JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14144
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私の姉67歳のことです。6年ほど前乳がんゼロステージ、片方の乳房全摘後ホルモン療法、うつ病に移行、そして頭痛だから、

解決済みの質問:

私の姉67歳のことです。6年ほど前乳がんゼロステージ、片方の乳房全摘後ホルモン療法、うつ病に移行、そして頭痛だから、関節が痛いから、などといってあちこちで薬をもらってどっさり飲むようになりまる一年経過した頃、発作で苦しみ自ら救急車を呼んだのがおととしのお正月。行っていた病院とは違う病院に運ばれそれまで飲んでいた薬の多さに驚かれ、その医者の言葉は”私の手には負えません”だったそうです。姉は薬の副作用でそれまでに何度かおかしな行動をしたので夫がその旨話したのだと思います。その後、家族はてんかんの申請をしたのですが薬は無料なんですね、怖い薬が。義兄と二人の娘たちは姉を気違い扱いです。私葉副作用体と思うのです。入院できる病院も探しています。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
回答を試みてみます。
身長と体重を教えてください。体重に変化がありますか。
精神科での診断名を教えてください。
他の人が見えないこと、聞こえないことが見えたり聞こえたりすると言っていますか。
現在飲んでいる薬の名前を教えてください。
現在通っている病院の名前を教えてください。
他に病気がありますか。
他に手術をしたことがありますか。
家系に病気の方がいますか。
質問者: 返答済み 1 年 前.

おはようございます。返信をありがとうございます。

分かるところだけですがよろしくお願いします。今、確認しています。

①身長156cmか157cmくらいで体重は痩せたといういので55kg(確認中)

①てんかん、だとおもいます。①体の中にほかの自分が2、3人いる、助けて!と言ってきます。手が震えてる、よだれが出る、気持ち悪いと言われるなど、なんだか急に裸になって外に飛び出したくなる、どうしよう等と言ってきます。①サイバリタカプセル・コンスタンレンドルミンカロナール(←ひとつの名前まのか二つなのかつながってメールしてくるのでわかりません)以上を1日3回・りフレックスは2錠・デパス・まだほかの種類をいろいろ飲んできたようですがこれ以上わかっていません。今は、睡眠薬も飲んでいますがないとダメなんだと悲しく話します。最近は、デパスは飲まなかった、という日もあります。①厚生病院だと思いますが藤田病院に行ったとも話していました①病気はあちこち悪い、ようです①胆石の手術あり①現在はいません

専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
体の中にほかの自分が2、3人いる、助けて!と言ってくることから総合失調症の可能性があります。列記した薬には総合失調症の薬がありません。他の薬の名前を教えてください。
質問者: 返答済み 1 年 前.

いろいろ間違っていました。。うつ病と診断されているそうです。(身長159cm・体重59㌔)愛知県刈谷病院でした。薬・ラミクターラ錠25mg・ロヒプノール錠1・デプロメール錠50・ち”パス(?)錠0.5mgほかの病気は白内障かかつ膀胱帝王切開手根かん症候群。ほかの人が頭の中にいっぱい、命令されコントロールできないが、見えたりはしないようです。市役所は精神障害者医療費受給書の発行申請をして病名は見せてもらえないと言っています。医者を変わっていますが、紹介状も夫からですが見せてもらえず。総合失調症というのは今まで姉からは聞いていません。薬の飲みすぎでおかしくなったと思います。それが精神病にされてしまったという思いです。姉はメールしてきますが、句読点はなく誤字もあります、でもはっきりとして障害者とは思えません。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
それらの薬の副作用ではほかの人が頭の中にいっぱい、命令されコントロールできないというような妄想は起こしません。総合失調症の可能性が高いと思います。総合失調症の薬は含まれていません。乳がんの脳転移という可能性もあります。乳がんの手術を受けた病院でMRIを撮ってもらってください。刈谷病院のサイトを見ましたが医師の情報が全く認められません。公立病院の精神科を受診させた方がいいと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.

