JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

脳梗塞後の治療

解決済みの質問:

3年強前に3週間治療し、朝夕シロスタゾール50mgx2づつ 朝のみアムロビジン5mg服用していましたが血圧が135-88程度であるため服用をやめています

筋肉痛の感があるためです。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

薬を服用し続けなければならないのか?

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

脳梗塞は非常に再発率が高い疾患です。

このため、回復後も、薬物療法や生活習慣の改善を継続することで再発を抑える努力を続けていただくことが必要になります。
http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/brain/pamph88.html
↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑

相談者様は現在、シロスタゾールとアムロビジンの両方を止められてしまっているのでしょうか?
血圧は、服薬以前の、高かった頃はどれくらいの値が、どれくらいの期間続いていたのでしょうか?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

3年前の症状発生前の健診時は120位で維持してました、

発生時以降は薬用して120~140位での推移でした

二種類共に止めていますが、朝計測時に150位の時はたまに服用しています。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

医師法第20条(無診察診療の禁止)が定めるところによって、この場で私がお薬を再開して下さいとか、中止したまま様子を見た方がいいですよ、とは申し上げられません。
従って以下の記載は以下の記載は一般論としてお受け取り下さい。
その上で、服薬継続の必要性についてお考えいただき、副作用と思しき「筋肉痛の感」についても、主治医と相談なさっていただけますと望外の幸せです。

脳梗塞は、脳の血管が血栓などによって詰まることで生じる疾患です。
原因は、血管の側にも、血液の側にもあります。

まず、脳梗塞を起こされる方の血管は動脈硬化をきたし、狭くなり、詰まりやすくなっています。これは高血圧や高血糖、高脂血症などの様々な要因によるものですから、全身の血管の1箇所だけが狭くなるわけではありません。脳全体、ひいては体全体の血管が動脈硬化を起こしています。
相談者様の前回の脳梗塞は、たまたま何かの偶然でそこが詰まっただけで、他のどこが詰まっても不思議ではありませんでしたり、現在もその「どこが詰まっても不思議では」ない状態は続いているのです。
これを元に戻す方法はありません。取り入る手段はできるだけその進行を抑制することです。

一方で、高血圧や高血糖、高脂血症といった動脈硬化の原因疾患は、血液をどろどろにして固まりやすくする要因でもあります。
血管が細く・詰まりやすくなっている上に、その中を流れる血液もどろどろなのですから、梗塞を起こすリスクは高くなっても当然でしょう。
この血液の状態も、治療をしなければ、脳梗塞発症以前から何も変わりません。

脳梗塞の再発率が高いのは、以上の原因によります。
何の対処もとらなければ、動脈硬化は進行し(加齢だけでも、動脈硬化は進みます)、血液はどろどろのままなわけですから、何かのきっかけで容易にまた梗塞が起こるわけです。

抗血小板薬であるシロスタゾールは血液の粘度(どろどろ)を下げて血を固まりにくくし、降圧薬であるアムロビジンは動脈硬化の進行を遅れさせる効果が期待できます。

一般的には、服用継続が推奨されると思います。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
マイナス評価を賜りまして意外かつ残念です。

ご質問に対しては、インターネット相談で可能な範囲で過不足なく回答したつもりでいたのですが。

どうぞお大事になさって下さい。

※今後の参考のためにお訊きしたいのですが、「もうお薬を服用する必要はありまんよ」という回答を期待されていたのでしょうか?
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問