JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4036
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

粘膜の機能について医学的な知見をお聞きしたいのですが、 吸収機能を限定として、 膣内粘膜と直腸粘膜の機能的な違い

解決済みの質問:

粘膜の機能について医学的な知見をお聞きしたいのですが、
吸収機能を限定として、
膣内粘膜と直腸粘膜の機能的な違いはあるのですか?
直腸には吸収機能があり、反して膣内の粘膜はどうなんでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
直腸の上部から吸収された薬は肝臓で代謝されますが下部から吸収された薬は肝臓で代謝されません。膣内の粘膜も吸収作用があります。膣から吸収された薬は肝臓ですぐに代謝されます。しかし、ホルモンの影響でその吸収の効率は性周期によって異なります。さらに、膣から入れた薬は漏れやすいです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答ありがとうございます。

膣内粘膜の吸収機能の作用の度合いは

性周期で変化するとは言え、薬剤等は肝臓を経由し血中での薬剤の

濃度は上がるのですね。

ということは投与方法として経口投与と同じように肝臓での代謝過程を

得るんですね、、。知りませんでした。

その意味を解釈すると錠剤等の薬品を膣内に投与するのと

経口経由の投与とでは同じ体内への吸収過程と言えそうですね、、。

加えて錠剤などでんぷん等で製剤化されたものだと膣内には

胃液など製剤成分を分解する溶液もないので余計に吸収されにくい

ということでしょうか?

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
エンドペプチダーゼおよびアミノペプチダーゼというタンパクを分解する酵素の活性が高いですがでんぷんは分解されないと思います。でんぷんが粘液で溶けるまで時間がかかると思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

すいませんいろいろとご回答頂きまして。

今回の質問の回答は要約すると以下という理解で良いでしょうか?


①膣内粘膜で薬剤を吸収すると肝臓で代謝される。

②でんぷん等で製剤された錠剤等を膣投与した場合、

  膣内粘液で溶解されるのには時間がかかる。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
そのとうりです。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問