乳がんが脳に転移?それはいつごろ、と考えるのでしょうか?全く理解できずに困惑しています。精神障害云々についてはどのように理解したら良いのでしょうか?薬の副作用はなかったのでしょうか?どうして薬が切れると発作が起き、また薬に手が出てしまうのでしょうか?ガンの脳転移、すごく怖い気がしますが、ずっと私にメールできているのこと不思議な気がします。180度変えなくてはいけないのか、、回答いただきましたが、理解できません。申し訳ありません。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんにちは。猫山と申します。精神科医です(ちなみに前回答者のDr. GATOは婦人科医です)。
Dr. GATOがオプトアウト(回答辞退)されたようなので交代いたします。

病状について、また、とりうる方策について、インターネット相談で可能な範囲でのご説明は可能です。

お姉様の診断は恐らくは統合失調症ではないでしょうし、相談者様が危惧されているお薬の副作用が現在の状況に関与している可能性は高いと考えます。

「入院できる病院も探しています」という部分についてはお役に立てません。それはご家族に探していただくほか無いと思います。

それでもよろしければ追加サービスにて対応いたしますのでご一考下さい。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14144
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

回答ありがとうございます。DR,GATOに対しての報酬は回答になっていない、に該当していますのでよろしくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。

恐らくは非常に錯綜した問題ですが、解決の方法は無いことはないでしょう。

実際にお姉様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、恐らく、当初は発症したのはうつ病であった可能性は高いと思います。

乳がんの手術後のホルモン療法ということですと、女性ホルモンを抑制する治療ということになります。ご年齢的には恐らく閉経されていたのではないかと思いますが、それでも、残った女性ホルモン(エストロゲン)を急激に遮断されたことで更年期障害のような状態となり、精神的にはうつ状態を呈したのではないでしょうか。

乳がん術後のうつ状態はしばしば認められ、精神科へのコンサルトも多い病態です。
また、比較的ご高齢のうつ病患者様では身体的不調の訴えが多いことも典型的な経過と言えます。
http://www.kujira-hp.jp/illness/type_senior.html
http://www.msd.co.jp/healthcare/depression/depression/kizuki/Pages/home_3.aspx
↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑

<つづく>
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
問題は、そのうつ状態⇒うつ病の治療の内容です。

ご記載を拝読する限り、用いられたお薬は、精神科関連のお薬だけでも、サイバリタ、コンスタン、レンドルミン、ラミクタール、ロヒプノール、デプロメール、デパスと多岐に渡ります(全てのお薬が同時に用いられたわけではないのでしょうが)。

これに加えて、身体的な訴えに応じて都度お薬が処方されたいたとすれば、膨大な種類のお薬が処方されていたことが予想されます。
よその医師が診れば「私の手には負えません」と言うほどの。

前述したように、高齢者の場合、うつ病を発症すると精神症状、身体症状ともに訴えが多く、またそれに強く固執する傾向があります。
例えば、「睡眠薬も飲んでいますがないとダメなんだと悲しく話します」。

それに引きずられて、1つの訴えに対して1つのお薬を処方していると、結果として膨大な数のお薬が処方箋に並ぶことになります。

そうでなくとも、日本における向精神薬の多剤併用は問題視されています。

うつ病に関して申し上げれば、日本うつ病学会が調査した結果、日本のうつ病患者様のうち、適切な治療を受けているのは25%に過ぎないことが判明しました。
これは10年前の調査ですが、現在も状況は改善していないと思います。

【うつ病:適切な治療を受けているのは1/4(2006年 日本うつ病学会調べ)】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

<つづく>
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
身体症状に対して用いられているお薬の内容がわかりませんのでここでは向精神薬に絞って話を進めますが、お姉様の処方において諸悪の根源と想定されるのは、精神安定剤であるコンスタンとデパス、睡眠薬であるレンドルミンとロヒプノールです。

これらのお薬は化学的にはすべて「ベンゾジアゼピン化合物」に属します。

ベンゾジアゼピンは、耐性と依存性、長期的(8週間以上)服用時の副作用のために、国際的には処方が厳しく制限されているお薬です。
ベンゾジアゼピンをこのように無原則に使用できる国は先進国では日本だけです。このベンゾジアゼピン依存の問題は昨今では一般マスコミにも取り上げられ、社会問題化しつつあります。

【抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-43.html

【向精神薬依存 8割、投薬治療中に発症 「医師の処方、不適切」】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

