JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私は現在統合失調感情障害で通院しています。13年前の28歳の時の妊娠6か月目にいきなり発症しました。それからこの13

解決済みの質問:

私は現在統合失調感情障害で通院しています。13年前の28歳の時の妊娠6か月目にいきなり発症しました。それからこの13年間の間、13回も入退院を繰りかえしてきました。
再発は幻聴と妄想が特にひどく起り、隔離室からの入院になります。
そこで妄想と幻聴によるさまざまな奇行を繰り返しました。恐ろしい内容なので思い出すのも怖いです。記憶があります。頭を壁にぶつけたり、ベッドで抑制されたりもしてきました。
今年の三月末に退院してきました。私にとって最長の8か月の入院でした。
四月から転院し、現在は自宅から近い病院へ外来通院しています。
薬は、リスペリドン8㎎、ロドピン200㎎、デパケンR錠800㎎、あと数年前に知覚変容発作を起こしたのでその副作用止めにランドセン2㎎を飲んでいます。
リスペリドンの副作用でずっと生理もありません。
退院してから二か月が過ぎて、体がだるくてたまりません。
今日、診察に急きょ行き、ランドセンを0.5㎎減らしてもらう事になりました。
これで徐々にランドセンが減って体が楽になるといいのですが。
リスペリドンで生理がなくてもいいのでしょうか?
再発が恐ろしくてリスペリドンとロドピンの量を減らすのが怖いのですが、減薬はできるのでしょうか。
今の体のだるさは薬がきつい副作用でしょうか。
今の薬になってから、滑舌が悪くなり、字も書けなくなりました。
私の薬の量はこの病気では多い方でしょうか。
先生方は減薬をどのように行いますか?
再発のしやすい病気なので恐ろしいですが減薬できるものならしていきたいです。
どうかご回答のほど宜しくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。
色々と質問があるようですが、「先生方は減薬をどのように行いますか?」というご質問に関しては「患者様の容態をよく見て考えます」以外に答えようがありません。
患者様の個人差を無視しての教科書的・画一的な減薬の方法はありません。
診断が統合失調感情障害であるならば、減薬が必ずしも必須というわけではありません。
「リスペリドンで生理がなくてもいいのでしょうか?」というご質問に関しては、良くはないと思います、リスペリドンによる無月経はプロラクチンというホルモン値が上昇する副作用のために起こりますが、長期的には骨や心臓に負担をかけると言われています。
お薬の中でも特に副作用が強い抗精神病薬を服用されているわけですから、短期的~長期的にさまざまな副作用を体験することは免れないでしょう。
それでも、統合失調感情障害の症状が防ぐ確率を上げられるメリットが、そのデメリットを上回ると考えられているわけです。
その前提で、ご質問を整理していただけますと幸いです。
基本的にJustAnswerは一問一答のサイトですので、たくさんのご質問を羅列することは避けていただければと思います。
以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
今までにリスペリドンの副作用には散々苦しめられてきました。
痙攣、ひきつけ、時には精神的に乱れて過呼吸にもなりました。
一度、リスペリドンでは高プロラクチンで生理がこないのでエビリファイ24mgに切り替えましたが再発をし、今度はリスペリドン8mgも同時に服薬する事になり、その結果、知覚変容発作を起こし、減薬が必要なのでエビリファイをやめてもらいました。
エビリファイだけのときは生理があったのですが、また今はリスペリドンですので止まっています。高プロラクチンです。
統合失調症にはほかにもお薬がありますが、私にはリスペリドンを最初から処方されており、ほかに生理もきて副作用の少ないお薬がないものかと思ってしまいます。
今回、猫山先生に説明された、生理がないと骨や心臓に負担がくるというお話は初めて聞きました。一番今、不安に思っていることはこのままリスペリドンでいいのか、それともほかにいいお薬があるのか・・・
我が家は糖尿病の家系で祖父も父も糖尿病です。
リスペリドンは糖尿病は心配ないのでしょうか。また、統合失調感情障害だと必ずしも減薬が必要ではないようですが、今までに一度も主治医から病気の説明がなく、統合失調症と統合失調感情障害の違いもわかりません。
なぜ、私は統合失調感情障害になっているのかがわかりません。
どんな病気なのでしょうか。質問が二つになってしまい本当に申し訳ありませんが、ぜひご回答のほどよろしくお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。 失礼しました。女性では高プロラクチン(PRL)血症による心血管系疾患のリスクは証明されていないようです。懸念されるべきは骨粗鬆症や乳がんのリスクです。http://www.nirs.go.jp/information/press/2009/index.php?02_23.shtml↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑ 「今までに一度も主治医から病気の説明がなく、統合失調症と統合失調感情障害の違いもわかりません。 なぜ、私は統合失調感情障害になっているのかがわかりません。 どんな病気なのでしょうか」⇒これは失礼ながら、ご質問として全く問題外です。ご自身の疾患についての説明を受けずに処方されたお薬を服用し続けるなどということは、診療科、疾患領域を越えて、インフォームド・コンセントの観点からあり得ません。主治医にお尋ね下さい。 もう一つのご質問である「一番今、不安に思っていることはこのままリスペリドンでいいのか、それともほかにいいお薬があるのか・・・」については「恐らく、リスペリドンよりもメリットが大きく、デメリットが小さいお薬はある可能性が高いでしょう」としか申し上げられません。あらかじめ相談者様に相性が良い抗精神病薬を知る手立てはありません。試行錯誤が必要です。その試行錯誤もまた、主治医と相談上でなされるべきです。 全体的に、主治医と良好なコミュニケーションがとれておらず、本来ならばご存じでいて然るべきことを相談者様がご存じでないためにこの質問をされている印象を強く受けます。十分な説明と同意の上に治療を行わない主治医なのであれば、転院も視野に入れられてはと思います。 以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.
この四月に今までかかっていた病院から転院しました。今の先生も患者さんが多く診察時間が非常に短いです。
自宅から近い今の病院にしかもう通院することができないので、もう少し診察時間が長く話をよく聴いてくださる先生にかわる事も視野に入れています。
薬の変更は医師との相談で試行錯誤をしていくしかないのですね。
その際の再発が非常に怖いです。エビリファイで一度失敗をしているので。
ランドセンの減薬が始まったばかりなので、すぐにはリスペリドンを切り替えることにはならないと思いますが、その点も含めて統合失調感情障害という病気の説明もしていただくつもりでいます。
最初は統合失調症と診断されそのように思っていたのですが、いつの間にか統合失調感情障害という病名になっていました。
統合失調症に躁鬱などの気分障害があると統合失調感情障害になるようですが、私は自分自身、躁鬱の症状があるのかどうかわかりません。
どういう点で統合失調感情障害と診断されるのでしょうか。
これも、主治医によく相談していくしかないのでしょうか。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
おはようございます。
統合失調感情障害は、仰る通り、統合失調症に、うつ病または躁うつ病といった気分障害の症状が重複した疾患です。
http://allabout.co.jp/gm/gc/436166/
実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんので、相談者様ご「自身、躁鬱の症状があるのかどうかわか」らない中、現主治医が診断を統合失調症から統合失調感情障害に変更した理由はここではわかりかねます。
主治医に尋ねられるしかないでしょう。
抗精神病薬の変更・試行錯誤に伴う病状悪化のリスクは、残念ながら0にはできません。
これも、主治医と相談しながらの、選択の問題ということになるでしょう。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問