご自宅で可能な対処はありません。 以上、ご参考になれば幸いです。
Nyarlathotepをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

遅くなりましたが、返信ありがとうございました。

ご意見を参考にしてもう一度病院に確認してみましたが、「今すぐ来て下さい」という事で、昨夜再度病院に行ってきました。

今回の治療が正しかったのかミスだったのかという事に関しては何度聞いても答えてもらえませんでしたが、私に薬を投与した皮膚科のドクターも含めて、病院側できちんと調査して、回答をもらえる事になりました。

そして、もしかしたら効果があるかもしれないからという事で、「アタラックス」という薬を点滴してきました。

最近「群馬大学病院」での医療ミスが発覚し、地域の人は今回私が治療を受けた赤十字病院を頼りにする様になっています。

もちろん私もそうです。

だからどうしても今回の事の真実が知りたいという願いは家族にも理解されず、周囲からはワガママだと怒られました。

だけど、もしかしたら私の他にも医療ミスで苦しんでいる人がいるかもしれないと思い、昨夜は相当の覚悟で病院に行ってきました。

きちんとした回答が出て、私の症状も治まってくれる事を願うばかりです。

ご回答本当にありがとうございました。

専門家:  Nyarlathotep 返答済み 2 年 前.
どういたしまして。ご快癒を祈っております。

医療 についての関連する質問