JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
レグルスに今すぐ質問する
レグルス
レグルス, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 141
経験:  平成6年医学部卒業、その後臨床に従事しております。
75922418
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
レグルスがオンラインで質問受付中

満80歳の母が長期療養型の病院に入院しているのですが、現在気管支切開を受けて5ヶ月経過しているのですが、気管支切開後

解決済みの質問:

満80歳の母が長期療養型の病院に入院しているのですが、現在気管支切開を受けて5ヶ月経過しているのですが、気管支切開後会話ができずにいます。何とか会話できるようにしてあげたいのですが無理なのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  レグルス 返答済み 2 年 前.
こんばんは、レグルスと申します。
お母様の意識レベルが清明で、自発呼吸をされている場合、
気管切開後でも穴あきカニューレとスピーチバルブを用いれば、会話は可能です。
http://www.pmda.go.jp/files/000143971.pdf
コピー&ペーストしてご覧ください。
こちらはカニューレとバルブの誤接続に関する注意喚起情報ですが、
図がわかりやすく、
穴あきカニューレとスピーチバルブの実物写真が掲載されています。
気管カニューレが入っている場合は、
一番上左側の図のように(丸印の付いた図です)、
スピーチバルブをつけて吐き出す息が声帯に抜ければ声が出ます。
カニューレとバルブの取り扱いにスタッフの習熟が必要ですので、
現状では難しいと判断される可能性もあります。
また、会話が可能になるまで呼吸筋のリハビリが必要になる事もあります。
主治医とよく相談なさったほうがよいと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
説明不足な点などございましたら「評価」をする前にご返信にてご指摘ください。
再度回答させていただきます。
マイナス評価をいただいた場合は、ご返信に回答出来ませんのでご了承ください。
オフラインの時はお時間を頂く場合がございますが、ご返信いたしますので少々お待ち下さい。
レグルスをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問