<つづく>
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

お姉様は、このベンゾジアゼピンを複数剤、年余に渡って服用していますから、まず間違いなく、依存性と耐性が生じてしまっています。

そして、お姉様が呈されている幻覚・妄想は、このベンゾジアゼピンによる「薬剤性せん妄」によるものである可能性が高いのではないかと推察いたします。
http://www.fukusayou-kusuri.info/delirium.html

http://apital.asahi.com/article/kasama/2014110600022.html

せん妄の本態は意識水準の低下です。わかりやすく言えば、寝ぼけたようなぼーっとした状態のことです。
メールは打てるものの「句読点はなく誤字も」多いのはそのせいではないかと思います。

幻覚・妄想=統合失調症ではありません。
統合失調症は通常、10~20代に発症する疾患で、お姉様のご年齢になってからの発症は、少なくとも典型的ではありません。

<つづく>

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
また、高齢者に対するベンゾジアゼピンの使用は、認知症発症のリスクを高めることも知られています。
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-84.html

また、せん妄状態が続くことも、認知症発症の危険因子です。

ここまでをまとめますと、お姉様は、乳がん治療の副作用でうつ病を発症⇒うつ病の治療が不適切だったためにせん妄状態を呈している⇒最悪の場合は認知症に移行してしまっている、ことが想定されます。

適切な治療的介入が必要ですし、相談者様のご記載越しにではありますが、現在の主治医にはそれをする知識も技量もない印象を受けます。

<つづく>
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
治療としては、まず何を置いてもベンゾジアゼピンを中止しなければなりません。
しかし前出のリンク先にもあったように、依存状態になってしまってからのベンゾジアゼピンの急な中止は様々な離脱症状を引き起こし、時には生命にも危険が及びます。

ベンゾジアゼピンを、漸減し、置換し、時間をかけて元の状態に「軟着陸」させる必要があるでしょう。
そのためにはたしかに入院治療は必要であろうと思われます。

また、入院しさえすれば問題が解決するというわけでもありません。
薄々気づかれているかと思いますが、日本の精神科医の大多数はヤ○です。
下手な病院に入院してしまっては、拘束⇒薬漬け⇒認知症で寝たきり、といった経過を辿る可能性が大です。

老年期の精神疾患(うつ病、せん妄、認知症、その他)は、「老化」を抜きに考えることはできません。
第一に、脳の器質的な変化による心身の機能低下は、ストレスに対する耐性の低下につながり、小さな変化や刺激でバランスを崩しやすくなります。
第二に、社会生活の面では「喪失」を余儀なくされる年代にあたり、退職、重要なポスト(役職)からの引退、収入減少、病気、配偶者や友人の死など、失うものの多さ、大きさに愕然となることが多くなります。
一方、治療する側からみれば、老化の程度は人によってさまざまだということが診断や治療を難しくしています。
こうした患者様では、症状の現れ方も多様なものとなり、薬物療法、精神療法も個々のケースごとに異なる対応が求められます。
身体機能の低下に伴う副作用の現れやすさも、高齢者の治療を難しくする要素の一つです。

こうした側面があるために、一般の精神科・心療内科では、一定以上の年齢の患者様には十分な対処ができない場合が少なくありません。

お姉様には、老年精神医学の専門医療機関を受診していただくことをお勧めいたします。

下記のサイトから、日本老年精神医学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本老年精神医学会認定 こころと認知症を診断できる病院&施設】
http://184.73.219.23/rounen/H_sisetsu/r-H.htm

以上、ご参考になれば幸いです。

<了>
質問者: 返答済み 1 年 前.

猫山 司先生、昨夜はどうもありがとうございました。とても参考になりました。妹として出来ることは限られているので姉にはとりあえず、たくさんのFAXを送りました。これからがスタート、大変な気もしますが少し元気が出ました。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.

猫山先生、問題は先生のおかげで解決いたしました。私は会員登録はしていませんがそう言った文言がジャストアンサーさんから届きました。解約の手続きを改めてしたいと思いますがそれに関しての入口が見つかりません。どうなっていますか、教えてください。よろしくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ユーザーサポートデスク(*****@******.***)に直接お問い合わせいただけますようお願い申し上げます。

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問