JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

お願いします。5/6に尻もちをついてしまい、痛みがひどく、寝返りも起き上がることもできなくなりました。5/18整形を

解決済みの質問:

お願いします。5/6に尻もちをついてしまい、痛みがひどく、寝返りも起き上がることもできなくなりました。5/18整形を受診して、12胸椎圧迫骨折とのことで、5/21コルセットを装着しました。6/10現在寝返りも起き上がりも多少楽になりました。ところが、コルセットがあたる左腰骨のあたりが痛み、立ったり、座ったり、歩く時も痛みがひどくなりました。今では、歩くのにも支障があります。座ったり、屈んだりするときに、足の付け根のあたりにコルセットがあたるからでしょうか?普段は、ベットで横になり過ごしています。横になっているときは、コルセットを外してもいいでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

おはようございます。猫山と申します。

治療方法の指示に当たりますので、相談者様を診察せずして「横になっているときは、コルセットを外してもいいです」と回答することはできかねます(医師法第20条の定めるところにより)。

一般論としては、脊椎の圧迫骨折時には、横臥時には腰椎にかかる負担が少ないため、コルセットを装着する必要はないとされています。

以上、ご参考になれば幸いです。

=========================================
医師法第20条(抜粋)「医師は、自ら診察しないで治療をし、若しくは診断書若しくは処方箋を交付してはならない」

【無診察治療の禁止(医師の職業倫理指針 - 日本医師会より)】

「患者を直接診察することなく治療・措置を講ずることは、危険性も高く、患者の身体・生命に思わぬ被害を及ぼすことから、医師は、直接患者を診察せずに臨床診断を下し、投薬などの措置をしてはならない。これは、医師法にも定められている。(無診察診療の禁止)
 電話・ラジオ・テレビ・インターネット・手紙・新聞・雑誌などを介して相談を受けた場合に、具体的な診断を下し、さらに治療方法まで指示するようなことはしてはならない。相談内容から必要性があると判断したときは、医師の診察を受けることを勧めるべきである」
http://www.med.or.jp/nichikara/syokurin.pdf(13ページ参照)
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問